クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

ダイハツムーヴのバッテリーあがり!交換方法と費用・料金について解説。

   

img_6340

「朝ムーヴのエンジンをかけようとしたのですが、セルが回りません」

最近私に来る電話といえば、こんな話ばかりです滝汗。

だからと言って、困っているお客さんを無視するわけにもいきません。
早速レスキューに行ってきました。

新車から購入して8年ぐらい経過いるようですが、
遂にバッテリー本体が限界にきたので新品に交換しました。

そこで、今回の記事テーマとしては、
L175ムーブのバッテリーの脱着方法と交換費用について解説していきます。

ムーヴのバッテリーサイズとかかった費用

今回交換したバッテリーはこちら。
ダイハツのムーヴは、全ての年式で「B19L」というサイズを使っています。
もし、心配ならバッテリー上部にサイズが書いてあるので確認してみてください。

エンジンが始動しない状況

まず、どんな風にエンジンがかからないのか動画で撮影しました。

全く始動できる気配がありません。
お客さんの話では、ちょっと前からセルの回りが悪かったこともあり、
予兆のようなものはあったようです。

また、ヘッドライトやルームランプの消し忘れなどがないことから、
単純なバッテリートラブルということで、バッテリー本体を故障と判断しました。

バッテリーの取り外し方法

それでは、ムーヴのバッテリーを脱着していきます。
いつも口酸っぱく言っていますが、
バッテリー交換するときに絶対守らなければならないルールとして、
①のマイナスターミナルを先に取り外すこと。
これだけは守ってください。

なぜ、マイナスターミナルを先に取り外すのかというと、
マイナスから取り外すことにより、プラスターミナルとの干渉、
つまりショートするのを防ぐことができるからです。

脱着方法としては、

  1. ①のマイナスターミナルを取り外す
  2. ②のプラスターミナルを取り外す
  3. バッテリーステーなど脱着に邪魔なパーツを取り外す

という順番でやってみるといいでしょう。

img_6342

 

国産車のバッテリーターミナルのサイズは、
10ミリのメガネコンビネーションレンチで取り外しできます。

img_6344

 

プラスターミナルも同じように10ミリです。
作業効率アップの為に、ボックスドライバーを使用してターミナルを取り外してみました。

img_6346

 
見ればわかると思いますが、左ストラットタワーに10ミリのボルトが止まっています。
こちらを外して、バッテリーのステーを取り外しましょう。

img_6347

 
逆側も10ミリのナットで止まっています。

img_6348

 
あとはもう車両から取り外すだけ。
軽自動車のバッテリーと言っても、重量があるので横転などさせないように注意して脱着しましょう。

img_6349

バッテリーの取り付け

最近のバッテリーには、取っ手がついているので、
かんたんに持ち上がります。

img_6350

 
脱着に順番があるように、取り付けにももちろん順番があります。
先程とは逆に、

  1. バッテリーのステーを取り付ける
  2. プラスターミナルを取り付ける
  3. マイナスターミナルを最後に取り付ける

という順番で取り付けていきましょう。

img_6351

これで取り付けもOKですよね。
あと、バッテリーを取り外しすると、ラジオのメモリーや時計表示。
また、パワーウインドウなど初期設定が必要になるので忘れずにおこなってくださいね。

ラジオのメモリーなど、いちいち消去されるのが嫌なら、
以下のように、バッテリー交換時にターミナルに接続するタイプの、
メモリーバックアップというカーグッズも存在しています。

まとめ

バッテリーは消耗品です。早いもので3年から4年。
長期で使ったとしても、7年ぐらいが限界を迎えます。

夏の外気温度が高いときには、気が付かないかもしれませんが、
外が寒くなってくると、始動不良などのバッテリートラブルが増えていきます。

そうは言ってもディーラーやカーショップなどでバッテリーを購入すると、
このサイズ約8,000円から10,000円はかかってしまいます。

その点、ネットをAmazonや楽天などネットを利用すると5,000円ぐらいで購入できるので、
交換さえ自分でできれば、無理をしてまでディーラーやカーショップに頼る必要はないでしょう。

全て他人任せにしないで、
自分でできそうな作業は、まず自分でやってみる
この精神でいると、無駄なお金を使わずに済みますからね。

まずは何事も、チャレンジしてみることが大事ですから。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - バッテリートラブル