クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

L385タントカスタムの車検費用をダイハツと民間工場で比較!

   

img_5559

タントカスタムの車検費用は一体いくらぐらいでできるのか?

先日車検の時期が迫ってきたので、
L385のタントカスタムをダイハツで見積もりをとってもらいました。
また、車検費用が安いと定評があり、大手民間工場とも提携している、楽天車検との見積もりを比較してみました。

もし、これからタントをはじめ、軽自動車の車検の時期が近づいていて、
どのぐらいの費用になるのか、悩んでいる方がいれば参考にしてください。

►►楽天車検でタントカスタムの無料の事前見積りを申し込んでみる。

ダイハツタントカスタムの車検費用の比較

某ダイハツでの車検見積もり

まずは、ダイハツ某所にて見積もりをとってもらった。

もちろん2年に1度しかない車検なので、
ブレーキ廻りや、エンジン廻りについてはしっかりと点検をしてもらった。

 

それでもまだ、50,000kmにも達していないので、
今すぐ交換必要な故障部位は見つからなかったようで一安心。

 

まあ、タイヤの残量が減っていたり、バッテリーが多少弱かったりしているらしいのですが、ガソリンスタンド同様に周辺商品の販売をネタにしてるような感じもあったので、そのまま見積もりを作成してもらった。

オイル交換も、スタンドで実施している為車検時わざわざ行う必要はありません。

ちなみに整備内容は以下のようになっています。
img_5565※クリックすると大きなります。

img_5566

ダイハツタントカスタムの車検費用明細

ちなみに、車検の費用は以下のようになりました。

タントカスタムL385Sの車検見積もり
整備代金 27,000円
保安確認検査料 8,400円
検査代行手数料 10,800円
法定費用 ※34,070円
合計 80,270円
※法定費用の内訳
重量税:6,600円
自賠責保険料:26,370円
印紙代:1,100円
合計:34,070円

車検代の合計で80,270円
率直な感想としては、「ディーラーってやっぱり高いよね」って感想。

軽自動車だけではなく、普通車などにも言えますが、ディーラーで車検を実施すると手数料がいつも余計にかかります。
例えば、

  • 保安確認検査料=8,400円
  • 検査代行手数用=10,800円

など、この手数料というのは、
重量税や自賠責の法定費用とは違い、必ずしも必要ではありません。

その証拠に楽天車検で掲載されている、
タントカスタムの車検の参考見積もりを確認してみました。

楽天車検でタントカスタムの車検参考費用

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-25_19_19_26
LINK楽天車検タントカスタムの参考費用

ダイハツでの80,260円と比べて、楽天車検の見積もりは53,680円と、
ディーラーに比べて約26,000円安く車検を受けることができます。

よく見ていただくとわかりますが、
代行料、検査料などの手数料が一切計上されていません。
また、整備代金が楽天車検のほうが7,000円ほどダイハツよりも安いので、
このような低価格化が実現できているんですね。

もちろん法定費用については、

  • 楽天車検
  • ディーラー
  • 陸運局に「持ち込み車検」

どの車検を受けたとしても、34,070円と公平にかかります。
法定費用には安い高いということは絶対にありません。
つまりどこでも一緒。

要するに車検代の違いは、

  • 整備代金がどちらが安いのか
  • 代行手数料や検査料はかかるのか

その違いだけが、車検費用を安くする大きなポイントなんですね。

楽天車検を使うメリット

提携ショップ

では、ディーラーと比べて費用が安い楽天車検ですが、ただ安さだけが売りの、「低品質な整備をされないか」という疑問があるかと思いますが、全力で否定します。

なぜなら、楽天車検と提携している「ENEOSエネオス」や「オートバックス」「アップル車検」など、車検の指定工場としては実績がある場所ばかりです。
また、今年に入って書籍まで発売した、車検のコバックなども提携店のひとつになります。

また、楽天車検では車検の約1ヶ月前ぐらいを目処に、
事前見積りがあるので、正確な見積もり金額が決定してから、納得のうえ車検を受けることできるようになります。

事前見積りは車検費用を抑えるなら絶対に行う

事前見積り

楽天車検では、無料の事前見積りを実施しています。

車検代を安く抑えたいなら、事前に見積りをとることが大きなポイントになるんです。
もし事前見積りがなかったらどうなるでしょう。

✔CHECK:事前見積りがないケース
車検を予約する。

分解して悪い箇所が出た場合、電話で見積りの連絡が入る。

具体的にどの部分が悪いのか、また車検が通らないのかどうかなど、
電話だけじゃ判断ができず、よくわからない場合がある。

とりあえず故障しているので、言われるがまま不安になり修理する。

思ってもいないほどの高額車検になってしまう。

このようなケースで、車検費用が高くなったなんてことがよくあります。

 

一方、事前見積りをしっかりとおこなうケースでは。

✔CHECK:事前見積りをするケース
車検の事前見積りを予約する。

分解して悪い箇所が出た場合、見積書をみながら説明を受けることができる。

具体的にどの部分が悪いのか、またその部位は車検が通るのかどうかなど、
実際に話すことができるので、「今すぐ修理する部位」「将来的に修理する部位」などカウンセリングができる。

整備箇所を選択して見積もり金額が提示される。

価格に納得ができれば、改めて車検を行う。

見積りどおりの車検代なので後々のトラブルにならない。

このように事前見積りを実施して、
今回の車検代はいくらかかるのだろう」と予算を予想することができれば、
心理状態も違いますし、納得もできるはずです。

結局は、どれだけ事前準備をできていたのかも、車検費用を抑えるための大切な要素なんです。

車検は1ヶ月前から準備をする

事前見積りをとることで、価格に納得ができることを説明しましたが、
メリットはそれだけではありません。

例えば、もし見積もりの段階で、車に致命的な故障や欠陥があり10万円以上の修理代がかかるなら、

  • 車を廃車にする。
  • 車を買い取り査定に出してみる。
  • 新しい車を購入する。

など、複数のパターンを想定して準備することが可能です。

これが、もし車検のギリギリ3日前とかに申し込みをしてしまったら、
不足の事態に備えておくこともできません。

つまり事前に行動しておくだけで、
車検が不能な場合などの、リスクヘッジにもなるのです。
それだけでも、楽天車検で実施している「無料の事前見積り」サービスはメリットがあるんですね。

まとめ

私が出した結論からいうと、
軽自動車であるタントカスタムの車検代を抑えたければ、
楽天車検を選んだほうがいいでしょう。

なぜなら、

  • 整備代がディーラーよりも安い。
  • 代行手数料や検査料など無駄な手数料がない。
  • 無料の事前見積りがあるので、整備する箇所を相談することができる。

からです。

また、極論を言ってしまうと、車検に難しい技術は必要ありません。
車検でおこなう整備というのは、基本的な分解や測定、または将来的な故障のリスクなどさえ把握できれば、民間の工場でも十分におこなうことができます。

 

「ディーラーだから安心」と盲目的に固執していると、この先もディーラーでしか整備ができなくなります。
それじゃいつまでたっても車検費用を抑えることなんてできませんよね。
まずは、1回違う車検業者を試してからでも遅くはないと思うのです。

  • 車検代が高いと感じていて、費用に不安を感じている。
  • 楽天ポイントも同時に使って、できるだけ安くしたい。
  • ディーラーと同じぐらいの整備をお願いしたい。

ならまずは、自宅近くの店舗を検索してみましょう。

まずは、行動することが大切。
無料事前見積もりをまず予約して、車検費用に満足できればあとは任せるだけ。

►►「楽天」でポイントも使ってお得に車検を受けてみる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車検を受ける