クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

査定してくれるの?マニュアル車の売却が可能な3つの特徴

      2016/02/15

査定してくれるの?マニュアル車の売却が可能な3つの特徴

MT車って知っていますか?
え?知らない?まあいいか笑

一応、知らない方の為に説明しておきますが、
MT車とは(マニュアル・トランスミッション)の略です(以下マニュアル車)
その逆でAT車は、皆さんご存じの通り(オートマチック・トランスミッション
の名称です(以下オートマ車)。

両者の簡単な違いを一言でいうと、
マニュアル車が手動変速で、オートマ車が自動変換。
最初の画像にあるとおり、シフトレバーでギアチェンジしなければなりません。

余談はさておき、今はオートマ車の限定免許がかなり普及したため、
マニュアル車に興味がないユーザーも多いでしょう。

しかし、クルマ好きの間では、未だに人気が高く、
使用する地域や、使い方によっては、まだまだ有益性のあるマニュアル車。

それでは、本日の記事テーマでもある、
マニュアル車はまだ売却することが可能なのか
それとも、もう査定ゼロ円がほぼ確定しているのかを説明します。

マニュアル車の買い取りは不可能なのでしょうか?

マニュアル車の買い取りは不可能なのでしょうか?

やはりマニュアル車自体が減少傾向にあります。
需要がなくなっている事実も間違いありません。
運転操作も簡単で複雑な操作もないことから、女性や初心者カーユーザーにも人気なのです。

なので、同じクルマでもマニュアル車とオートマ車では、
99.9%オートマチック車のほうが人気があるために、
数年後に査定したとしても、買取価格も高額になるのです。
でも、一旦目線を変えて、
目線をずらしてマニュアル車を検証してみると、違った背景が見えてくるのです。
マニュアル車が好きなユーザー、愛してやまないユーザーがいることを
忘れてはいけません。

そんな、マニュアル車が大好きなユーザーの特徴に、
男のロマン、スポーツカーが存在があるのです。

やはり王道のスポーツカー

61IKCYhUqAL._SL1500_

やはり、昔からクルマ好きの連中は「マニュアルのスポーツカー」が好きな人が多い。

中にはオートマチック車で通勤をして、週末はマニュアル車で遊ぶといったような、
「使い分け」をしているカーオーナーも沢山います。

その中でも「スポーツカー」はやはり永遠のカタチなのです。

  • トヨタ:スープラ、MR-2
  • マツダ:RX-7
  • 三菱:ランサーエボリューション、GTO
  • 日産:スカイライン、シルビア、180SX、フェアレディZ
  • スバル:インプレッサ

などなど、未だに根強い人気がある車が沢山存在しています。

また、マツダのアクセラスポーツなどのように、
オートマチック車とマニュアル車の両ラインナップを、
購入できる車種もあるのです。

もちろん、年式や走行距離にもよりますが、
このように、運転を楽しむために特化したマニュアル車に関しては、
まだまだ査定が高くつく可能性はありますね。
逆に一般大衆車といわれる、特徴的ではない車は、やはり査定にて、
高額査定するには厳しいと言わざるを得ないのです。

一般的大衆的な「マニュアル車」は厳しい現実

逆に一般大衆車のマニュアル車は厳しいと言わざるを得ません。

燃費が良く、小回りが効いて、
走行しやすいコンパクトカーなどであればあるほど、
市場価値はオートマチック車が独占しています。

運転が苦手な人でも、走行しやすいという理由から、
また、車をただの移動手段として考えているユーザーなどから、
オートマチック車というのは身近すぎる存在です。

「燃費が良く、買い物などに使用するコンパクトカーが欲しいのですが」
という、中古車検討中ユーザーに「マニュアル車」を勧めても、
まず売れることはないでしょう。

AT限定免許普及率が95%と言われる、
昨今の免許事情の場合ですと、致し方ない部分でもありますよね。

でも、それでも「マニュアル車」の需要がある、
地域があることを忘れてはいけません。
おれは雪が降る地域、北海道や東北などがそれに当たります。

降雪地域、マニュアル車が人気の場合もある

北海道や東北などの降雪地域では、
まだまだマニュアル車は数多く走行しています。

その中でも案外多いのが軽自動車の4WD。
元々北海道4WDの比率が高いのですが、
夏はFF車のメインカーに乗って、
冬の雪が降りやすい時期に、マニュアル車の4WDに乗っている方がそれなりにいます。

これは、オートマチック車よりもマニュアル車のほうが
雪道や悪路から抜け出しやすい特徴があるからなのです。
マニュアル車の場合、2速発進ができるので、
雪道などから抜け出しやすい特徴があります。

さらにもうひとつの強みが、
エンジンブレーキが使いやすいので、
凍った路面に対して強いという利点があるんです。

北海道などのツルツル路面に対して、
フットブレーキを多用したり、強く踏んでしまうと、
そのまま横滑りしてしまいます。

これはABSが装着されている車だって一緒です。
でも、エンジンブレーキさえあれば、止まる寸前まで、
ブレーキの感覚を調整できるので、雪上での走行の多い地域では、
マニュアル車が未だに根強い人気があるのです。

趣味で使用しているユーザーも多い

その他にも、私の周りには、趣味で釣りをしている友達がたくさんいます。
釣りが趣味の方はどうしても釣れるスポットいく為に、
砂浜などにガッシガッシと入っていきます。

ジムニーやサーフ、ランクルなどは定番なのですが、
エクストレイルやラッシュ、さらにはの軽自動車の4WDでも、
グイグイと走破していくのです。

このように趣味で使用している方も多いことから、
マニュアル車も使用するユーザーによっては、
まだまだ人気があることから、高く売るチャンスも、まだあるんですね。

まとめ

以上のことから、
マニュアル車も買い取り可能な車があります。

その中でも、

  • 程度の良いスポーツカーのマニュアル車
  • 趣味で砂浜などに走破する、クロカン系マニュアル車
  • 悪路、雪道などで使用するセカンドカータイプの軽自動車4WDマニュアル車

などはまだまだ高価買取が期待できる人気車種であることは間違いないようですね。
なにはともあれ、諦めないでチャレンジすることが大切ですからね!

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を売る基礎知識