初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

車検を受ける

今回が最後の車検と考えているならどこで受ける(取る)べきか。

投稿日:

「今回で最後の車検にしよう」

そう思うほとんどの理由は、車がもう限界に近づいてきているから。

では、その問いにおける最適なのは一体どんな回答なのでしょうか?

たとえば、

・今まで何度も受けたことがあるディーラーで受けたほうがいいのか?
・それとも近くにある民間工場で受けたほうがいいのか?
・そもそも、車検が無事受かるのか?

などなど、車検自体が高額な費用が必要にからこそ悩みは尽きませんよね。

そこで私もディーラーで働いたことがある経験から、「最後の車検」「次の車への入れ替えも検討中」と考えている方に向けて、どの車検業者を使うべきなのかを解説します。

また、それと同時にイレギュラーなことが起こり、車検が通らなくなりそうならどのような対策を打つべきなのかも説明しましょう。

今回が最後の車検なら、どこで取るべきか。

ディーラーで車検を受けてはいけない。

結論からいうと、最後の車検のつもりならディーラーで受けるのはやめておいたほうがいいでしょう。

その理由は大きく分けて2つあり、

  1. 車検費用が民間工場よりもが高くなる。
  2. 他の業者に比べて車検基準のハードルが高い。

からです。

それぞれ説明します。

車検代が高額になる。

なんといっても1番の問題点。

「ディーラー車検は高い」ことは周知の事実。

トヨタのハイブリッドカー「アクア」の車検費用を比較してみると、オイル交換も含めていないベース金額の差は歴然で、楽天車検との値段の差の幅は約3万円にもなります。

内訳は見ると、すべて検査料を含めた整備費用の違いだということがわかります。

整備費用(検査料含み) 法定費用 車検費用
某ディーラー 52,002円 36,440円 88,442円
楽天車検 20,850円 36,440円 57,290円

これはトヨタでもダイハツでも一緒ですが、どんなディーラーでも整備代は非常に高額です。

確かに、ディーラーのほうが整備品質が高いのかもしれません。でも、3万円ほどの価格差ほどの価値はありません。

しかも、最後の車検なのに整備品質を求める必要もありません。

最後の車検と考えているなら、求めているのは価格だけ。

もちろんこれが新車を購入して初めてや2回目の車検とかって言うなら話は別ですよ。でも何度も言うけど、今回は最後の車検。

わざわざディーラーに頼る必要は、まったくもってないんですよね。

他の業者に比べてディーラーのほうが車検基準のハードルが高い

ディーラーはメーカー直通であり、また各陸運支局とのパイプも太いので他の民間工場と比べて車検基準のハードルが高くなります。

要は、車検の合否判定が厳しいのです。

たとえば、マフラーの錆ひとつとっても、民間工場なら「通る」けど、ディーラーなら「通らない・通せない」というパターンもあります。

タイヤの溝の限度摩耗である「1.6㍉」未満だった場合や、排ガスの基準であるCO・HCのパーセンテージが越えてしまった場合など、数字で見えるところはどこの車検工場でも合否判定できます。

でも、マフラーやボディの錆なのは、それぞれの整備工場の検査員の主観でしかないケースもたくさんあるんです。

もちろん、その整備工場の検査員がダメといったらダメ。

その主観の基準は、民間工場よりもディーラーの整備工場のほうが厳しいことは間違いありません。

最後の車検のつもりで安く抑えるはずだったのに、ディーラーに車検に出したおかげで、車検に通すためだけの費用が無駄にかかるのなら、わざわざ初めから出す必要はありません。

近くにある民間工場や楽天車検に出してみる。

最後の車検のつもりなら、わざわざディーラーに出す必要はありません。

たとえば、地元にある近くの民間工場に相談してみてはどうでしょう?

