クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

30系のプリウスの2回目の車検代。ディーラーとその他の料金の違いは?

      2016/08/16

IMG_3817
「プリウスの車検代をできれば安く済ませたい」

プリウスを購入して2回目、つまり5年目の車検の時期になりましたが、
※乗用車は新車から3年目で初回車検、5年目で2回目の車検。
車検と言えば「高い」「高い」そして「高い」の三拍子が揃っています笑。

もちろん予算も湯水のごとくあるわけではないので、なるべく安く済ませたい。
だけど、適当にはやって欲しくはない。
そんなわがままな方のために今回、ディーラーとネットサービスである、
楽天車検の両方で見積りをとってみました。

車検はディーラーでやるわけではありません。
できれば、「安く」それでいて「安心」できる
民間の優良な車検センターがあるならそれに越したことはありません。

新車から、5年が経過した約50,000㎞走行した旧型30系のプリウス。

実際にどのぐらい価格差が生まれたのでしょうか。
両社の車検見積もりを比較して検討してみましょうね。

►►楽天車検でプリウスの車検をとる場所を探してみる。

30系プリウスの車検費用「ディーラー」ち「楽天車検」の比較

ディーラーで見積もりをとった場合

まずは、知り合いのトヨタディーラーで分解見積もりをしてもらいました。
その前に、車検料金を節約する秘訣は「事前見積り」と考えています。
参考:車検費用を少しでも安くするなら、事前見積もりは絶対に必要。
なぜなら、先に見積りをとっておかなければ、
いざ車検の当日になって、予想以上に交換部品が増えてしまう可能性があるからです。

基本的には、トヨタ、日産、ホンダなど、
国内の主要ディーラー各社では、こちらが申告しない限り
車検の事前見積もりは実施してくれません。

車検本番まで、時間に余裕のある方、車検費用に心配がある方は、
事前見積りをしておきましょう。

話は逸れてしまいましたが、実際に見積りをとってみました。

結論から言うと、エンジン始動で使う「補機バッテリーの消耗」ぐらいで、
その他に、今すぐ交換が必要な部品はありませんでした。

例えば、50,000㎞も走行しているなら
「ブレーキパッドも交換かもしれないなぁ」と思っていたので、
ブレーキ周りを重点的にチェックしてもらいましたが、
実際には、全く減っていませんでした。

IMG_4261

実際に分解したブレーキパッドの画像です。
残量が全く減っていないことにびっくりしました。

IMG_4262

ただよくよく考えてみると、プリウスはハイブリッドカーですので、
電気を充電するために回生ブレーキシステム採用しています。

なので、通常のフットブレーキよりも弱めのブレーキ操作で済んでしまうため、
ブレーキパッドが普通車よりも減りづらいとも言えます。

実際50,000km走行していても半分以上7割近く残っていました。
パッドを交換すると、工賃を合わせて15,000円ぐらいにはなるので助かります。

続いてエンジンルームも点検してもらいました。
プリウスは、ハイブリッドなのでファンベルトも装着されていません。
ですから、もちろん交換する必要もありません。

ブレーキも減らない、ファンベルトも装着されていない。
そうなると、消耗品なんて大したありません。
あとは、エアクリーナーエレメントとエアコンのフィルターぐらいですが、
わざわざ交換することもないと思ったので、清掃で処置をしてもらいました。
IMG_4263
最終的にはバッテリー交換だけで、その他の不具合部位はありません。

悪い箇所が全部明らかになったところで、
バッテリー交換を含めて見積もりをディーラーに作成してもらいました。

その結果、合計132,000円でした。

それでは内訳を見ていきましょう。

  • 車検代:約54,000円
  • バッテリー代金:約28,000円
  • エンジンオイル交換費用:約7000円
  • 法定費用:43,940円
  • 合計:約132,000円

これで大体132,000円です。まあ、わかってはいましたが、
バッテリーが高額だなぁという印象です。

でも、プリウスやアクアなどハイブリットの始動用バッテリーの価格は、
ディーラーでも民間工場でもこのぐらいの値段はすると思います。
つまりディーラーでは、バッテリーやオイル交換を除けば、97,000円ぐらい車検が受けられるわけなんですね。

ただ、それよりもびっくりしたのが、
5年50,000kmしか走行していないとは言え、全くダメージがなかったことでした。
ここは、やっぱり天下のトヨタ自動車といったところでしょう。

