初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.前期と後期の違いは?マイナーチェンジの30系アルファード変更点と新機能を解説!

予算50万円の格安中古車

予算50万円以下!アウトドアにも使えるおすすめSUV・クロカン5台

更新日:

スクリーンショット 2016-03-09 06.52.11

現在、外車も含めた自動車業界では「SUV」の売れ行きが好調です。

アウトドアなどの趣味や、家族や彼女と走るドライブ、また日常の通勤にも使えるオールマイティなジャンルです。

ここでは、予算50万円以内に絞って購入可能な「SUV・クロカン系」の中古車を紹介する。

「新車は高くて、とてもじゃないけど手が出ない」「新しい車に特別こだわらない」「安くてもしっかり整備して乗りたい」など考えている方にはおすすめ!

年数は確かに経過していますが、まだまだ現役モデルなので使い倒すつもりで購入してみましょう。

50万円以下で購入も可能!おすすめクロカン・SUV車

クロカン系最強の軽自動:ジムニー

クロカン系軽自動車の中で最強と言えばジムニーです。

現行型は20年続く超ロングセラーモデル。

アウトドアとして使用する「キャンプ」や「フィッシング」はもちろん、悪路や雪道など走破性も最強です。

もちろん、デフロック搭載でどんな砂浜でも飛び込んでいけます。

また、軽自動車ですのでセカンドカーとしても重宝されています。

普段はセダンで、休みの日はジムニーに乗って遊びにいくなんて方も多いのではないでしょうか。

現行型は息が長いモデルなので、古い年式なら、まだまだ十分に50万円以下で購入できますよ。

►►ジムニーの在庫・未公開車両を探してみる。

ジムニー最大のライバル:テリオスキッド

かつて、ジムニーとパジェロミニとクロカン系の軽自動4WDの覇権争いをしていましたダイハツのテリオスキッド。

まあ、ぶっちゃけ今ではジムニーの1強となってしまったが、駆動力の高さと車高の高さもあって、ファンも多く中古車として値下がりもしないのが特徴です。

車高が高く、天井も高いので身長のある方には快適かもしれません。

もちろんジムニーと同様に、税金が安いのもメリットとして大きいでしょう。

►►テリオスキッドの在庫・未公開車両を見てみる。

SUVルック個性的なモデル:初代シボレークルーズ

アメリカの自動車メーカーGMシボレーから発売された、当時にしては珍しいSUVテイストの小型車。

基本的な設計はスズキが担当しており、排気量も1.3Lと1.5L、本当に分ける必要があったのかと勘ぐってしまう2タイプ。

実際で市場の流通は、1.3Lエンジンがほとんどですが希少車に近い存在です。

あまり乗っているユーザーがいない=人気がない」ではなく、個性的なモデルなんだとプラス思考に考えてみると、狙ってみるのもアリですよね(笑)

►►シボレークルーズの在庫・未公開車両を探してみる。

コアなファンが今でも人気:ラシーン

未だにコアなファンが多い、元祖SUV日産のラシーン。コンパクトカーとワゴン車を融合したようなスタイリングです。

生産時期は、1994年〜2000年と6年間活躍しました。

駆動方式は全車4WDで、四角いクラシカルなフォルムがファンから人気がありました。

特に女性からの人気は絶大で、オシャレな車ってイメージでした。

►►ラシーンの在庫・未公開車両を探してみる。

ミドルサイズSUV定番の人気モデル 日産エクストレイル

スクリーンショット 2016-03-08 08.36.46

50万円以下で購入できる最強のSUV、それが日産のエクストレイル。

初代モデルのNT30系は、前輪駆動をベースとしたシティ派。

アウトドアの使用を想定しており、、シートや荷室は汚れを落としやすく「防水加工」されているので、使い倒せるSUVとして実用性を高めています。

例えば、夏のサーフィンや冬のスノーボードなどボードのような大きな荷物をガシガシ積んでも良し。

また、ルーフレールが標準装備されているので、ルーフキャリアの増設で使い方も無限大。

この2000CCクラスの絶対的存在になっているミドルサイズのSUVがエクストレイルで決まりでしょう。

►►エクストレイルの在庫・未公開車両を探してみる。

まとめ

安いSUV車でも、アウトドアに使えるSUV・クロカン系自動車は存在します。

確かに、新車が購入できれば問題ありませんが、予算にかける価値観などを考えると「中古買ってしっかり修理して乗る」という方法がベストではないでしょうか?

中古住宅を購入してリフォームして安く購入するのと同じで、無理なく購入できる中古車を購入して契約したあとの整備や、アフター保証のある業者を選びましょう。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33

例えば、中古車販売実績のあるガリバーは、条件次第で「最大10年間の長期保証」があり、他の中古車販売店よりも圧倒的にアフターサービスが充実しています。

しかも、中古車としては異例の「100日以内の返品制度」もあるので、不安のある中古車を、リスクなく安心して購入することができます。

毎日、全国550店舗に500台以上在庫が入荷しており未公開車両も充実。

これから長く乗られる愛車を探している方にも間違いなくおすすめできます。

►►ガリバーで在庫車両・未公開車両を探してみる。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-予算50万円の格安中古車

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.