クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

ディーラーの下取り査定が安い理由とできるだけ高く買い取ってもらうコツ

      2016/02/16

1.001

車の購入を検討中の誰しもが考えていることが、
できるだけ車を安く買って下取りに出す車の価格を上げてたいと考えています。
自分の手出しの幅をできるだけ小さくしたいんですよね。

が、まずそこが大きな間違いでもあり勘違いでもあるのです。
確かに下取り価格を上げるコツやテクニックは存在します。

でも、下取り価格を引き上げるには限界もあるのです。

では今回の記事テーマ。 なぜディーラーの下取り価格が安いのか。
またそれでも「下取りに出したい」という方向けに
下取り価格をちょっとでもあげるテクニックを紹介してみます。

では本題へいきましょう!

販売店の下取り金額がなぜ安いのか?

メーカーから直通なのでアフター費用が大きい

まずは大前提なお話なのですが、
販売店はあなたの車を下取りをしたあとに、店頭に並べて中古車の在庫として展示します。

当たり前の話なのですが、ディーラーなどの自動車販売店では、
安く買いとって高く販売しようとします。

この安く買い取ってというのがポイントで、
ディーラー系の販売店は特にこの傾向が多いのです。

なぜかというと、メーカー系列の販売店(トヨタや日産)などは、
メーカーの看板を背負っている分、
アフター修理に対する保証規約が多いので、
下取り価格にある程度の「アフター費用」も兼ねて下取り価格を
算出しているからです。

かんたんにいうと、トヨタの車が故障したとしても、
ガリバーやビッグモーターなどの販売業者は、
車になにかトラブルがあっても最終的に「メーカーの仕様」という
理由で突き放すことができるが、ディーラー系はこうはいきません。

最終的にお客さんがメーカーに電話でクレームをいれても、
最終的にはそのディーラー系販売店が面倒を見なければいけません。
なので、その金額を見越すと必然的に中古車の下取り価格は下がっていく傾向になるのです。

結局は高く下取ってしまうと、アフター費用だけで、自分たちの首を絞めるだけになるので、凄まじく慎重になります。

中古車の利益率は高い

また、新車の利益率が低い今の自動車業界での現状では、
中古車の利益を頼りにしている販売店が非常に多いです。

それだけ中古車の利益率というものはが1番高いのです。
ディーラーが自社にてあげる利益とはどんなものがあるのでしょう。
実際の利益率の話をします。

  • 新車の利益率→低い
  • オークションにて買い付けした後の中古車販売の利益率→低い
  • 自社客の下取りした中古車販売の利益率→高い
  • サービス・整備での利益率→やや高い
  • 保険やJAFなどの利益率→普通

このように自社客の下取り額が下がれば下がるほど中古車販売の利益率が上昇するので、販売店は利益確保のためにできるだけシビアに査定をする傾向にあるのです。

ディーラーなどの販売店は都会での系列店なんて50店舗以上はありますので、
買い取ってナンバーを変更すると他県に在庫車として並べられることが可能になります。

そこでわざわざ高く買い取る必要なんて一切ありません。
最悪の場合「3万以下で下取って50万位で販売することも珍しくはありません」
※実際私も過去に経験したことがあります。
実際には輸送費用などを差し引いても、販売店には約40万円ぐらいの利益にはなりますよね。

また買い取りゼロ査定をしているのに値段をつけて売却することも珍しくありません。
会社を存続させるにはかんたんな話、利益を上げ続ければいいのですからね。

下取り金額を上げる必要はあるのか。

下取り価格を少しでも高くするコツはあるのか?

では、下取りの費用を少しでも高くするにはどうしたらいいのでしょうか?

あなたが今回購入を決めた販売店で、新車や中古車を購入することが
決まっているのであれば、まず「下取り車なし
の条件で営業スタッフに伝えます。

その状態で、値引き交渉を時間をかけておこなってください。
できれば限界までです。

とにかく自分の持っている話を尽くしてコツコツと商談してください。
「もうこれ以上は無理ですよ」って言われるぐらいまでやったうえで、
「やっぱり下取りお願いしちゃうかなー」と最後に依頼をするのです。

そうすると現状では車両の値引き価格が「最大の状態」で、
下取り価格を教えてもらうことができるのです。

なぜ、そんなことをしなければいけないのか?
それは先に値引き金額を出しておかないと、正確な下取り価格を査定されることが
ないからです。

納得できるかが大事

もし最大の値引き額がわからない状態で下取り価格を出してしまうと
その下取り車の価格にて値引き調整ができてしまいます。

車を売る方が意外と知らない「下取り」と「買取」の違いと真実!
車を引き取ってもらうときの「下取り」と「買い取り」の違い。なにがどう違うのか。 知らない方が多くいることを最近知りました。 確かに、今まで一度も車を買ったり、売ったりし

参考:車を売る方が意外と知らない「下取り」と「買取」の違いと真実!

下取り金額を多少操作することで、あなたが納得するのを待っているのです。

でも、もしあなたが最大の値引き額を知っている状態で査定をしてもらうと、
もうそのクルマの値引き額が一切考慮されません。
その営業マンも今さら値引き価格を渋ることができない為です。

そうすることで、あなたの車の下取り価格が正しく提示されることにより、
販売店に価格を操作される心配がなくなるのです。

で。。。ここからが問題です。

 

だからといって下取り価格が納得できるか?
その答えは難しいと思います。

だからこそ私は冒頭で「下取り価格を引き上げるには限界もあるのです」といったのですね。

なぜならディーラーなどでは、
下取り価格という規定は存在していません。
つまり、購入する前提での話になるので、
純粋な下取り価格が測れないのです。

新車や中古車の値引き額が多い→下取り価格が安くなる。
新車や中古車の値引き額が少ない→下取り価格は普通、もしくは安い。

このように販売店では
「購入しようとする新車や中古車が前提として存在している限り本来の車の価値がわからない」仕組みになっているのです。

値引きをガッチリとして、下取りもガッチリと高くするなんてあり得ません。
値引きをすればするほど、下取り額は低くなり
値引きが適正であっても、利益率の関係からそこまで高くならない

あちらを立てれば、こちらが立たずといいますが、
どちらも立たない可能性だってあるのです。

だからこそ私たちは事前に自分のクルマの市場価値をしっておく必要があるのです。

早い話、手っ取り早いのは、他社を混ぜてしまえばいいのです。

愛車一括査定のような複数の業者が参加するサービスを利用して、

市場価値を知ったうえで下取り価格を聞く、
競合しそうなら1番高いところの話をしてみる。
しかも下取り価格を聞くだけでも無料です。

それで納得ができないのならば、
購入は限界まで値引きをした「販売店」
買い取りは限界までがんばってもらった「販売店」か「買取店」
お願いすることがベストの選択だと思います。

まとめ

新しい車を購入するからと言って、同じ場所にて買い取る必要はありません。ルールに縛られると目線が狭くなって、損をする可能性があります。

また「販売店も下取り車で調整しよう」と考えることもないので、
純粋な値引きを受けることができます。

下取り車があると、純粋な価格交渉の妨げになる可能性があるので、
手持ちの武器はあとに残しておくのもテクニックの一つですよ!

これで1円新車や中古車の購入が1円でも安くなり、
買取金額が1円でも高くなればあなたにとって良い買い物
だったと言えるのではないでしょうか?

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►愛車の「 最高額 」を一括査定で調べてみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を高く売るテクニック