初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

車の故障トラブル

アクセルペダルを踏んでも加速しない?「ヴィッツ」の故障原因は!?

投稿日:

ヴィッツ加速しない、CVTミッション

車が故障した!」とヴィッツユーザーである友人から連絡がきました。

症状は「突然加速ができなくなった」とのことで、アクセルペダルを踏んでも一向に進んでいかないとのこと。

もちろん、今までこんな症状が出たことはなく、今回がはじめてとのことです。

このヴィッツは中古で購入してから3年ほど経過しているので「保証」はとっくに切れています。

修理するなら、有償しかありません。

とりあえず、とてもじゃないけど走行できないので、まず原因を追求してみることにしました。

アクセルペダルを踏んでも加速しないヴィッツの故障の原因と修理見積もり

加速がしない

まず、具体的にどんな症状なのか友人に聞き取りした症状をまとめてみると、

・アクセルペダルを踏んでも、それに合わせた加速が全くしない。
・すごく重たい感じがする。
・シフトアップしている感じがしない。

とくに、信号待ちのときがひどいらしく、青信号に変わっても全然スタートできないとのことなんですよね。

私も実際に試乗したのがですが、症状はすぐに確認できました。

せっかくなんで、動画も撮影しています。

ttps://youtu.be/Y8zc_ATUrqY

信号待ちでアクセルをベタ踏みしても全く進んでいかず、 市街地なのに後方の車に行かれてしまっています。

また確かに「変速」している感じがなく、フィーリングとしては、ローやセカンドで走り続けている感じがします。

車が進んでいかない原因は『CVT本体』による故障

症状からして、自宅前でどうこうなる問題ではなさそうだったので、ディーラーで故障原因を調べてもらうことにしました。

結論からいうと「CVT本体の故障」でした。

CVTとはオートマチックトランスミッションの仲間のようなもので、言わば車が走行するためのコアの部分に当たります。
 
関連 : 「CVT車とAT車」の違いと、CVTによくある故障の原因とはなにか?
 
ディーラーの診断機を使って具体的に調べてもらったところ、データー上では3速や4速入っていないような状態らしく、いずれかで故障しているのは間違いないとのことなんですね。

結論としては、CVT本体の故障という診断結果が出ました。

CVT本体の交換修理費用は『36万円』

CVTが故障していることはわかりました。

そこで、診断をしてもらったディーラーで、「CVTを交換したときの修理見積もり」をとってもらったのですが、気になる見積もり費用はなんと『36万円』にもなりました。

CVTの交換は原則として、本体ごとそのまま交換しかできません。

つまり、アッセンブリー交換が原則なんです。

アッセンブリーとは、複数の部品が組み合わされた集合部品のこと。

 

当然高いのは部品代で約30万円近く、技術料もバカにならず約7万円もします。

作業日数も時間を要す可能性が高く、CVT本体の交換となると少なくとも2泊3日ぐらいの入院は覚悟しておいたほうがいいでしょう。

リビルト・パーツや中古部品も探してみよう

CVTの新品交換する予算がないなら、中古もしくは社外品のリビルトミッションがないか探してもらいましょう。

トヨタ純正品よりは、安くなる購入できる可能性があります。

実際大手通販サイトAmazonでも、ヴィッツ用社外品のリビルトCVTミッションは販売しています。

created by Rinker
original
¥226,800 (2018/10/20 12:15:32時点 Amazon調べ-詳細)

もちろん、リビルト品よりも中古品のほうが安く購入できますが、『あくまで誰が使っていたかもわからない部品』になるので、使用状況、メンテンス状況も含め、再発するリスクはあります。

私の個人的な意見としては、中古品をCVTに取り替えるぐらいなら、社外のリビルトCVTに交換した方が1年もしくは2年間の保証もあるので安心だと思います。

まとめ

結論からいうと、今回修理は見送られました。

やはり友人曰く「修理費用が滅茶苦茶高くて、治してまで乗ろうと思わない」のが本音らしいです。

まあ確かにそう思うのは一理あって、この年式のヴィッツに30万円以上の修理費用を掛けるなら、違う車への買い替えしたほうがトータルでお得です。

もちろん、故障した車をただ廃車にするわけじゃありません。

故障して動かなくなった車も、たとえば廃車買取のカーネクストなど、ネットで買い取りを申し込みすれば、査定金額がつく可能性があります。

また、廃車手数料が無料なので、売れなくても余計な手数料は必要ありません。

まず、一体どれぐらいの査定料になるのか、無料なので申し込みだけでもしてみましょう。

案外ここで売却できた金額が、新しい車への購入頭金の足しになるかもしれませんよ。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-車の故障トラブル

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.