初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

車の故障トラブル

高額な修理になる?タントのターボ本体の交換費用と修理判断について

投稿日:

IMG_6710

知人からダイハツで販売している「タント」の修理依頼を受けた。
不具合内容について聞いてみたところ、

  • アイドリング中での、白い煙が多いくオイルが燃えた臭いがする。
  • エンジンオイルが漏れているようで、すぐなくなってしまう。
  • 力がなく、ガソリンの臭いがするときもある。

など、明らかにエンジン周辺が故障していそうな依頼内容でした。

年式も新しいわけじゃなく、距離数も100,000kmにさしかかっているので、
どの部位が故障しているか調べてもらいました。

そこで、整備工場に依頼して点検してもらったところ、案の定エンジンの構成パーツである、
「ターボチャージャー本体不良」と判断されました。

タントのターボチャージャー本体の交換

タントターボの交換見積もりは?

エンジンルームを点検してもらったところ、ターボチャージャー本体からのオイル漏れがひどく下回りに滴下していました。

また、オイルが漏れてそのままマフラーを通過して、
その結果、マフラーの出口から白い煙が大量に出ているようなんです。

その他、細かいエンジンの部位からもオイルが滲んできていますが、
まずは「ターボチャージャー本体を交換必要」とのこと。

整備工場にお願いして見積もりを作成してもらった。
やはり、ターボチャージャー本体というだけであってなかなかの高額な見積もりになりました。

ディーラーで見積もりをとってもらったところ、部品代65,000円、技術料40,000円という内訳になり、
トータルで、約105,000円になりました。

やはりターボチャージャー本体が65,000円ぐらいするので、
軽自動車の割には高額なパーツと言えるでしょう。

実際にネットの相場はどうなのか気になったので、Amazonで探してみると約50,000円と、
それでも高額になります。

最終的に依頼者の判断を聞いた上で、ターボチャージャー本体を交換するという結論になりました。

ターボチャージャー本体の交換作業を見学

メカニックさんの邪魔にならない程度で、交換作業を少しだけ拝見させてもらった。

ターボチャージャー本体は、エンジンの前側に装着しているので、
フロントバンパーを脱着すれば、すぐにその姿を現します。

こちらが外れたターボチャージャー本体。
外すのに、1時間ぐらいので作業でした。

IMG_6728

 

見てもらえればわかりますが、エンジンオイルで「ギトギト」しています。
エンジンをかけたままでも、オイルが漏れていたことから本体が不良なのは間違いありません。

IMG_6730

 

ちょっと写真では見辛いかもしれませんが、ターボチャージャーの中に羽のようなものがあり、
その羽に繋がっている軸が全く回りません。 完全に固着しています。

軸が回らないことにより、ターボが本来の性能を発揮できなくなり加速感がなくってしまい、
力がないように感じ、さらには失火もしているので燃料臭くもなっているのでしょう。

また、ターボチャージャーのオイルシールのようなパッキンが抜けてしまって、
マフラーからも大量の白煙が出てしまっているのでもう限界なのでしょう。

IMG_6729

 

取り外ししたときに見える範囲でエンジンの中のゴミをきれいに清掃して、
新品のターボチャージャーを組み付けていきます。

IMG_6733

高額修理するか、しないのかの判断について。

ターボチャージャー本体を交換した結果、試運転したみたところ、エンジンオイルの漏れもなくなり加速感も安定するようになりました。

また、10万km走行も近かったので、スパークプラグも同時に交換することに。
エンジン本体も多少損傷があると思いますが、今回の主原因は完治と言っていいでしょう。

知人も10万km走行している軽自動車に、約100,000円の予算をかけて修理することに、
抵抗を感じているような様子でしたが、購入予算の関係で修理をすることにしました。

ただ車検も近くなってきたので、修理するかどうかの判断は慎重に考えたほうがいいでしょう。
なぜなら、100,000km走っているということは、これからも故障リスクがつきまとうからです。

それなら、修理をせずに下取りに出してみるものひとつの作戦です。

例えば、中古車のガリバー無料査定をして、その結果をみてから修理するかどうかの判断してもいいでしょう。

ガリバーなら、買い取りをやっていますが、同時に中古車も販売しています。
試しにタントの買い取り査定をして、その結果を見てからでも遅くはありません。

もちろん中古車の在庫も豊富なので、タントを下取りに入れて購入することも可能です。

単独でも一括査定でもどちらにしても、査定することは完全無料なのですから、
色々な可能性を模索して、利用できることは全て試してみましょう。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-車の故障トラブル

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.