クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

車を持たない生活は可能?ムダを省いて豊かな暮らしを手に入れよう!

      2016/02/15

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-GREEN_YA20140125-thumb-1000xauto-16640

車を持っていないと、なにかと不便」とはよく言ったもので、
この「なにかと」を上手に代弁できるかたは非常に少ないです。
車を所持することが昔からの常識であり、ある意味ルール化された世界でした。

でも下がってくる給料や大きくなってお金がかかってくる子供たち、
日々家計を圧迫する車の固定費、なんだかんだいってもやっぱりつらいですよね。

「エコな暮らしを目指しています」などと、言うかたはいますが、
本当にエコロジー&エコノミーな暮らしを実行している方は正直あまりいません。
本気で取り組みたいのであれば、エコカー選びをしている場合でもありません。

そんなかたは今すぐにでも、自家用車を売り払って
車を持たない生活に切り替えるべきなんです。

自動車の年間の固定費がすごい

車の年間の維持費に目をつぶるかたが多いと思いますが、
その現実から目を背けてはいけません。
しっかりと「自分の家計の中で、車の維持費や固定費はどれぐらいの割合を占めているのだろうか」
そのことについて知ることは「節約」への大きな一歩だと思います。

ただ、車の年間の維持費の相場ってだいたい決まっていて、
だいたいどの車も約30万円から50万円ぐらいの中で収まっています。

維持費というと以下のようなことを言います。

  • ガソリン代
  • 自動車保険料
  • 駐車場代
  • 車検代
  • その他メンテナンス費用

その他に自動車ローンもあれば、当然含まれます。

ちなみに軽自動車で約30万円前後
コンパクトカーで40万円前後、ミドル&ラージサイズで50万円前後の計算になっています。
(あくまでざっくりですよ!)

まだ迷っているの? 車を売るか所持するかを解決するためのシンプルな回答。
車を売るべきか、売らないべきかで迷うことってありますよね。 ですが、迷っている理由さえクリアしていけば、 そんな大きな問題ではないことに気がつくでしょう。 できる

参考:まだ迷っているの? 車を売るか所持するかを解決するためのシンプルな回答。

正確な金額を出すためにはご自身の車の使用状況で計算してもらうのが1番なのですが、
コンパクトカーで例えるとしたら、
年間の車の維持費が約40万円前後になっているので、
月間にすると3万3000円前後にもなっています。
この維持費なかなかの圧迫具合だと思いませんか?
ここからさらにローンなどが増えていくと、月額5万円を超えることもよくある話なんです。
しかも、車を2台持ちしていると単純計算で2倍に膨れ上がるのです。

こうやって考えると、エコな暮らしってなんなのでしょうかねぇ。

格安レンタカーが熱い!

もしあなたが大都市居住者で駅まで徒歩10分の場所に住んでいると仮定しよう。
また、実際には地方都市に住んでいながら車の使用回数は月にして約3回から4回ぐらいなら、
今の車を売り払って格安のレンタカーを借りたほうがよほどお得になります。

こちらのニコニコレンタカーなんてコンパクトカーを12時間使用して2525円と非常に格安です。
昔のようにレンタカー1日1万円以上することもないので、
単発で借りることができたのならば、コストパフォーマンスはとても高くなるのです。

家族とキャンプとかに使うんからできるだけ大きな車を所持していたい!
と考えているかたでもまったく問題はありません。
日産のセレナクラスを2日間借りても18800円なんです。
毎月キャンプにいくような方なら大きな車を1台持っていたほうがいいと思いますが、
一般人には実際には必要がないのです。

仮にコンパクトカーを1週間で1回、毎月4回借りたとしても10100円
それにガソリン代を合わせても最近車の燃費の良さは特筆されるものがあるので、
せいぜい月に5000円ぐらいが上限でしょう。
そうやって考えると年間にして約18万円ぐらいで済んでしまうのです。

またお金を払ってレンタカーを借りるぐらいならば、
「本当に必要な場面」でしか車を借りることがなくなりますので、
無駄が減り、出費が減り、その代わり収入が増えていくのです。

そのお金が増えていくサイクルに入ってしまうと、
月間の車の使用回数がもっともっと減っていくはずなので、
ますますトータルコストが下がっていく好循環に繋がっていくのです。

またこれを機に「歩いて買い物にいく」「せっかくなので自転車を購入する」などと
よりアクティブな活動が可能になるので、
健康面、心理面でもストレスがなくなっていくんですよね。

コンパクトカーのレンタカー使用回数を月に3回になっただけでも、
あなたが月々に払っている駐車場台とそんなに変わりません。
月に2回になれば、1回のガソリン代と同等にもなるでしょう。

1回で済むのであれば、
あなたにはもうマイカーは必要ありません

高価な最新のハイブリッド車を購入を考えていて、元が取れなければ「エコな暮らし」とは言えません。
そんな名ばかりの暮らしはとっととやめて、より実用的な方法をしっかりと考えていきしょう。

固定費を考える上で「車を所持する」かどうかは、大きな決断のひとつなんですよね。

車を持っていないと不安

確かに車を所持していないと、不安という気持ちもわかります。
車をもっていないと「何かあったときに」対処ができないってことも多いかもしれません。

けれど、本当になにかあったときには「タクシーでも呼べばいいんです」
そして自分の肌感覚では「今すぐにでも車が必要!」なんてことは
早々起こりません。

車をもっていないと不安というのは、
単純な話ですが単なる「慣れ」の問題ですし、
時間とともに解決していきます。

人間はその環境下に長くいると体が適応してくるのです。
もし不安に感じているのなら、1ヶ月ほど試してみてもいいかもしれませんね。

まとめ:車を持たないほうがエコな暮らしができる

18145b8249d4f4a63b895ba91122be24_m

今回は、無理にエコな暮らしにこじつけしましたが、
そんな難しい話ではありません。

月々の生活費に困っていなくても、
貯金ができないと困っているなら「固定費を見直す」ことが大切です。
収入より支出が増えていけません。

あなたが生活をするうえで「何を減らして、何を増やすのか」
じっくり考えてみるいい機会かもしれませんよ。

優れている人は「捨てる技術」を持っているっていいますからね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を売る基礎知識