クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

30系プリウスのPHVとハイブリットどちらがより経済的でおすすめなのか?

   

maxresdefault

プラグインハイブリットカー(PHV)という名前を聞いたことがありますか。

プリウスやアクアなどはモーターとガソリンで駆動する「ハイブリッドカー
日産のリーフなどは家庭用コンセントで充電する「電気自動車」という種類に
分類されます。

そして、プラグインハイブリットとは、
家庭用電源からでも充電できる、コンセント付きのハイブリッドカーになるのです。
つまり、「電気自動車+ハイブリッドカー」というカテゴリーに分けられるのです。

ただ、プラグインハイブリッドカーとハイブリッドカーで
同じ名称として販売している唯一の車がトヨタのプリウス。

ハイブリットとPHV。
どちらがより経済的でどちらがお得なのでしょうか。

プラグインハイブリッド(PHV)の特徴

PHVは通常のハイブリット車よりも
バッテリー容量が大きいので、ある程度の距離までは電気自動車として走行が可能です。
※電気として走行しているときにはガソリンは一切消費していません。

またバッテリーをニッケル水素電池からリチウムイオン電池に変更しているので、
容量が大きくなったこともあり、
「26.4km」まで走行できるようになっています。

日本国内で限定するのですが、
1日に20km程度を走行するというパターンが非常に多い傾向があります。
つまり、このような走行パターンを永遠とする方にとっては、
ガソリンを使用することなく、1ヶ月過ごすことだって可能になるのです。

もちろん、電池残量がなくなったときには
ハイブリット車として切り替わるので「ガソリン」を
使用して走行することになります。

なので、「電気なくなったから走行不能になった」なんてことも
ないので安心してくださいね。

PHVは電気自動車までのつなぎ??

そもそもハイブリット車やPHVは電気自動車の
つなぎ程度にしか考えられていませんでした。

本来の思惑はこうだったはずです。

電気自動車がこれからの主流になる!

ハイブリット車や半電気自動車のPHVはそれまでの「つなぎ」に過ぎない。

電気自動車がいつまでたっても量産体制にならず、
そうこうしている間に「新型プリウス」や「アクア」などの人気ハイブリット車種が
発売され増えてきてしまった!

電気自動車&PHVの立場がない?

本来電気自動車が主流にならなければならないに、
いつまでたっても人気は「ハイブリット車」のままです。

PHVに至っても三菱アウトランダーは好調なのですが、
プリウスPHVはさっぱり売れていません。
また、PHVは国内よりも欧州圏での外車の販売が増えているので、
国内で浸透しているとはとても言えないのです。

では、なぜここまで売れずに苦戦しているのでしょうか。

30系プリウスハイブリットとPHVのコストの違い

かんたんに移行できない理由は、コストしか考えられません。

プリウスPHV、同型の30プリウスハイブリットに比べて、
約70万円も高い車になっています。

プリウスは10年間で10万km走行したときの
燃料代が約70万円
と言われています。

つまり、プリウスPHVを電気のみで走行したとしても、
10年間乗らなければペイできないようになっているのです。

けど実際に、電気のみで走行することなんてほとんど不可能に近いと
思いませんか?

だってそうですよね。
先ほど説明したとおり、プリウスの満充電での走行可能距離数は「26km」程度です。
10年間、毎日毎日通勤だけで走行しているわけではありません。

たまにはドライブなど出掛けるときだってあるかもしれません。
また、転勤などで走行パターンが変化してくるかもしれません。

なので、どちらがよりお得かということを考えた場合には、
新型プリウスが発売されて、更に値段が下がっている、
プリウス30系ハイブリットのほうが断然お得に購入できるのです。

もっともお得なハイブリット車はどれ?プリウス30系の中古車を買うべき理由
ちょっと前まで現行モデルだった「30系のプリウス」の中古車。 ついに格安で購入できるタイミングがやってきました。 「えっ!なんで?」って、 賢いあなたはもう気がつ

参考:もっともお得なハイブリット車はどれ?プリウス30系の中古車を買うべき理由

さらに電気代のことも考慮したり、
充電施設を整えることを考えると、
プリウスのPHVに乗ることによる、
経済的な効果は、あまり見込めないというのが現実なのです。

ただ「PHV」は魅力的で先進的なテクノロジーだ!

「PHV」を乗るということは、
充電インフラが重要なのは言うまでもない事実であります。

スクリーンショット 2016-02-24 06.07.44
LINKトヨタホームの充電設備工事サイト

また、2016年の現在では補助金の制度もなくなってしまい、
充電インフラを整えるのはかんたんではありません。

トヨタホームで委託すると「最低10万円」程度は見込まないといけませんし、
安い業者に依頼しても「5万円」程度はかかってしまいます。

なので、損得を考えると「PHV」を購入することのメリットはありませんが、
そもそも、「PHVというカテゴリー」は損得という枠組みでは、
考えなくても良い車だとも言えるのです。

PHVを購入するということは、

  • 自宅で充電して走行することができる
  • 実用性だけではなく、未来の車を連想することができる
  • 乗っているだけで「ワクワク感」がある

このように、たとえ実用的ではなくても、
未来の車を感じられることが
最大のメリットではないでしょうか。

スマホを利用したり、充電スポットを利用してチャージしたり、
キャブレターの車に乗っている世代には想像できなかった車がそこにあるのです。

なので、より経済的なメリットを考えると「ハイブリットのプリウス」
所有欲や自己満足がより満たされるのは「PHVのプリウス」ではないですかね。

充電プリウスって言葉がすでにキャッチーですよね!

スクリーンショット 2016-02-25 06.29.59

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33
やはり中古車の在庫を確認するなら大手のメーカーが1番です。
ガリバーの累計販売台数は30万台。
累計買取台数は300万台。時間にすると、
4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。
しかも最大で10年の保証期間があるから、長く乗る愛車を探している方にはおすすめします。

できるだけ安く、さらに安心してクルマ選ぶなら、

⇒中古車のガリバーで格安中古車を購入しましょう。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - プリウス