初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

ハイエース

200系ハイエース50周年限定モデルの新車が納車されるのでレビューしてみる。

投稿日:

私の友人が、200系ハイエースの50周年限定モデルを新車で購入しました(羨ましい!)

現在は、納車前整備をしている段階で、納車まで首を長くして待っている状態ですw。

私も以前、この限定モデルについては記事にしていました。

関連記事
ハイエースに50周年特別仕様車が発売!ベース車スーパーGLとの価格と変更点を比較する。

2018年8月、新しくハイエース5型の特別仕様車に当たる50周年記念モデルが発売されました。 200系は過去にも、 リラクベース MRT ダークプライム など、沢山の個性的なモデルを輩出していますが、 ...

続きを見る

関連ハイエースに50周年特別仕様車が発売!ベース車スーパーGLとの価格と変更点を比較する。

しかし、実車をみたことがなかったので、友人に頼み一緒に見せてもらうようお願いしました。

そこでこの記事では、友人が購入した50周年限定モデルの200系ハイエース、スーパーGLのレビューをしていきたいと思います。

現在では生産も打ち切りになっている、非常に貴重なモデルとなっております!

200系ハイエース50周年限定モデルが納車されるのでレビューしてみる。

購入モデルは「ワイド・ロング・ミドルルーフの4WD」

今回知人が購入したモデルは、スーパーGLのTRH216K。

2.7リッターガソリンエンジンで「ワイドロング・ミドルルーフ4WD」になり、車両本体価格は税込379万5,120円。

もちろんラインナップには標準ボディ、標準ルーフもあります。

限定モデルじゃないベース車と比べてみると、約27万円ほど高くなっています。

ボディカラーはこのモデルだけに用意された限定色で、グラファイトメタリック(4X7)黒と茶色の中間のようなカラーリングになっています。

ハイエース50周年モデルの外観チェック

50周年記念モデルだからといっても、基本ベースはスーパーGLのまま。

 

しかし、このモデル最大のポイントは、ひときわ目立つバックドアに装着された「50TH ANNIVERSARY」のエンブレム。

さり気なくアピールですが、確実に目に入ります。ザ・優越感!

 

同じく、スマートキーにも50周年の記念ロゴ入り専用電子マークが!

鍵の部分もゴールド調になっており、所有感を満たしてくれます。

 

あと、並べて比べていないのでわかりにくいけど、50周年モデルはヘッドランプにLEDを採用されており、高輝度塗装ベゼルが施された専用のフォグランプカバーもこのモデルだけの装備になります。

 

その他、ハイエースの「型番」を語るうえで基準点となるラジエーターグリルには、専用加飾を採用。

下側が漆黒メッキになっており黒みかかっています※上部がノーマルメッキ。

もちろん、ベース車と同じく衝突回避支援のSafetySenseが装備されているのもエンブレム下のセンサーで確認できます。

 

タイヤに目を移すと、15インチ×6Jサイズのスチールホイール専用のホイールキャップもオリジナルデザインです。

さりげないオシャレ感が漂っていますよね。

ハイエース50周年モデルの内装チェック

インテリアについては、大きな違いはありませんが、その中でも目立つのが車名ロゴ入りスカッフプレートランプ。

夜間に「HIACE」の文字がイルミネーションとして光ります。

これならベース車にも取り付けできそうですよね。

 

あと地味ですが、セカンドシートに専用シート表皮が用意されています。

 

その他にも、ハンドルやインストルメントパネルに専用加飾の木目調パネルを採用。

 

シフトレバーやパワーウインドウマスタースイッチにも同色のパネルを採用し、統一感が出ています。

まとめ

まだ、納車前の段階なので、スポイラーが装着されていなかったり、ナビが装着されていない状態でしたがほぼ全貌は確認できました。

私が個人的に気になったポイントは、やはりバックドアにさり気なくアピールしている「50TH ANNIVERSARY」のエンブレムです。

また、特別仕様車である”ダークプライム”に色味が近いため、全体的に漆黒感が漂うあたりが好印象。

私自身200系ハイエースは、パール系よりもダーク系&ブラック系が好きなので、今回納車されるモデルについては正直「羨ましい」の一言!

もし予算に余裕があれば自分も欲しいと思わせる一台。

いずれにせよ、200系ハイエースはこれからもユーザーのニーズに沿って、いろいろなバリエーションが販売されていくことでしょう!


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-ハイエース

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.