クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

どれがおすすめ?新型プリウスを購入するときに選ぶ4つのグレード

      2016/02/15

新型4代目プリウスのおすすめグレード

新型40系プリウス、12月に発売するということですが、
新車を購入するときに悩む部分がグレードではないでしょうか。

グレードは一度選んでしまうと、
変更が効かないので、とても選択に悩みますよね。

発売まで、もう少し時間があるので、
今のうちに検討して見るものいいかもしれません。

ある程度全体像を把握しているだけで違いますからね。
さあ、いきましょう。

車のグレードについて

そもそも車のグレードのことはご存知でしょうか。
一応知らない方の為に補足はしておきますが、
車にはいくつかにわけてグレードが存在しています。
そのグレードが違うだけで、装備や価格が全く違ってきます。

例えば、ヘッドライトひとつをとっても、グレードが違うだけで、
従来のハロゲンヘッドライトとLEDヘッドライトなどに
分かれてしまうので、注意が必要です。

まあ、新車なら営業マンと商談しながらグレードの話はできますが、
気をつけたいのが中古車。細かいグレードの違いを知らずに購入して、
実際欲しかった機能が搭載されていなかったなどとは、
よく聞く話ですからね。 よく調べる必要があるので注意ですよ!

新型プリウスのグレードについて

さて、話が横道にそれてしまったので、戻ります。
新型プリウスのグレードについて改めて説明しましょう。

今回新型プリウスは 「4つのグレードにて構成されています
その4つのグレードとは、

  1. Aプレミアムグレード(最上級グレード)
  2. Aグレード(上級グレード)
  3. Sグレード(量産型グレード)
  4. Eグレード(低燃費グレード)

ひとつひとつ解説していきましょう。

新型プリウス:Aプレミアムグレード(2WD&E-Four)

最もグレード装備品が充実しているグレード、
シートやステアリングなど本革を採用した最上級グレードになります。

2WDと4WDの両方のラインナップで構成されていて、
燃費は2WDがリッター37,0km/L、 E-Fourがリッター35,0km/Lと
現行の30モデルよりも燃費が向上しています。
※現行型プリウスはLグレードリッター32,6km/L、 Lグレード以外リッター30,4km/L
となっています。

また、AC100V・1500Wアクセサリーコンセントや非常用給電装置などが
装着予定になっています。

もちろん、トヨタ自動車が先進の安全技術を結集した、
toyota safety sense pも標準装備されるでしょう。

世界最高レベル!? 40系 新型プリウス自動ブレーキの安全なのか。
「トヨタの自動ブレーキ」ってどうなの? 新型40プリウスを購入するにあたって、 気になるのが「自動ブレーキ」だと思いますが、 事故に遭遇する瞬間だけ回避すれば

参考:世界最高レベル!? 40系 新型プリウス自動ブレーキの安全なのか。

新型プリウス:Aグレード(2WD&E-Four)

こちらはプレミアムが抜けたAグレード。
Aグレードも上級グレードですので、toyota safety sense pが標準装備されます。

主な装備予定品は、
アルミホイールやドアミラーヒーター、雨天感知機能付きフロントワイパー、
隣の車線を走行する車をレーダーにて完治して注意喚起するブラインドモニターなどが
標準装備されるでしょう。

イメージでは、痒いところに手が届く
便利機能がふんだんに盛り込まれた装備がされているグレードです。

2WDと4WDの両方のラインナップで構成されています。
燃費は2WDがリッター37,0km/L E-Fourがリッター35,0km/L
Aプレミアムと同じ仕様になっています。

新型プリウス:Sグレード(2WD&E-Four)

新型プリウスのもっとも売れるグレードになるか?

基本装備が一通り充実しているので、
最も売れるグレードになるのでは?と勝手に予想しています。

ヘッドランプのLED化、
スマートエントリー&スタートシステムといった標準装備が一通りに網羅している
仕様になっているはずです。

2WDと4WDの両方のラインナップで構成されています。
燃費は2WDがリッター37,0km/L E-Fourがリッター35,0km/L変わりませんね。

新型プリウス:Eグレード(2WD)

こちらは2WDのみになっており、
リッター40km/Lを実現させるためだけに
装備を徹底的に厳選したモデルになっているでしょう。

世界初リッター40km/L突破!新型プリウス「燃費」が向上した5つの理由
新型プリウスの発売が2015年12月と、刻一刻と近づいているのですが、 やはり気になる燃費はどのぐらいなのでしょうか。 まだ、正式発表ではありませんが、 低燃費グレー

参考:世界初リッター40km/L突破!新型プリウス「燃費」が向上した5つの理由

ポイントはどこまで装備が削られているのか?
装備品を削ることで、最高の燃費を目指しているのですが、
私個人の意見としては「リッター37km/L」でも十分じゃないかなーって
思うわけなんですよね。

これからプリウスを購入するユーザーも
リッター40km/Lを実現させるために、装備品を削るぐらいなら、
もうひとつ上のSグレードでいっか」ってなると思うんですよね。

ただ現状の装備品の厳選するだけで、リッター3km/Lの
燃費を向上させるのはカンタンなことではありません。
世界最高の燃費性能がどれほどのものか、今から楽しみにしています。

まだ、車両本体の価格がでないとまだなんとも言えませんが、
私の予想だと、低燃費のEグレードよりもある程度装備品が充実しているSグレード
AプレミアムやAグレードは高いから、Sグレードのように、
やはりスタンダードモデルのSグレードが売れるのではないかと思っています。

プリウスツーリングセレクションも健在

もちろん、現行型プリウスのように、
215/45R17のタイヤとアルミホイールを履いている、
ツーリングセレクションも健在です。

機能よりも、スタイリッシュさを求めているモデルになります。
現行型プリウスグレードからスライドさせると以下の様な構成になるでしょう。

現行型プリウス 新型プリウス
G”ツーリングセレクション・レザーパッケージ” Aプレミアム”ツーリングセレクション”
Aプレミアム
G”ツーリングセレクション” A”ツーリングセレクション”
G A
S”ツーリングセレクション” S”ツーリングセレクション”
S S
L E

それぞれのオプション機能や標準装備については、正式に発表次第まとめたいと思う。
かなり事細かに設定されているのでしょう。

まとめ

いずれにせよ、正式発表がでていないので、さらなるニュースを待ちましょう。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - プリウス