クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

2WDじゃ無理!ハイエースで雪道を走行するなら4WDにする理由

      2016/09/21

名称未設定.001
新車をハイエースを検討しているのですが、
2WD(FR車)か4WDで迷っている。

なぜなら、雪道での走行も想定しているからです。

全く雪道や悪路で走行しないなら、
燃費のことも考慮して2WD一択なのですが、
年に数回、雪が降るときもある。

また、個人的な趣味でスノーボードをするために、
ゲレンデまで走行するときもある。
以上のような使用状況ですと、4WDが必要ではないのでしょうか。

2WDにするのか、4WDにするのかは誰もが一度は悩む問題でもあります。
また、一度選択してしまうと、取り返しもつかなくなってしまうので、
じっくりと検討したいですよね。

でも、私は一貫して主張します。
雪道でハイエースを使用するなら絶対に「4WD」を購入すべきなのです。

降雪地域で使用するなら絶対に4WDにするべき!

冬季に雪が降る降雪地域に住んでいるなら、
4WDを購入するのが常識です。
というか、それしか選択肢はないのでしょう。

なぜなら、ハイエースの2WDは雪道にめっぽう弱く、
実用性が一気に下がってしまうからです。

ハイエースは元々、運転席と助手席の下側にエンジンが搭載されているので、
フロント側に荷重がかかり、リヤ側に荷重がかからない設計になっています。

また2WDがFR車なので、リヤタイヤのみしか駆動しません。

なので、リヤに荷重がかかっていないのに、
FR車にて雪道を走行してしまうと、タイヤに全く力が伝わらず、
前進させようとする力が働きません。

仕事で使用している方で、荷室に仕事道具を満載に搭載していれば、
状況はまた少し変わってきますが、
それでも、ちょっとした雪道や悪路でも、
スタックしてしまい、タイヤが抜けられない状態になってきてしまうのです。

そんなときに毎度スコップで、
雪を掻く作業などしていれば仕事にもなりません。

また、場合によってはロードサービスなども
呼ばなければならない事態にもなることでしょう。

北海道や東北地域などは、
早い時には11月からさらに4月まで雪が降ります。
さらに峠などでは、5月まで雪が降る可能性だってあるんです。

元々雪が降りやすい地域に住んでいるなら、
4WDを選んでおいて間違いはないでしょう。

2WDは雪道での事故を起こすリスクが高い

IMG_3098

 

雪道でFR車を運転する場合、
4WD車に比べても、事故を起こす可能性が圧倒的に高くなります。

  1. FR車にて、雪道を走行する
  2. FR車は、リヤタイヤのみでしか駆動しないため滑りやすい路面で走行すると空転しやすい。
  3. タイヤが駆動しないためさらにアクセルを踏み込んでしまう
  4. 勢いがつき横滑り事故を起こしてしまう

雪道はアクセルもブレーキもステアリングも
「緩やかに」が基本です。
ただ、気をつけようにも車の性能がついてこなければ、
事故だって防ぎようがないことも事実なのですね。

また、その他の対策として、駆動力をしっかりと伝えるために
社外品の「LSD『ノンスリップディファレンシャル』」を装着するという
方法もあります。

LSDは、雪道や悪路など滑りやすい路面にて
タイヤの空転を抑えるためにリヤの車軸の構造を変えるパーツなのですが、
私はそこまでおすすめはしていません。

それなら純正の4WDを選んだほうがいいでしょう。

なぜなら、どんなに信頼性のあるメーカーでも
やはり社外品であることに変わりはありません。

また、LSDは非常に高額で、
15万円から20万円」ぐらい装着に費用はかかります。

それなら社外品LSDを装着せずに、
25万円から30万円」を足して4WDにしたほうが
いいでしょう。

結果的には、4WDにすることで無駄な自動車事故を防ぐことにも繋がるのです。

降雪地域で使用しないのなら2WDもあり

雪の降らない街に住んでいる方も、年に数回程度の雪道を走行するなら、
2WDでも、装備を整えることで走行は可能です。

  • スタッドレスタイヤ装着
  • ゴムチェーン装着
  • 荷室にブロックなど荷重のかかった物体を置く

などを利用して、雪道対策をしていれば問題はありません。

それでも、やっぱり不安はあります。

雪道でも、平坦な道をゆっくりと走行するなら
大きな問題にはならないでしょう。

ですが、場所によっては傾斜がキツくなる道路もあります。
ただでさえリヤ側の駆動力が弱く、
トラクションがかからないのに、
坂道で一旦止まってしまうと、再度発進は、ほぼ不可能に近いと思います。

まとめ

それでは、まとめます。

  • 降雪地域で使用するなら絶対に4WD
  • 2WDは4WDと比べて事故を起こすリスクが高い
  • 降雪地域で使用しないのなら2WDでもOK!

やはりスリップしやすい路面を少しでも走行するなら
4WDで決まりでしょう。

また、夏のキャンプなどにいったときにも、
悪路や山道を走行する機会があるので、
4WDの恩恵を受けるのは雪道だけではありません。

自分ひとりだけならまだしも、
家族が一緒に乗っている場合にはトラブルは避けたいですよね。

それなら、圧倒的なスタイルが魅力的なハイエースでは、
4WDの購入をおすすめします!

せっかくのハイエースが雪道や悪路で埋まっていたら
なんかかっこ悪いですもんね?

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33

ハイエース200系を購入するなら、もちろん新車を購入するのがベストです。ただ。。

  • 予算が足りないので、できるだけ安く購入したい。
  • Ⅳ型の現行モデルではなく、前のモデルを購入してよりカスタマイズしたい
  • 前のモデルのデザインのほうが気に入っている

なら、中古車のハイエースも選択肢に入りますよね。

中古車のガリバーにおける累計販売台数は40万台にも到達。
累計買取台数は400万台なので、
時間にすると4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。
しかも最大で10年の保証期間があるから安心です。

あなたにとって最高のハイエースを購入するなら►►中古車のガリバーで厳選されてた在庫車と未公開車両を見つけましょう。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - ハイエース