初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

カーナビゲーション

キャストに相性抜群!おすすめカーナビゲーションとは!?

投稿日:

新車のダイハツキャストに、パナソニックのストラーダシリーズRE-04WD』というカーナビゲーションを購入しました!

車種、グレードや装備も問題なく決まりましたが、最後までどの機種にするか悩みました。

なぜなら、カーナビはスマホとは違って一度購入すると買い替えなどあまりしないからです。

そこで今回ストラーダを悩んだ理由として、

  • 予算5〜6万円ぐらい
  • iPhoneやiPadとの連携
  • 純正ステアリングスイッチが使える
  • 使いやすい

などを選ぶ基準としてました。

結果的には、最高の買い物ができたと思っています。

キャストにパナソニックストラーダ「RE-04WD」レビュー

パナソニックストラーダ「RE04WD」の詳細

今回購入したカーナビゲーションはこちらパナソニックのストラーダシリーズ「RE04WD」です。

まず簡単に、購入先であるAmazonにて、商品の特徴が掲載されていたので紹介しておきます。

・メモリー:SD16G
・画面サイズ: 7V型ワイドVGA
・画面操作:感圧式タッチパネル
・スマホ連携:NaviCon
・ダイレクトレスポンス
・安心運転サポート
・逆走注意アラーム

基本的な機能はだいたい網羅されています。

ワイドタイプのRE04『WD』を選択した。

車が「ダイハツ」なので、ワイドタイプに当たる「04WD」を選択しました。

「Wですよ。W」

トヨタやダイハツなどは200mm幅のワイドサイズのカーナビを装着が可能です。

ちなみに標準サイズは「RE04D」という型番で、横幅に大きな違いがあります。

具体的には、外形が約50ミリ違うんですね。

一方、カーナビ本体の外形の違いはありますが、液晶サイズに違いはありません。

ボタン操作が右側に集まっているだけなので、「04WD」のほうがワイドだから液晶サイズが大きいと勘違いしないようにしましょう(まあそれだけで操作性は全然違うんですが)

出典:ストラーダ

※左が「04WD」右が「04D」

キャストにストラーダを装着して使ってみた感想

使ってみた印象としては、やはりカーナビとして定番モデルになるストラーダ、全ての機能が高いレベルで実装されています。

まずは、VGA7型液晶画面の見やすさ。色鮮やかに鮮明です。

 

また、スマホとの接続も良好。

本機とBluetoothでペアリングすることで、私のもっている「iPhone」内の音楽を簡単に再生することができます。

 

もちろん、動画の方との相性も良く、むしろ私はこちらをメインに使っています。

私、個人的にプライム会員や、Huluなど動画サービスに両方加入しているほどの映画好きですが、10インチサイズであるiPadとストラーダですることで、「モニターはiPad」「音声はカーナビ」という状態を作り出すことができます。

しかも、WiMAXも同時契約しているので、動画はほぼ見放題で車の中で暇をしない充実ぶり!

かんたんに車内に映画環境を作れるので、わざわざDVDを借りに行く必要がない!(嬉)

 

その他にも操作性が快適、フリック入力が使えるのも大きなポイント。

スマホ操作に慣れていると、カーナビの液晶操作にストレスが感じますが、それに比べてストラーダのカーナビはタッチパネルの感度が抜群によい。

その他、細かいことをいえば、ダイハツキャストはステアリングスイッチが標準で装着されていますが、スイッチ操作1つで曲順の変更ボリュームの調整などハンドル操作だけでほとんどのことができてしまいます。

控えめにいっても、大きなマイナスポイントが見当たりません。

昔、20万円ぐらいのローンを組んで苦労して購入したカーナビなんかよりも、遥かに使い勝手が良く、それらを含めたコストパフォーマンスは信じられないぐらい高みに達している実感しました。

もちろんバックカメラにも対応します。

ちょっと今回のテーマとは話が逸れてしまうけど、せっかくカーナビを新調するのですからバックカメラも装着するべきでしょう。

装着してみた感想は色鮮やかに鮮明、周りの風景がくっきりと見ることができます。

「軽自動車にバックカメラなどいらないのでは?」と突っ込まれるかもしれませんが、今ではボディサイズに関係なく周辺モニターの装着は標準化されています。

とくに、ストラーダにバックカメラを取り付けてみたところ、視認性が格段に上がりました。

もちろん最終的には目視での確認は必須です。

でも、バックカメラに映らず、仮に人がいた場合、「もはや幽霊としか言えない」ぐらいの映像レベルになってきたと言えるでしょう。

価格も9,000円でめちゃくちゃ安く購入できます。

1万円を切る価格で、無駄な事故を減らすこと考えたら絶対に投資しておくべきでしょうね。

まとめ

せっかく新しい車を購入したのだからカーナビも新調したいところ。

住宅を買うと家具を買いたくなるように、美容室で髪を切れば洋服を買いたくなるのと一緒ですよね。

確かに、今回紹介したストラーダは、アルパインの『ビッグX』のように車種別専用設計ではありませんが、汎用タイプでもここまで満足度の高いナビゲーションを装着することができます。

とくに、価格を抑えて購入したキャストのような軽自動車に装着するなら、同じくカーナビもリーズナブルに抑えることが重要。

その点でいえば、6万以下で購入できるこちらの「ストラーダのRE04WD」はめちゃくちゃおすすめです。

これからあなたの愛車となる、キャストに装着してみてはいかがでしょう。

楽しいドライブの道案内として、快適な運転をさらに向上させる相棒としてきっと後悔しない選択になるのですから。

カーナビ1つで、ホント運転の楽しさって大きく変わりますからね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►愛車の無料一括査定はこちらから

 
かんたん一括査定ガイド

-カーナビゲーション

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.