クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

はじめて乗る車はどれがおすすめ?燃費がいい最強の「軽自動車」

   

Daihatsu_Mira_e-S_Gf

リッター40km/Lの新型プリウス。国内でもっとも多く販売しているアクア。
トヨタ車を中心にして「エコカーブーム」は継続しているのですが、
国産車でもっとも安く、なおかつコストパフォーマンスが高い車と言えば
ダイハツの「ミライース」しか考えられません。

「第三のエコカー」なんて言われている低燃費の軽自動車シリーズ。
「燃費」「車両価格」「維持費」などを考えると、
異常なほどランニングコストが安い車なのです。

初めて乗るクルマにぴったりなダイハツのミライースについて説明していこう。

リッター33km/Lのダイハツのミライース

ハイブリッド車ではないにもかかわらず、ミライースは
JC08モードでリッター33.4km/Lを実現しています。
カタログの燃費はなんと、フィットハイブリットと大きな差はありません。

フィットハイブリット:リッター33.6km/L
ミライース:リッター33.4km/L

JC08モード(ジェイシー ゼロハチモード)とは、1リットルの燃料で何キロメートル走行できるかを、いくつかの自動車の走行パターンから測定する燃費測定方法の一つである。

なぜこのような低燃費を実現したのかというと、
アルミホイールなどの値段の高い材料を徹底的に排除して、
大幅な軽量化を図ったこと。

またアイドリングストップ搭載による、従来からエコ技術を徹底的に
磨き上げたのです。

フィットやデミオなどの小型コンパクトカーと比べると、
約3割の車両重量に仕上がっているのです。

フィットやデミオなどで1,000kgなのに対して、ミライースは730kg。
ここまで軽量化ができれば燃費にも良い影響しか与えません。

ハイブリット車ではなくても、低燃費は実現できる。

エンジン自体は旧モデルと大きな変化はありません。

改良点と言えば、エンジンの圧縮比を高めてはいるのですが、
細部だけの変更にとどまっているのです。

どちらかと言えば、無段変速機である「CVT」採用のおかげで
発進や変速がスムーズになったことにより、
燃費向上につながったのでしょう。

また、先ほども説明してあるとおり、
アイドリングストップが信号待ちなどで
働くことで、より高い燃費性能を実現しました。

ハイブリッドカーのように、
モーターを使用せずとも超低燃費を実現することは十分に可能なのです。
ガソリンエンジンはまだまだ改良をすることで、
伸びしろがあることがわかっていただけたでしょうか。

市街地でリッター24km/L高速道路でリッター35km/L

正直、走行していて楽しい車なのかと言われれば、
走り慣れた方なら「退屈に感じる」かもしれません。

ただ、通常に走るだけなら、
走行フィーリングについては大きな問題点はないでしょう。

実際に走行してみても軽やかですし、「フィーリングにペナペナ感」もありません。

信号待ちでアイドリングストップが働くことにより、
頻繁にエンジンが始動することについては、
しつこく感じますが、燃費を追求する意味では
仕方がないでしょう。

燃費の面では市街地などの混雑しているような公道。
ゴー・ストップを繰り返すような道路ではリッター22km/Lと、
燃費にあまり伸びはありませんが、高速道路で走行したときには、
リッター35km/Lと驚異的数字を出してくれました。

やはり、しっかりとエコ走行を意識するだけで、
燃費を上手にコントロールすることができるんだなーということが
わかります。

ミライースのスペック

ランニングコストが他のハイブリット車などに比べて、
異常なほど優れていますが、スペックを紹介しましょう。

ラジオも集中ドアロックも搭載されていない、
低グレードもありますが、
ここでは、売れ筋の「Xグレード」で説明しましょう。

車両本体価格 99万5,000円
自動車税 7,200円 リサイクル料 7,800円
自動車取得税 6,300円 自賠責保険料 3万840円
自動車重量税 2,800円 付属品・諸費用 4万2,000円
①購入時総額 109万1,940円
ランニングコスト 5年間 10年間
②ガソリン代
実燃費リッター25km/L
28万円 56万円
③税金・保険 5万8,370円 18万3,080円
自動車税 2万8,800円 6万4,800円
自動車重量税 7,600円 3万400円
自賠責保険料 2万1,970円 8万7,880円
④点検・車検 6万4,050円 17万5,350円
12ヶ月定期点検 3万4,650円 5万7,750円
車検 2万9,400円 11万7,600円
⑤消耗品合計 8万2,200円 19万500円
コスト総額(①〜⑤) 157万6,560円 220万870円
【参考】3年後のリセールバリュー 46〜67%

例えば10年間で10万kmでのコスト総額を
同じガソリン車であるフィット13Lと比較した場合。

車両価格で50万円安く購入でき、ガソリン代でも14万円を節約。
税金で約40万円抑えることができるので、

フィット13Lと比較した場合には、
10年間で、合計100万円も費用を抑えることが可能になるのです。

つまりミライースこそ、
ハイブリット車はもちろん、低燃費なコンパクトカーよりも、
またPHV(電気自動車)より究極のエコカーとも言えるのです。

はじめて車を購入するおすすめなポイントとは?

はじめて車を購入する方におすすめなのは、

  • 新しいけど低価格
  • 燃費がめちゃくちゃ良い車
  • 維持費が最小限に抑えることができる
  • 外装や内装などの外観よりも基本的な走行性能

このような一台ではないでしょうか。

「こだわり」という部分で凡庸なのは否めないのですが、
現代では「ランニングコストがかからない車」が人気であり、実際に売れています。

そのニーズを満たしている一台が、
ダイハツの「ミライース」だと言えるのです。

材料費を徹底的に抑えたから「省資源化」に成功した。
省資源化に成功したので、「低燃費」を実現した。
また車両本体価格の「低価格」で販売することができるようになった。

「省資源」「低燃費」「低価格」
これが、ダイハツのミライースが出した「答え」と言えるでしょうね。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33

ミライースも発売から数年経過して、
ある程度「中古車」や「未使用車」が揃ってきました。

やはり中古車の在庫を確認するなら大手のメーカーが1番です。
ガリバーの累計販売台数は30万台。
累計買取台数は300万台。時間にすると、
4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。
しかも最大で10年の保証期間があるから、長く乗る愛車を探している方にはおすすめします。

できるだけ安く、さらに安心してクルマ選ぶなら、

⇒中古車のガリバーで格安中古車を購入しましょう。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 中古車を購入するための基礎, 車の選び方