楽天車検を利用した場合

では、次に楽天車検の見積もりをサイトから確認してみました。
分解は二度手間になるので、わざわざお願いしていません。

ただ楽天車検のページを調べてみると、簡易的な見積りは掲載されています。

例えば、プリウスのページを見てみると、概算の見積金額が掲載されています。

ただ、全国平均の車検費用の総額は74,360円と計算されているのですが、
こちらは、誤りで実際には64,760円になります。

スクリーンショット_2016-06-17_6_51_10 参考:プリウスの車検参考費用

なぜなら、楽天車検でも※2のページに但し書きがありますが、
ハイブリットカーによるエコカー減税が考慮されていないからです。

30系プリウスはすべての全てのグレードの重量税が
本則税率の15,000円と非エコカーと比べて約10,000円安くなっています。
もし疑問があるなら、重量税を調べるツールがあるので調べてみてください。

LINK:重量税計算ツール

ディーラーと楽天車検で、衝撃的な車検費用の差。

それでは、バッテリーとオイル交換を抜かした金額で
ディーラーと楽天車検の車検価格を比較してみましょう。

プリウスの車検見積もり
ディーラー
楽天車検
整備代金 39,827円 20,280円
検査代行手数料 13,932円 0円
法定費用 43,940円 43,940円
合計費用 97,699円 64,760円

その差はなんと33,000円!思った以上、衝撃的な価格差です。

確かにディーラーの車検費用は高いと言われていますが、
ここまで違うとは予想外です。
法定費用はどこで車検を受けても変わらないので
違いは「整備代金」を含むその他の費用しかありません。

つまり、ディーラーとその他車検整備工場の車検代の違いとは、
法定費用を抜いた、その他の費用の差が
そのままダイレクトに反映されているだけなんです。

改めてディーラーと楽天車検の特徴を比較してみました。
両社の違いを天秤に掲げてみると、私は以下のように分類します。

ディーラー 楽天車検
整備品質
価格
支払い方法(カード払い)
特典

整備品質はメーカー系ということで、ディーラーに軍配は上がるでしょう。
いや、むしろディーラーにおけるアドバンテージはそこしかないのかもしれません。

ですが、楽天車検と提携している車検整備工場一覧を見ても、
特別聞いたことがないような、怪しい工場があるわけじゃありません。

  • オートバックス
  • ENEOS(エネオス)Dr.Drive
  • 車検のコバック
  • アップル車検
  • ハートフル車検

など、提携先に関しても、ある程度有名な大手と提携しているので、
整備品質で、ディーラーと比べても大きく見劣りするわけじゃありません。

しかも支払い方法もディーラーと同様に、90%以上のお店が対応しているので、
現金で支払いたくない方や、分割払いにしたい方にとっても
クレジットカードの支払いは有効なんです。

特に、楽天という名の通り、ポイントサービスが充実しています。
車検を実施したユーザーに対して、
楽天ポイントが2倍や、ショップごとで独自のポイントサービスもプレゼント。
その都度、キャンペーンを実施しています。

このように楽天という、ひとつの大きなサービスを使い、
様々な特典を受けることができるので、
ディーラーで車検を実施するよりも、最終的には多くのメリットがあります。

もちろんカードがない方は、車検を実施するこの機会に、新規で「楽天カード」を同時に入会していただくと、5000円相当のポイントも手に入るのです。

まとめ

スクリーンショット 2016-06-13 7.22.44

最終的に車検を受ける場所を決めるのは「あなた」であって、
私ではありません。
もちろん価格に難はありますが、
安心という名の保険は、ディーラーがやはり1番ですから。

でも、何度も言いますが楽天車検の提携している、
ENEOSやオートバックスなども整備品質のクォリティーが
悪いという結果にはつながりません。

大きく整備品質の違いがないなら、あとはもう価格で判断するしかありません。

  • 車検代の高さに疑問を感じている。
  • できるだけ車検費用を抑えたい。
  • ディーラーと同等の整備をしてもらいたい。
  • 楽天ポイントなど、できれば特典も欲しい。

など、これから車検を控えているプリウスユーザーなら、
まず、事前見積りを申し込みましょう。
そして見積り費用に納得ができたのなら、

►►「楽天車検」を利用してプリウスの車検を取りましょう。

車一括査定がおすすめ

車検受けるタイミングは新車の入れ替え時期でもありますよね。
30系のプリウスを査定して、新型プリウスの頭金の費用として、
備えるのもいいかもしれませんよね。

私は以前、新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
インターネットの車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、
ディーラーの下取りよりも、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車検を受ける