クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

トヨタのbBを事故により廃車にするための最適な処分方法

   

IMG_5083

私の知人がトヨタbBで、単独事故を起こした。

はじめは、しっかりと治すことも考えたが、
修理見積りがあまりにも高額だったことと、
車両保険に加入していないことにより断念しました。

ですが、修理しないということは、何らかの方法で車を処分しなければなりません。
なぜなら、処分をしないでいつまでも放置しておけば、
自動車税など、無駄な維持費がかかってくるからです。

でも、処分をディーラーや解体屋などに依頼すると、手数料が発生します。

できれば、無駄な手数料を払いたくない。
現時点で考え得る、最も便利な処分方法を紹介します。

廃車の方法は、事故だけではなく、
車検切れや故障により車が動かなくなっても基本的な考え方は一緒ですよ。

事故による修理見積もりは約50万円

見た目でもうわかると思いますが、
フロントパネルつまり前側に複数の大きな損傷があります。

IMG_5089

フロントバンパーは割れて、ボンネットを折れ、
フェンダーパネル凹みや損傷があります。
さらにエンジンを内部を冷却するクーラントが入っている、
ラジエータなどの主要部品も全滅です。

ラジエータのすぐ後ろには、
エアコンガスを圧縮するコンデンサーも破損しているようで、
エアコンも故障している状態です。

しかも、エンジンを支えているラジエータコアサポートも交換が必要とのこと。
その結果、すべて元通りの状態に復元すると約50万円かかるようなんですね。

車両保険に加入はしていなかった

b894c88bbd01d984bf0b6b72f4614ca0_s

事故による高額修理の負担を回避するために、
自動車保険」に加入していると思います。

特に、自分の車の損害を補償する「車両保険」に加入していると
修理代金も保険金でカバーすることができます。

ですが、事故を起こした方は車両保険に加入していませんでした。

なぜなら、車両保険の保険金額(実際にもらえる保険金)は、
保険契約時の車の価値、つまり時価額で決まるからです。

例えば、車両保険に加入していたとしても、
契約時の保険金の時価額が20万円だったとしましょう。
すると、どんなに修理費用がかかったとしても20万円しか保険金はおりないんです。

つまり、今回の事故のように20万円を超えた修理見積りが発生した時点で、
bBは全損という扱いになるんです。
したがって、「50万円ー20万円」の残りの30万円については、
自己負担をするしかないんです。

全損事故として認定された場合、原則として車両保険の保険価額(補償上限)がそのまま支払われます。

たとえ新しい車の購入費用や修理費用が200万円だったとしても、設定した保険価額が100万円であれば、保険金を100万円しか受け取ることはできません。失ってしまった車を補うためにかかった費用や、修理にかかった費用がすべて補償されるわけではないので注意しましょう。

では、年式の古いbBを、
30万円という大金を自己負担をしてまで、修理する必要はあるのでしょうか。

そこは、人それぞれに価値観にもよりますが、
一般的には10年落ちしたbBを修理するよりは、
廃車にして買い替えするほうが得策でしょう。

要するに、今回のユーザーが車両保険に加入していなかった、
1番の理由は、古い車に無理をして高い保険料を支払ってまで、
車両保険に加入する必要はないと考えたらからなんですよね。

相手の車や、道路にあるガードレールを損傷させてしまったら、
対物保険で修理することができるので車両保険に加入していなくても問題はありません。

車両保険に加入していないので、小さな事故なら自費で修理すればいいでしょう。
また、大きな事故でも中古パーツなどを利用して、安く修理することだって可能です。
もし中古パーツなどが揃わず、
修理代の予算がオーバーして、はじめて廃車にすれば良いだけの話なんですね。

廃車にする方法を考えよう。

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

  • 車両保険に加入していない
  • 修理見積りで全損になった
  • 修理代が予算オーバー

このように、修理するのに金銭的な問題や、
修理する意思がない場合には、残された方法は「廃車」にするしかありません。

でも廃車すると言っても様々な方法があります。
代表的な例を挙げると、ディーラーなどで委託することができますが、
廃車手数料がかかります、しかも店によっては5万円ぐらいかかってしまうこともあるんです。

できればなるべく手出しは避けたいので、無料で廃車を代行してくれる場所はないのか

この目的を果たしてくれる業者があるんです。
それが、廃車買取のカーネクストという買い取り業者なんです。

スクリーンショット 2016-07-26 11.45.37

カーネクストなら「0円買い取り保証」がついているので、
手数料がとられることがありません。
かかったとしても、印鑑証明書などのちょっとした書類代です。

しかも、廃車してあとの買い取りしたあとに、
需要があるので、もしかして多少のお金にもなるかもしれません。

カーネクストでは、実際の買取り事例もサイトを通して紹介されています。

スクリーンショット 2016-08-18 21.22.54

このように、事故を起こした車の買い取り事例もあります。

今回のbBもエンジンは無事なんで、買い取りしてもらえる可能性はあります。
やってみる価値、査定してもらう価値は十二分にあるでしょう。

ディーラーに無駄な手数料を支払って損をするか。
そうではなく、少しでも高く買い取りしてもらうのか。

私は、せっかく廃車にするなら、
できるだけお金になる方に依頼するべきだと思いますけどね。

まとめ

10年以上経過して市場としての価値が落ちている。
こんな状態で、事故を起こしてしまったら、
そろそろ、寿命と割り切って買い替えを検討しましょう。

まず、その前に事故車を処分するほうが先です。

もちろん、事故車だけではなく、不動車、水没車などの故障した車でも買い取りが可能。
また、廃車にすると、手数料がかかるので
車の処分にお金をかけたくないかたにオススメです。

廃車買取カーネクストを使って、まずは廃車することからがスタートですよ!

 - 事故車や不動車を廃車にする