初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

車の故障トラブル

冬場や雨の日の信号待ちでエンジンから「キュルキュル」と高い音がする原因

投稿日:

エンジンルームから、「キュルキュル」と高い音が断続的に鳴って困る!

しかも音が続いている間、周りの人こっちを見ているのでめちゃくちゃ恥ずかしいんですよね(しかも笑ってる涙)。

その中でもとくに、

・気温が低くなる「冬場
・エンジンが冷えている朝一発目の「冷間始動時
・湿気の多い「雨の日

でのタイミングで鳴るのが非常に多い気がします。

もちろん、異音がする原因は必ず存在します。

そこでこの記事では、エンジンからキュルキュルと高い音がする原因と、解決方法について解説します。

雨の日やエンジン冷間時に「キュルキュル」と音がする原因

「キュルキュル」音の原因はベルト鳴き。

結論からいうと、異音の原因はファンベルト

ファンベルトが滑っていると、このように高い音します。

ファンベルトは車の動脈の役割を担っており、もしベルトが切れたり、張りが弱くて十分に伝導性能を発揮しなければ、エンジンのオーバーヒート、発電不足、バッテリーあがりなども誘発します。

また、オルタネーター(ダイナモ)、またウォーターポンプなどと駆動しているのですが、ベルトと補機類のプーリーの張りが適正じゃなくなると、滑ってしまい高い音が発生してしまうんです。

とくに、「冷間時」「雨の日」「寒い日」の3つの条件が重なった状態で始動すると、より大きな「キュルキュル音」が発生します。

ベルト鳴きを修理するためには、交換or調整

ベルト鳴きを修理するためには、まず張りが適正かどうか判断する必要があります。

ベルトの張りは車種ごとの点検基準によって条件が異なりますが、中央を押してみて異常な緩みがないか押したり、引いてみます。

 

また、張りが適正のようなら、ベルトが劣化している可能性が高く、交換が必要です。

たとえば、

・側面の亀裂
・裏面の亀裂
・ベルトの繊維が飛び出している
・ゴムの剥離

など、してる場合は、交換が必要です。

しかし、このあたりはベルトを取り外してみなければ、判断が難しいです。

いずれにせよ、アイドリング中にキュルキュルと高い音がしていると、ベルトになんらかのトラブルが発生しているので、早急に整備工場にいって対応してもらいましょう。

修理費用は、高級車や旧車など、よほど特殊な車じゃない限り1万円以下で修理できます。

まあ、それでも修理代を支払いたくなかったり、近くに整備工場がなかったりする場合には、ベルト鳴きスプレーで解消するケースもあるので、試してみるといいかもしれませんね。

まとめ

信号待ちの最中にキュルキュル高い音が鳴り響くと、めちゃくちゃ恥ずかしいです。

その原因は、ファンベルトが減っているか、緩んでいるかのどちらか。

極稀に、ベルトを受けるプーリー側の損傷で異音がすることもありますが、ほとんどの原因はベルトでしょう。

いずれにせよ、整備の知識や経験がなければ、整備工場に持ち込んで修理してもらえればいいでしょう。

もし仮に、知り合いに修理工場がなければGoo Pitで見つけることも可能。

なるべく早く対応して、あの恥ずかしい思いから解放されてくださいね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-車の故障トラブル

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.