クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

ワゴンタイプのハイブリッドカーはプリウスαで決まり!

      2016/02/15

2015_Toyota_Prius_α

プリウスの派生車種として2011年の5月に発売したプリウスα。
2014年11月にマイナーチェンジをして現在に至っています。

特徴は、「少し大きな目のプリウス」
プリウスよりも室内空間の一回り大きくしてます。
パット見は、ステーションワゴンのようなスタイルです。
ってかステーションワゴンですね。。。

私自身、やや地味な印象をもっていた、プリウスαを紹介します。

ワゴン風ミニバンのトヨタ:プリウスα

シートが窮屈な7人乗り

プリウスαは特徴的な2つのパターンで構成されています。
2列シートの5人乗りと、3列シートの7人乗り。
3列シートの7人乗りなんて利便性に優れていると思いきや、
全くそんなことはありません。

はっきり言って、7人乗りの3列シート目は補助席もいいところです。
大人が大人数で乗車するには窮屈極まりないでしょう。
あくまで「補助的」に乗ることを前提にしたほうがいいかもしれませんね。

さらに3列シート車はそのスペースを確保するために、
床下にリチウムイオンバッテリーを置いているので、
5人乗りよりも約20万ほど割高になっているのです。

逆に5人乗りに関してはどうなのでしょうか。

室内空間に余裕はあるが、個性がイマイチな5人乗り

逆に5人乗りのほうはどうなのでしょうか。
2列シートの5人乗りは構成が現行型プリウスとすべて一緒なのですが、
居住性はさすがにプリウスを上回ります。
でも、個性をあまり感じることができませんので、
ちょっと設計に古さを感じてしまうのです。

たしかに内装はプリウスよりも高級感がありますが、
それだけでユーザーの心を射止めるのは難しいでしょう。

1800CCエンジンの無理がある

基本装備がプリウスとほぼ一緒ですので、
やはり、1800CCだとボディの重さにより、どうしても、力不足を感じてしまいます。

更に、重くなるだけではなく、ボディ形状が大きくなってしまうので、
現行のプリウスに比べて燃費が2割ほど落ちているです。

このように、考えてみると、これから購入を予定するのであれば、
より燃費が良く、よりスタイリッシュな新型プリウスを購入をおすすめしたい。

燃費や価格はどう違う? 新型プリウスと旧型30プリウス&フィットハイブリットを比較しよう。
新型40プリウスが9月8日にラスベガスで世界初披露されたのだが、 ついに12月9日に発表されました。 そこで新型プリウスが旧式の今現行型の30プリウスとどう変わるの

参考:燃費や価格はどう違う? 新型プリウスと旧型30プリウス&フィットハイブリットを比較しよう。
現行型プリウスの上級版という位置づけですが、
新型プリウスが発売されると、その優位性もなくなってしまうでしょう。

ただ実際に、売れ行き自体は好調で、
上級志向のユーザーに受けはいいです。

年齢層も、40代の方が多く購入されているのですが、
ゴルフバッグを積むことが容易になったり、
またガソリン車コンパクトカーと同じぐらいの燃費ですので、
ガソリン代のコストカットにも繋がっているのです。

でも、プリウスαをこれから購入するのであれば、
やはり新型プリウスを待ったほうがいいと思います。

逆にワゴン風・ミニバン風のハイブリッドカーであれば、
シエンタのハイブリッドをおすすめしたい。

徹底比較!フリードよりトヨタの新型シエンタを購入すべき5つの理由
トヨタから新型シエンタが発売されました。 シエンタの購入を検討されている方、まだまだ悩んでいるかた。 他車種との比較はしていますか? もし。比較しているとしたら、

参考:徹底比較!フリードよりトヨタの新型シエンタを購入すべき5つの理由
どちらにせよ、新型プリウスが発売になると、
新型プリウスαはどーなるの?という話にもなっていくでしょうね。

まとめ

どうしても対向車が「プリウス」であったり、
「アルファード」であったり微妙な立ち位置にいる車の印象を拭いきれません。
どちらかと言うと、ジェイドのほうがライバル車になりやすいけど、
どっちもどっちという印象しかありません。

ただ悪いところばかりでもないんです。

ワゴンボディになってプリウスよりも後方の視界が良くなったり、
高い質感がありますし、ホイールベースも長いことからプリウスよりも
優れていますしね。

もし、ワゴンタイプのハイブリッドカーを求めているのあれば、
プリウスαで決まりでしょう!

プリウスαを検討中の方は、一度新車の見積りをとる必要があります。
でも、わざわざディーラーのショールームまで出向き
営業マンと対面してまで、見積りをとってもらうのが面倒な場合も多いです。
そのようなときには、WEBからでも新車見積りできるサービスがあります。
便利なので、一度利用してみてはいかがでしょう。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - トヨタ