何も、見たこともないような、聞いたこともないような怪しい業者に頼む必要はありません。

現在、民間車検工場の整備品質は高くなっており、「車検のコバック」や「オートバックス車検」「エネオスDr.ドライブ」な充実しています。

 

もしくは、これらの民間工場を単発で探してもいいのですが、今挙げた業者や、それ以外の民間工場と数多く提携しているサービスがあります。

それが、民間工場加盟店数NO.1である楽天車検というサービスです。

楽天車検は申し込みをするだけで、あなたの住んでいる地域に最も適した車検センターを選ぶことができます。

また車検のベース金額をサイト内で調べてみると、ディーラーと比べて非常に安く、軽自動車の場合は約5万円前後で取ることも可能。

ディーラーの場合はどんなに安くても7〜8万円からなので、それに比べると車検費用を滅茶苦茶安く抑えることだってできます。

いずれにしても、一度事前見積もりをとる必要がありますが、近くに知り合いのいない方や、とにかく最後の車検なので安く済ませたい方は、楽天車検に頼ってみるのもありでしょう。

どうしても車検が「通らない」なら廃車買取に出してみる。

一方、ディーラーや民間工場どこで車検を出しても、「車検が受からない『通らない』」ケースもあります。

たとえば、車の腐食やサビが進行していたり、オイル漏れやエンジンの水漏れなどが酷くもう限界を超えており、次の2年間の車検まで乗られる保証がないという状態です。

そうなると、ディーラーや民間工場を含め、どこで車検を出そうとも不合格になってしまいます。

もちろん、車検が受かる(通る)ように修理費用をかければ合格することはできますが、そのために莫大な必要を掛けなければならないかもしれません。

それならいっそのこと、考え方を180度変えて車検を取らずに売却してみることも視野に入れてみましょう。

もちろん、そのまま売却というわけではありません。

車検が受からないような状態で査定をしても0円になるのは確実で、しかも廃車手数料まで取られる可能性がありますから。

それなら、廃車するような車の買取を専門としている「カーネクスト」という買取サービスなら、今回のように車検が切れそうな車、状態の悪い車でも買取してもらうことが可能です。

もちろん、日本全国どこでも無料で出張査定・引き取りしてもらえるので廃車手数料を含めた余計な費用もかかりません。

廃車する月によって違いますが、先に支払いが済んでいる自動車税が戻ってくるメリットもあります。

しかもカーネクスト最大の特徴である「0円買取保証」を約束してあるので、引き取りを拒否や処分料を別途請求されることは一切ありません。

安く車検を取るつもりが、見積もり額が余計に高くなったおかげで、処分することを余儀なくされてしまったのなら、手数料のかからないところを選びましょう。

車検が取れないという事実を受け入れたのなら、早く次のステップに向かうことも考えましょう。

まとめ

今回が最後の車検で、今後は「最長でも次の車検までの2年間しか乗るつもりがない」と考えているなら、

  • ディーラーでは車検を受けない。
  • 費用が安い楽天車検を利用して費用を少しでも抑える。
  • 車検がどうしても通らないなら廃車買取サービスを利用する。

この3つを念頭におけば、失敗することはほとんどありません。

あとは、あなた自身が今の車をどれぐらい乗るのかだけを考えておけばいいのですから。

昔は「車検はディーラーで受けるのが当たり前」という風潮がありましたが、今ではそんなルールどこにも存在しません。

そう考えてしまうと、この先もディーラーでしか整備ができなくなります。

まずは、常識を疑って何事も行動することが大切です。

事前見積もりを予約して、価格に満足ができれば車検を実施する、そして同じ楽天サービスである楽天カードを持っているなら最大で1600ポイントが受け取れるキャンペーンも実施しています。

車検にかかる費用は、少しでもポイントとして取り戻しましょう!

►►楽天車検でお得に車検を受けてみる。

スクリーンショット 2016-06-18 3.42.22
処分に困っている車。

例えば、事故車・不動車・多走行車だけではなく、車検切れや水没車なども買い取りが可能です。

通常このような訳アリ車を廃車業者に委託すると、当然手数料が必要になります。

業者によっては30,000円〜50,000円のような場所もあります。

なので、車の処分にお金をかけたくない方にオススメ。

もちろん、どんな遠方の距離でも、手数料が完全無料です。

►►廃車買取カーネクストで無料査定を申し込んでみる

 

-車検を受ける

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.