クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

納車までの期間どうする?買取業者で代車は貸してくれるのか?

      2017/02/23

納車までどうする?買取業者で売却したあと代車サービスについて
車を購入するとき、今まで乗っていた愛車をディーラーの下取りではなく買取専門店に出すとひとつ不安材料があります。

それが「新しい車が納車されるまでの代車」ではないでしょうか。

事実、新しい車が納車されるまでの期間、乗る車がないと困りますよね。

本音を言うと、買取店にて車を売却したいのですが、代車が出ないという理由からやむを得ずディーラーで下取りする方も多いでしょう。

でも、ちょっと待ってください。

最近の買取サービスでは、新しい車が納車されるまでの期間、「無料代車サービス」を実施しているお店もあるんです。

「代車を貸してくれる」買取サービスがある

大手買取業者には無料代車サービスがついている

買い取り業者の中には、新しい車が納車されるまでの「空白期間」がある場合でも、「代車無料サービス」がついている場合があります。

例えば、大手買い取り店のガリバーでは、無料代車サービスの先駆け的存在です。

スクリーンショット 2015-10-03 04.54.07

 

その他にも、ガリバーと並ぶ有名買い取り店ビッグモーターでも、代車を提供してくれているのです。

スクリーンショット 2015-10-03 04.59.11

さらに車買取業者の中では大手の「アップル」や「カーチス」なども同様に、無料代車サービスを実施しているんですよね。

つまり現在の車の買取業者の中で、ユーザーが思っていた「代車がない」という不安や不満があった点はしっかりと改善され、買取業者の弱点を補っているのです。

なぜ、ガリバーやビッグモーターなどわざわざ代車を貸してまで、買い取りすることにこだわりを持つのでしょうか。

それは、中古車特有の市場価値にも影響があるんです。

車の価値は時が過ぎるほど徐々に下がっていく

毎日、毎日、車の価値は下がっている

もし「納車されてから買い取りしてもらおう」とか、「代車がないから下取りでいいや」などと思っているなら、損をする可能性が非常に高くなります。

車の市場価値というのは、毎月、毎日、毎秒徐々に下落していくからです。

例えば、新型50系プリウスの前のモデルである30系プリウス。

2015年12月に新型50系プリウスとして発売されました。

もし、2015年12月の発売前に査定するのと、発売からある程度落ち着いたあとの2016年以降に査定した場合、どちらがより高い金額で査定額を提示されるでしょうか。

答えはもちろん、新型プリウスが発売される前に査定したほうが査定額は断然高くなるんです。

これは、市場の原理を考えれば当たり前の話で、新型プリウスが大幅に売れることにより、前モデルである旧型プリウスが買い取り市場で飽和状態になるからです。

中古車 市場価値.001

このように、市場を見極めておかなければ、買い取りする時期を誤ってしまい大きく損をしてしまうケースがあるのです。

ジムニーやランドクルーザー、ハイエースなど、季節や時期を問わず高価買取を期待できる特殊な車種もある中で、ほとんどの車が、市場価値の原則に従って売られているのです。

その納車されるまでの間の「空白期間」を埋めるために、買取業者の無料代車サービスが存在していると言ってもいいでしょう。

意外と多い、下取りの決定からの事故や故障

IMG_2661.png

もうひとつ、ディーラーの下取りで問題になるのが、納車されるまでの期間中「事故や故障に遭遇する可能性です

例えば、

  • ブレーキやステアリングの動作がおかしくなってきた。
  • エンジンからガラガラと異常音がなりはじめた。
  • オートマチックミッションが変速ショックや滑りはじめてきた。

など、下取りが決まっていて新しい車が納車されるまでの期間中に「故障」する可能性があります。
また、故障ならいざしらず自損事故を起こしてしまったケースでは完全なる「過失扱い」になります。

もちろん下取りが決定している車を事故を起こしてしまうと、責任はドライバー側つまりユーザー側にあるので、下取り契約が白紙になるケースだって十分に考えられるのです。

もちろん事故の大小はあまり関係がありません。

もしバンパーを破損させてしまったのなら、下取り査定額からマイナスになる可能性があります。
また、運転中に飛び石でガラスにひび割れしたのなら、大きなマイナス減点になるでしょう。

そんな無意味な事故で、査定額が減るようなリスクを背負うぐらいなら、早々と買取してもらい、引き取ってもらったほうが気が晴れるのではないでしょうか?

少なくとも、私は精神面で代車に乗っているほうが気楽ですし、誰だって変なプレッシャーを感じながら、下取りが決定している車には乗りたくないですよね。

最高の価格で売って最低の価格で購入する

結局、車をお得に購入する1番の大きな目的や目標は「なるべく値引き額を増やして購入して、なるべく高い料金で車を売却する」ことです。

A:100万円で車を売って、190万円で車を買う=実質90万円の負担
B:80万円で車を売って、200万円で車を買う=実質120万円の負担

AとBどちらが賢い方法なのかは、もう明白です。

絶対に「 A 」を選択しなけばなりません。

新車や中古車の車両本体の値引き額が少ない現状では、車を安く購入するには、より高く売却するしか道はありません。

ディーラーではなく、買取業者を選ぶ最大のメリットはこれしかありません。

代車がないからと言って、常識に縛られていると、お得に購入なんてできませんからね。

まとめ:車の買い取りは市場価値とスピード感

代車無料サービスさえあれば、下取りか買い取りなのかで悩む必要もありません。

幸い、ガリバーやビッグモーター、アップルやカーチスも、かんたん車査定ガイドという一括査定会社の加盟店になっているの1回の申し込みで一気に査定額を出すことが可能です。

なので、わざわざひとつの業者に絞らなくても、買取価格を比較することが可能です。

もちろん最終的に下取りになってしまっても問題はありません。

大事なのはどこがもっとも高い評価をしてくれたということしかないのですから。

結局は「スピード勝負」になるんですよね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を高く売るテクニック