クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

車の処分と不要になったタイヤやパーツを高く売る2つのコツ

   

名称未設定.001

車を処分するときに、いらなくなった不要品も、
お金変えることができるって知っていましたか?

例えば、「タイヤ」や「ヘッドライト」または「ルーフラック」など、
捨てる神あれば拾う神あり(違うか?)で、
実はまだ価値があるパーツが車庫に眠っているかもしれません。

ただ粗大ごみに捨てるのはもったいない。
しかも「大型ゴミは有料で!」という世知辛いこの時代。
試してみる価値は十分にありですよね。

今回は「車の処分」と「タイヤや不要なパーツ」を高く売るコツと、
売却する順番について説明していきます。

車を処分するとき、タイヤは積むべきなのか。

車を処分するにはいくつか方法があります。
例えば「売却する」ときもあれば「廃車にする」ことだってあるでしょう。

基本的に廃車にするなら、
スタッドレスタイヤや新車装着タイヤなど、
積んでも積まなくても、どちらでも変わりません。

では、車を査定して売却するときにはどうでしょうか?

車査定で使用するホワイトブックによると、
タイヤ・ホイールの積込は加点の対象となります。

IMG_4969

例えば「17インチの乗用車の冬タイヤの残量が7ミリ以上」のケースでは、
6点×タイヤの4本にて24点となり、24,000円加点されます。

ただし、ホイールについては6年以上経過してしまうと、
ほぼ価値がなくなってしまい、15インチ以下になってしまうと、加点の対象にすらなりません。

ですから、もし状態の良いタイヤを積み込みするのは、
査定額アップする可能性があるので、一概にタイヤを処分するのは大きな間違いです。

それなら、車を査定する前にタイヤの査定をしてみてはいかがでしょうか。

車とタイヤの査定は一旦分けて考えよう。

car-1458721_640

では、不要なタイヤがあった場合にはどうすれば良いのか?

車を売却したり、廃車にするときには、
まず、タイヤ買い取りサービスを先に利用して、不要品を査定してもらうことから始めましょう。

例えば、ネットで申し込みできる、
タイヤ買い取りサービスを利用して、
今装着している以外の、タイヤやホイールを査定してもらいましょう。

そして、査定価格に納得した場合には、
売却をして、不要なものを処分したうえで、
あとは車だけの処分を考えるのがベストなんです。

例えば、北海道や東北に住んでいる方は、
最大で3セットのタイヤ・ホイールを所持しているはずです。

査定するときに3セットを見せたうえで、
どのタイヤとホイールセットが、
もっとも買取価格が高いのかを査定してもらえばいいんです。

「純正タイヤ&ホイール」と「社外タイヤ&ホイール」が高価買取なら、
スタッドレスタイヤを装着して車の売却をしましょう。
※しかも「タイヤ買い取りナンバーワン」は1本単位で買取が可能です。

タイヤ買い取り.001

友人や知人に車を譲渡するなら、
スタッドレスタイヤは積んであげたほうが、
親切というか優しさですが、
買取業者にまで、わざわざ積み込みする必要はありません。

車を売却する業者と、
タイヤ・ホイールまたその他の不要品を売却する業者をわざわざ、統一する必要なんてないんです。

その他の処分するパーツ用意しておく

また、もしも不要になったヘッドライトやルーフラック、
もし余っていればナビゲーションやオーディオなどの電装品まで、
まずはすべて、査定をしてもらいましょう。

スクリーンショット 2016-08-10 3.42.45

ヘッドライトやルーフラック、
またサスやショックなどの足回り系のパーツなども、買取してくれるかもしれません。

はっきり言って、車庫の中身を圧迫しているだろう不要品がちょっとでもお金になるだけでラッキーだとは思いませんか。

所詮「車の査定」に社外品パーツを積み込んだところで、
二束三文にしかなりません。

それなら、買い取り価格や買取実績に定評がある、
ネット申し込みができる「タイヤ買い取りナンバーワン」
を利用した結果を見た上で判断しましょう。

もちろん必ずしも全てのパーツを買取りしてくれるとは限りません。
例えば、腐食がひどいタイヤ・ホイールなどは、
査定が0円ということだって十分にあり得ます。
0円だった場合に、はじめて車に積み込みをして査定に臨めばいいんです。

もちろん、査定は無料ですので、
試してみる価値は十分にあると思いますよ。

まとめ

  • 車を処分するときにいらなくなったタイヤやホイールを積み込みする必要はない
  • タイヤやホイールだけではなく、その他のパーツも売却する
  • 売れなければ、積んで処分してもらう。
  • 車の売却とタイヤの売却を分けて考える。

査定にお金がかかるなら、
車と不要なパーツの処分を一緒にしたほうがいいかもしれませんが、
査定が無料なら、こちら側にリスクは全くありません。

売れたらラッキー売れなくても問題だよね」ぐらいの気持ちで、
大きく構えているぐらいが丁度いいですよ。

倉庫や車庫に眠っている「不要なタイヤ・ホイール」を
タイヤ買い取りサービス
を利用して、買い取ってもらいましょ。

あとは、車の処分だけという状態にしておけば、
考えることは非常にかんたんです。
廃車にするか、売却するのかしか残されてありません。

もちろん、不要なパーツも買い取りも重要ですが、
車本体を高く買い取ってもらうことに力を注ぎましょう。
私もネットで申し込みできる一括査定を利用して、
複数の業者から同時に査定してもらい、142,000円の価格差がつきました。

「概算金額」も先に教えてくれるので、
自分の車の「相場価格」も知ることができました。

車の高価査定を勝ち取るには、徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を売るための準備