クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

冬道に滑って横転事故!車両保険に加入していない200系ハイエースの処分方法について。

      2016/06/18

IMG_3102

トヨタのハイエースに乗って北海道旅行をしていたのですが、
冬道に滑ってしまい事故。 しかもただの事故ではなく、
横倒しになってしまった横転事故をしてしまった。

24年式の3年落ちハイエースが、もはや修復不可能な状態まで損傷しました。

ボディはもちろん傷だらけ、さらに最悪なことが横転したことで、
エンジン自体も傾き、外気を取り込む吸気口であるエアクリーナー側にオイルが吸い込んで
しまって最悪な状態になっています。

それよりももっと衝撃的なことが「車両保険に加入していない」こと。
対人対物は無制限で加入していたのですが、一般車両に加入していないので、
車の修理代は全部自己負担になるのです。

このようなケースでは、
一体どうすれば、いいのでしょう。
元をとれないことは重々承知しているのですが、
よりよい方法を提案していきたいと思います。

ハイエース200系の横転事故、実際の状態

IMG_3098

これが実際の写真になります。
知り合いディーラーに運んでもらって写真を撮影しました。

T字路を右方向に右折しようとしたのですが、
そのまま滑ってしまいまい、曲がりきれず道路に転落。
横転しました。

写真からもわかるように、右クォーター窓ガラスやバックドアガラスも割れてしまい、
荷物が見えてしまっています(プライバシー保護の為、モザイクかけています)

まず、この車損害はどのぐらいなのでしょうか?

天井であるルーフパネルをそっくり交換する

IMG_3101
まずは天井「ルーフパネル」の交換になります。
ルーフパネルを交換するということは天井を「切る」ことになり、
凄まじく大掛かりな作業になります。
しかも、ルーフを交換するということは修復歴ありということになります。

高額査定に影響する「事故歴」と「修復歴」の違いを話そう。
中古車を購入するときに絶対避けたいことは 「事故歴あり・修復歴あり」の車ではないでしょうか。 外観からではなにも問題はないようにみえても、 車の中身は病に侵されて

参考:高額査定に影響する「事故歴」と「修復歴」の違いを話そう。

ハイエースの場合にはルーフ交換だけで工賃や塗装代金も含むと、
約30万円程度かかってしまいます。

天井の内張りを剥がし交換するのですが、
普通の乗用車と違い交換も難易度が高めです。

さらにはガラスを脱着して交換も必要になりますよね。
IMG_3106

エンジンの交換、トランスミッション系が不安

先程も言ったとおり、このハイエース横転しているので、
エンジンオイルが空っぽになっています。

本来自動車のエンジンオイルは「上から下」に落ちていくのですが、
横転事故の場合は、その動きを無視して、吸気口からオイルが逆流します。

その抜けたオイルがどこに行っているのかというと、
もちろんそのまま外に漏れてしまう場合もありますが、
「エンジン内の入ってはいけないような場所に混入してしまう」ケースがあるのです。

エンジンの動力を伝えるクランクシャフトも
自力で回すことができなくなってしまいます。
そうなると、余程のことがない限り、もう手遅れ。
エンジンの交換も必要になってくるのです。

ちなみに、以前アルファードでも同様の修理方法を掲載しています。

10系アルファードのエンジンが焼き付いたので交換!修理費用は?
知人の10系アルファード2400CCのエンジンが焼き付いた! つまり「 エンジンが死んでしまった 」のです。 焼き付きとはなにかっていうと、エンジン自体はエンジンオ

参考:10系アルファードのエンジンが焼き付いたので交換!修理費用は?

アルファードですら50万円近くかかってしまっているので、
ハイエースならどのぐらいかかるのか?と見積もりしたところ、
ざっと計算しただけでも「100万円」ぐらいはかかるという見積もりになりました。
しかもこのハイエースのエンジン。ガソリン車ではなく、ディーゼルエンジンです。

ディーゼルのハイエースは新車でも50万円近く違うので、
エンジン自体の相場も高く迂闊に購入することができません。

また、エンジンだけではなく、オートマチックトランスミッションの
不具合の可能性があることから今回のケースでは、
全て修理したらざっと計算したところ、
200万円ぐらいは間違いなくかかるのではないか。
という結論になりました。

  • ルーフパネルの交換が必要になる
  • エンジン本体が損傷してしまったので交換が必要
  • ATミッションの故障の可能性がある
  • ルーフ以外の外装修理・塗装が必要になる
  • 一度、横転しているので、整備品質が保てなくなる

このような理由から「再起するのは難しい」という判断をされてしまったのですね。

車両保険に加入していていないとどうなってしまうのでしょうか

名称未設定.001

車両保険に加入していていないということは、
自損事故に関しては全て「自己負担」になります。
もし今回のような転覆事故ではなく、電柱に損害を与えてしまったりした場合には、
「対物保険」にて修理は可能になりますが、
自分の車に対しては一切の補償がありません。

また、相手でもいれば過失の割合で多少戻ってくることもあったでしょう。
ですが、今回のケースでは「自損事故」「過失は全て自分」だったのです。

だからこそ本来は、市場価値がある車には免責をつけてでもいいので、
車両保険に加入することが絶対条件なんですね。

今回の事故はもしなにかあったときの「もし」が起こった瞬間とも言えますよね。

事故車買い取り専門店に相談しよう

車両保険に加入していない以上、
手出しで修理するか処分するかしか方法はありません。

手出しをするにも「200万円」ぐらいかかる、
修理代を支払うことができませんでした。

そうなったらあとはどう処分するか。

廃車」にするのか、それとも別の方法を試すのか。
ディーラーでそのまま買い取りをしてもらうことは不可能ですので、
廃車するようにお願いするのが簡単でしょう。

でも、もうひとつの方法があります。
それは、「事故車買い取り専門店」依頼する方法です。

ハイエースは市場価値が高いので、元々買い取り価格は高く設定されています。
また、ディーゼル車になるのでさらに価値があることは間違いありません。

まとめ:後悔してもはじまらない

ff0082e92bb79d735732d50395c2b3bb_m
大切なことは、やってしまったことを後悔するより
やってしまった後にどうするか?

事故を起こしたあとの行動のほうが大切になるのです。

スクリーンショット 2016-06-18 3.42.22
事故車だけではなく、不動車、水没車などの故障した車でも買い取りが可能です。
また、廃車にすると、手数料がかかるので
車の処分にお金をかけたくないかたにオススメです。

もちろん手数料も完全無料にて申し込みが可能ですので、まずはご相談を。

►►カービュー事故車 一括査定を見てみる。

 - 事故車や不動車を廃車にする