初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.前期と後期の違いは?マイナーチェンジの30系アルファード変更点と新機能を解説!

プリウス

新型プリウスに装着される専用ナビは9インチと7インチ2つのパターン

更新日:

名称未設定.001

新型プリウスの発表されました。
その中でもやはり気になるのが、ナビゲーション(以下ナビ)ではないでしょうか。

最近ではアルパインのBIGXなどを筆頭に社外ナビも、
充実していますが、やはりここは純正品なんとか人気を挽回してほしいものですね。

本日は新型プリウスの9インチ専用ナビ、
また7インチナビの2パターンについてお話します。

新型プリウスの専用ナビ T-Connectナビについて

新型プリウスに取り付けできる純正のナビゲーションは以下のとおりになっています。
※大まかな機能だけ抜粋しています。

販売店装着オプションナビゲーション
T-Connect(9インチ)
※プリウス専用
T-Connect
(7インチ)
スタンダード
(7インチ)
エントリー
(7インチ)
241,380円
299,700円(DCMパッケージ)
176,580円
221,940円(DCMパッケージ)
152,280円 98,280円
NSZT-YC4T NSZN-W65T NSZT-W64 NSCP-W64
SD16GB 9型VGA SD16GB 7型VGA SD8GB 7型VGA SD8GB 7型VGA
DVD+CD DVD+CD DVD+CD CD
フルセグ+ワンセグ フルセグ+ワンセグ フルセグ+ワンセグ ワンセグ

プリウス専用の新型9インチモデルが発売になるようです。
もちろんT-Connectナビゲーションになりますね。

新型プリウス専用 T-Connectナビ9インチモデル

新型プリウス専用 T-Connectナビ9インチモデル
型番は(DSZT-YC4T)
そもそもT-Connectってなんだって方もいると思うので
一度動画を見てもらいましょう。

T-Connectとは簡単に言うと以下の3つのサービスで構成されています。

  1. 音声対話システムの「エージェント」
  2. ナビゲーションに追加することが可能な「Appsアップス」
  3. 専用オペレーターサービスの「オンラインケア」

新型プリウス専用 T-Connectナビのメリット&特徴

7インチよりも1.7倍大きい9インチディスプレイ

「大きいは正義!」
アルパインのビッグXを筆頭とする、
社外ナビに押され気味の純正ナビなのですが、
今回プリウス専用として、9インチモデルを用意しました。

T-Connectサービスを利用するための方法

スクリーンショット 2015-10-31 04.54.38
通常T-Connect サービスを利用するなら2種類があって、
ひとつはDCMパッケージ。

DCMパッケージとはDCM(専用通信機)をT-Connectナビにセット装着することで、マイカーSecurityといったセキュリティ
サービスなど、専用通信機ならではの機能が初年度無料(*1)(2年目以降12,960円/年〈税込〉)でご利用いただけるサービスです。

via - T-Connect

どちらかと言うと、スマホなどの端末を利用せずに使用できるため、
手間がかからないというメリットがあります。

そのかわり、2年目以降ですと年会費がかかってくので、
注意が必要です。

もうひとつはスマホアプリを使用する方法。
スマホやケータイを使用する方にはこちらを利用して方が多いようですね。
ただ以上の表のように、DCMパッケージを使用しないと、
セキュリティーサービスは利用できません。

手軽に始められるのが「スマホ」であまりネットに興味のない方が「DCM」という
選択だと思います。
どちらにせよ、DCMのマイカーセキュリティのオートアラーム通知を受けるには、
ケータイやスマホは必要なんですけどね。

スクリーンショット 2015-10-31 04.46.17

なぜ、メーカーオプション設定がなくなったのか?

今回の新型プリウスから「メーカーオプションナビ」の設定がなくなりました。

なぜなら最近は、メーカーオプションナビゲーションの
取付需要が下がってきているからだと思われます。

メーカー装着のナビゲーションは聞こえはいいが、
高額になりますし、正直、使い勝手がいいとは思えません。

時代の変化とともに、新しいオーディオの規格などができ、
ナビゲーションユニットを交換したくてもできなかったのが現状です。
今回のプリウスからは、販売店オプションという扱いなるので、
「ディーラーオプション」か「ラジオレスにして社外ナビゲーション」を
装着するパターンがほとんどですからね。

まとめ

単純にナビゲーションとして使用するのであれば「スマホ」でも十分だと思います。
マップオンデマンド地図更新無料サービスといっても、
Google Mapで十分代用は可能ですから。

でも。

それは良くわかっているんだけど、
新車に新型ナビが搭載した車を見てしまうと、
欲しくなってきますよね。

恐るべし「純正の力」。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-プリウス

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.