クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

もはや常識? 車をできるだけ高く買い取ってもらうための裏ワザ。

      2016/02/15

self-815795_1280
無料の一括査定

車はできるだけ高く買い取ってもらいたいですよね。

それはあなたや我々のような個人でも、カーショップのようなお店でも一緒です。
私の知人に個人でオートオークション代行をやっているかたがいるのですが、
その知人が高く売るためにやっていることを教えてくれました。

まあ、昔からある車業界の常識的のようなコトなのですが。。。

車に全く詳しくないかたには難しいかもしれないし、
私はあまりおすすめしませんが、
できるだけ、情報を惜しみなくだそうというポリシーでサイト運営しているので、
紹介します。

まあ小手先の技と言われれば、それまでですけどね。

メーターのバルブを抜き取る

故障しているから車を売却する場合だってあるでしょう。
その中でも「エンジンチェックランプ」や「ABS、エアバッグランプ」など、
メーターに警告灯で点灯が消えない場合があります。

通常は時間と経過とともに消灯するはずの警告灯が消えないということは
ほぼ間違いなくどこか故障している恐れがあります。

エンジンチェックランプの修理や、
ABS、エアバッグなどの修理費は高額になる可能性があります。

またメーター警告灯がでている状態で査定やオートオークションに依頼をすると、
故障している車ということで査定金額が下がります。

そのために業者はなにをやっているかというと、
このような警告灯を隠すためにバルブを抜いたりするのです。

メーターの警告灯というものは、実はバルブで点灯させている
だけなのです。
なので取り外してしまえば点灯することがない。
逆に言うと点灯しないのでそれはそれで問題なんですけどね。

でもそんな小手先の技では査定士はダマされないよって思われがちですが、
案外そのままでも評価点が下がることなく終了することも多いようです。

しっかりみろよ!」とも
思いますが、毎日毎日やってくる買い取り車を見ていると、
仕方ないのかなぁ。と思ったりもしますよね。

エンジンからの異音で添加剤をいれる

51U+nPLo-XL

エンジンから大きな振動や異音が原因で車を手放す場合もあるでしょう。

エンジンの異音の中でも「エンジン本体」の修理が必要な、
高額な修理によくある話です。

エンジンからの打音は査定額を下げるので、
対策として「エンジンの添加剤」を入れることが多いようです。
その結果偶然にもエンジン音が止まれば儲けもの。

で、そのままオークションに直行です。
でも専門の人間からしてみると、
ピストンとシリンダーからの大きな打音が「添加剤」で治るとは
到底思えません。

ある程度の、隙間は添加剤特有の粘度などでごまかせるかもしれませんが、
エンジン本体はそう甘くはありません。

メンテナンスとしてなら使用するのであれば、ワコーズ(S-FV)などは
エンジンの低速から高速までのエンジンフィーリング向上にとても
優れた商品です。

またレスポンス向上により、
燃費対策にも繋がったりするかもしれません。

ですが、車を売却するために添加剤を入れる
行為は時間と投資の無駄つながるかもしれませんよ。

ガス漏れしていてもエアコンガスを入れる

エアコンのガス漏れも査定額を下げる要因のひとつです。

参考:エアコンの不良は査定にどう影響する?

夏場のこの時期にはエアコンが効いているか全く動いていないかは
非常に切実な問題です。

そのためガス漏れしていたとしても、完全な修理をせずに
とりあえず1本や2本エアコンガスチャージしていうる場合もあります。

エアコンのコンデンサコアやエアコンのパイプなどに完全に穴が空いているならとにかく、
ちょっとの漏れ程度であれば、問題がありません。

エアコンガスの補充などは1本3000円から6000円程度で済んでしまいます。
査定額を大幅に下げられるぐらいなら、安い出費と割りきっているようなんですね。

長年この業界にいてわかったこと

私はディーラーでの勤務経験もあるし、
整備、営業両方を経験しているので知っていますが、
先ほどのような小手先の修理方法はどこでもやっているのが現状です。
(ディーラーなどの大手から小さなカーショップまで)

どの会社も利益をあげたいから、
少しの投資で大きなリターンを得たいと思っているのです。
でも、このような車をオートオークションに流してしまうことは、
個人的には反対です。

キレイ事というかもしれませんが、
このような車をオートオークションに流すということは、
誰かが同じ車を購入することにもなるからです。

ですが、組織の大きな会社から小さな会社までが行っている現状では、
仕方がないことかもしれません。
幸いにもオートオークション会場や査定士のレベルも上がってきているので、
明らかにおかしい車が市場に流れてくるときは「訳あり車両」という表示がされるので、
購入する側も気をつけるようになりますが、
こういう車が市場に流れてしまうとこを忘れてはいけません。

あなたが購入すること側に回った時には
「中古車を購入する」ということに対して、
しっかりとした知識や経験を積んでいる状態で選んでもらいたいなって思っています。

まとめ:どうするかはあなた次第です。

boys-838221_1280

結局のところ、どうするかはあなた次第でもあるのです。

査定のときに不具合部位を素直に申告して、
納得して買い取ってもらうことも大切です。

また少ない投資で不具合部位が治るのであれば、
そこは積極的に修理をするべきでしょう。

でも長いこと、この業界にいますが、
お金をかけない修理をしても結局のところ治らなかっというのが、
今までの経験則で一番多いですけどね。

そうやって考えていくと、小手先の技術や修理ではなく、
真っ当に査定してもらうことが1番かもしれませんよね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を高く売るテクニック