初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

車を売る基礎知識

運転をやめる親名義の車を売却するために必要な3つの方法

更新日:

高齢になった「親の車を売却する」と考えている子供が最近増えてきています。

なぜなら、両親が

  • 高齢ドライバーになった。
  • 運転免許証を返納した。
  • 認知症の疑いがある。

など、車を運転するリスクが増えてきたからです。

ただ、親名義の車を売るにも両親の気持ち次第でやるべき行動も大きく変わってくるのです。

そこで今回の記事では、

  • シチュエーションごとの売却方法
  • 親名義の車の売却するために必要になる書類
  • 最終的にできるだけ高く売るにはどのサービスを利用するべきか。

などに、いくつかのパートに分けて説明していきましょう。

親名義の車を売却する3つのシチュエーション

【親が認めている】親の代行として連絡すればいいだけ。

まず親が健在で、親に査定を頼まれただけなら非常にかんたんです。

親の同意は得られているので、あなたが親の代わりに連絡すればいいだけですから。

売却先には、ディーラー、ガリバーなどの買い取り店、さらには一括査定のサービスなど色々な選択肢があります。

あとどこで査定をとるにしても必要な書類は2通。

メモ:査定に必要な書類
・車検証
・自賠責保険証

これだけあれば問題ありません。

あとは、面倒くさがっている親代わりにあなたが代行して立ち会えば良いだけ。

その他必要な書類については後で説明するが親に用意してもらいましょう。

【親が認めている】同意なら名義変更する。

次は、親名義の車をあなたの車として売却する方法です。

たとえば、親から車をもらったり、親が車に乗れなくなって不要になったりしたケースになります。

親の代行としてではなく、本人として売却することになります。

まずは「親→子」へ名義変更をする必要があります。

名義変更に必要な書類は、

  1. 譲渡証(名義がディーラーやカード会社の場合)
  2. 親の印鑑証明書
  3. あなたの印鑑証明書
  4. 委任状(お父様とあなたの実印を押したもの)
  5. 車庫証明

になります。

使用者は両親でも、所有者がディーラーなど他者になっている場合は、譲渡証や印鑑証明書、委任状は車検証上の所有者のものが必要です。

同じ管轄で使用するのであれば、ナンバー変更などの必要性はありません。

やり方は非常にかんたんで、

  • 警察署で車庫証明を申請する(数日かかる)
  • 陸運局で移転登録する。
  • 自動車税の申告をする

ぐらいです。

名義変更手数料も

  • 印鑑証明2通分(約600円)
  • 車庫証明(2,500円)
  • 登録印紙費用(約600)

くらいで済みます。

もちろん登録印紙など地域によって若干の価格は違うと思いますが、とりわけ大きな違いはないでしょう。

名義変更が終われば、完全にあなたの車です。

【親が認めていない】認知症なら成年後見制度を利用する。

ここからはちょっとデリケートな話になります。

親が全く認めていないケースでの話をします。

感情面でもそうなんですが、認知症などわずらっている場合にも起こりがちなケースになります。

親名義の車を売却するには、必ず名義人の方の同意が必要になります。

もちろん、家族でも同様です。

そのために、認知症や知的障害などにより物事を判断する能力が不十分な方を保護する制度があります。

それが「成年後見制度」の利用です。

成年後見制度とは、判断力が十分でない成年者に対して後見人を選定し、本人の権利を守り法律行為をサポートする者を選ぶ制度。

後見人になれる人は

  • 親族
  • 弁護士
  • 司法書士
  • 社会福祉士
  • 法人

で、いずれの場合も家庭裁判所の審判を経て援助者が決定される仕組みです。

また、認知症かどうか本人の判断能力の程度を鑑定するため、医師による鑑定料が必要になることもあります。

鑑定料は約7~10万円が相場となります。

もし仮にあなたが成年後見人ではない状態で、勝手に車を売買した場合には契約を取り消されるケースがあります。

車を売るときに必要な書類一式

査定ではなく、車を実際に売るときに必要な書類。

査定して売却が成立したらあとは必要な書類を用意するだけです。

査定に必要な書類は、

メモ:査定に必要な書類
・車検証
・自賠責保険証

の2通でしたが、売却が成立すると以下の書類も追加で必要になります。

メモ:売却に必要な書類
・リサイクル券
・納税証明書
・印鑑登録証明書
・実印
・振込口座

もちろんこの段階で両親の名義になっていれば委任状。

ディーラーの名義になっていれば譲渡証明書も追加で必要になります。

あとは親の車を売却する場所を選ぶだけ。


売却時に必要な書類を用意すればあとは、親の車をどこで売るのか1点だけです。

冒頭でも、

  1. ディーラー
  2. 地元の車販売業者やガリバーなど買い取り業者
  3. 一括査定

と大まかに分けて3つの方法を提案しました。

でも、今回は新しい車を購入するわけでもないのでディーラーを使ってまで売却する必要はないでしょう。(しかもあまり高価買取は期待できない)

あと残された選択肢は、買い取り店での「単独査定」とネットから申し込む「一括査定」があります。

でも、せっかく売却するなら1番高く査定してくれる場所を選びたいところ。

それなら、単独で査定をする「下取り」や「買取り」ではなく、複数の業者が同時に査定する売却方法を選びましょう。

たとえば、査定価格を業者で比較することができる、一括査定を利用することで、もっとも高い価格であなたの両親の車を買い取ることができるでしょう。

一括査定は複数の業者が同時に査定をするのでもっとも買い取り金額の高い場所で売ることができます。

 

たとえば、最後1番高く入札したものが購入できるオークションと同じようなシステムです。

しかも、それぞれ最高値を提示するのですから30万円以上の差になるケースもあります。


※クリックすると大きくなります。

いずれにしても、どこで売却するにも「査定」は必ず必要なので1番高くなりやすいところを選ぶことは鉄則ですからね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-車を売る基礎知識

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.