クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

10年落ちである10系アルファードの中古車は買いなのか?

      2016/08/07

IMG_4161

「10年落ちのアルファードを購入しても、不安なく乗ることができるのだろうか」

確かに10年も経過した中古車を買うのは、
勇気がいることかもしれません。

でも「10年落ちだからダメ」というのは、
正解のようで、実は「不正確」なんです。
実は年式よりもある重要な条件がハマると、その中古車は一気に買いなるんです。

ではなぜ、
10年落ちのアルファードの中古車が買いなのかを説明していきます。

アルファードの10年落ちの中古車は買いなのか?

中古車選びで大切なポイントはなに?

中古車の価値において、
10年という年数は、節目にも思われるような数字なのですが、
実はそれほど大きな数字ではありません。

それよりも、もっと重要なのが「走行距離」です。

車の故障する確率は年数よりも距離数の要因が高く、
走行距離が増えれば増えるほど、故障のリスクも高くなります。

つまり、10年経過した車でも、
距離数さえ少ない車であれば、故障しにくい車とも言えるのです。

例えば、10年経過して30,000km走行したアルファードと、
3年経過して100,000km走行したアルファードどちらが故障のリスクが高いのかと
言われれば、圧倒的に後者です。

走行することで、
エンジンやブレーキ、足回りのブッシュやショックアブソーバーなど、
確実に劣化していくことは間違いありません。

ですが、年式が古くても距離数さえ少なければ、
実は消耗する部品は少ないのです。
まあ強いて言うなら「バッテリー」ぐらいではないでしょうか。

ですから、10年落ちだからと不安に思っている方も、
走行距離が少ない、例えば50,000km以下の中古車であれば、
故障のリスクが少ない中古車とも言えるのです。

後期モデルなので完成度が高い

10年と言えば、アルファードを例にすると、
初代10系の後期モデルに当たります。
※2005年4月〜2008年4月生産モデル

前期と後期ってなんなのかと説明しておくと、
車にはモデルチェンジとマイナーチェンジという2つの変更点があります。

例えば、アルファードの場合、
現行型がフルモデルチェンジをして30系になりました。

一方でマイナーチェンジというと、後期モデルに当たり、
モデルチェンジしたあとに出る、改良型モデルと言い換えることができるのです。
スクリーンショット 2016-08-03 4.03.49

ですから、同一モデルである場合に、
前期と後期と比べた場合には、
後期モデルのほうが車自体に質が高いということができます。

例えば10系のアルファードは電動スライドドアに故障が多い車です。
「初代アルファード スライドドア 故障」などで検索すると、
多分すべて読み切れないページが現れるはず。

それぐらい故障が多かったのですが、
それはあくまで前期モデルの話。
故障がないとは言いませんが、後期モデルになるにつれて、
部品も改良化されて、品質が高くなっています。

ですから、内装や外装も含めて、
後期モデルのほうが完成度が高いので10系のアルファードの
初代モデルを購入するよりも、間違いなく故障が少ないのです。

新型とベースは大きく変わらないので買い

もちろん、10年落ちアルファードといっても、
性能こそ違いはありますが、ベースとなる大きさなどは
大きな変更はありません。

アルファードのような大型ミニバンで重要なのは、
サイズ感であり、どれだけ余裕をもって乗ることができるのか。
荷物を積むことができるのかがとても重要なポイントです。

そうやって考えると、無理に新車に拘る必要はありません。

私も仕事柄アルファードに乗ることが多いのですが、
はじめてイプサムからアルファードに乗り換えして、
乗ったときの感動は忘れられません。

ですが、初代アルファードから20系のアルファード。
また30系現行型アルファードを乗っても大きな感動はありません。

つまり、アルファードを体感したければ、
初代モデルであろうが、一向に構わないのです。

細かいことを言い出せばキリがありません。
初代モデルよりも、現行型のほうが装備は充実してて当然です。

でもその代わり数百万円以上の高いお金を支払う必要があることを
忘れてはいけません。

「iPhone6じゃなければ嫌だ」という裏側で、
「iPhone4Sでも十分だよね」という方がいることも事実なのです。

予算が限られている方や、そもそも車には大きな予算はかけるつもりがない
という方にとっては、10年落ちでも距離数さえ少なければ、
初代10系のアルファードの後期モデルは十分に買いなんですね。

まとめ

いかがでしたか、10年落ちのアルファードでも、

  • 年式よりも距離数の少ないアルファードを選ぶ。
  • モデルチェンジ直後ではなく、改善モデルなので故障が少ないので安心。
  • 実は、新型30系とサイズは変わらない
  • 中古車の価格は初代モデルのほうが圧倒的に安い

このようなメリットがあります。

中古車選びで失敗する方は、以上のような情報を知らずに、
ただ闇雲に安い車を購入したりしている点です。

でも、「古くても距離の少ないのを選ぼう」
「初代モデルでも、後期モデルを選ぼう」などと、
しっかりと選択すれば、失敗することはあまりありません。

現行型もいいけれど、予算を考えて賢くアルファードを
購入するなら、初代アルファード後期モデル当たりがおすすめですからね。

また、お子さんがもしいるなら、
ミニバンはあったほうが絶対に良いと思います。

私も実際2人の子供がおりますが、

  • 妻の買い物のために荷物が積める
  • 子供が小さい方は、抱っこしながらでもリモコンキーで操作可能な電動スライドドア
  • 大型Lサイズミニバンなので、簡易キャンピングカーにもなる
  • 室内空間が広いので、習い事や部活動での着替えなども簡単

など、使い方は無限大。

その中でも、とにかく大切なことは、

とにかくドライブが楽しくなる!※これめっちゃ大事

アルファードを手に入れて、最高の休日を過ごしましょうね。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33

やはり中古車の在庫を確認するなら、大手の販売店が1番。

中古車販売台数NO.1である、ガリバーにおける累計販売台数は30万台で
累計買取台数は300万台になります。

時間にすると、4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。
だからこそ、未公開車両も含む在庫車が充実しています。

そして何より、あなたが不安に感じている年式についても、
ガリバーなら保証期間内なら走行距離が無制限で保証する「あんしん保証
さらに、オプションつけて保証を延長させることも可能な「プラス保証
しかも、それでも不満があるなら「100日間の返品期間」もあるのです。

これで安心して一歩前に進むことができますよね。

あなたにとって、最高のアルファードを購入するなら、►►中古車販売のガリバーで決まりです!

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - アルファード