初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

ネット中古車販売

車の個人売買の不安をサポートする業者「クルモ」が安心な理由

投稿日:

クルモは個人売買のをサポートする業者

中古車を購入するルートのひとつとして個人売買は昔から確立されています。

とくに個人売買のメリットは、販売店で購入するよりも安く中古車が手に入ることです。

通常、中古車購入時には、

買い取りする業者

オークション

中古車販売店

など、業者を挟めば挟むほど手数料という中間マージンが被さってくるので、中古車を高くなってきます。

でもその一方で、個人売買で中古車を購入する場合の必要経費は車両代金だけで済みます。

ただしメリットの裏にはデメリットもあり、取引を個人同士に委ねてしまうので、素人同士のやり取りになりその結果リスクも発生する。

もちろん取引する相手が誠実な方ならまだいいですが、素人を装った悪質業者がいるのも事実で、もはやそんなのリスクでしかありません。

そこで、そのリスクを限りなく少なくするにはどうすればいいのか?

結論を先に言ってしまうと、リスクを減らすには仲介人が間に入ることで、その中でも車の個人売買をサポートするフリマサービス「クルモ」という新しいサービスを利用することで解決します。

そこでこの記事では、個人売買を取り扱う代表的なサービスである「ヤフオク」やジモティー」を紹介した上で、車の個人売買をサポートするフリマサービス「クルモ」について詳しく説明していきましょう。

►►クルモで個人間取引サービスの無料登録をする。

車の個人売買をサポートする「クルモ」が安心な理由!

在庫車は多いけど、取引は個人同士に委ねられる「ヤフオク」

クルモを紹介する前に、個人売買を取り扱う代表的なWebサービス「ヤフオク」について解説します。

ヤフオクの魅力は何と言っても、掲載数利用者数が最大級であること。

当然利用者数が多いから「売り手」と「買い手」が早く見つかる可能性が高いです。

在庫車の種類も色とりどりで、同じ車種でも状態を比べる中古車店などのことも可能です。

一方、よく言われているデメリットが当事者間のやりとりにすべて委ねられているのでトラブルが発生した場合、大抵は自己責任になると考えた方が良いでしょう。

車の状態で食い違いが発生することも多く、輸送費や名義変更、さらには輸送したあと最初になかったはずの車の傷があるなど、トラブルもよく聞くので個人的にはお勧めできません。

地元に特化して個人売買をするなら「ジモティー」

出典:ジモティー

ジモティーでも中古車を個人売買することができます。 ジモティーとは、地域に特化した地域別に情報が一覧化された掲示板。

月々の利用者は、全体の数で約1000万人。

観覧&掲載ともに無料でてきます。

ジモティーの魅力は、近場で気軽に中古車を探せることと、個人売買故に、車にかかる費用以外は完全に無料だということ。

こちらもヤフオクと同様に、無料で「売り手」「買い手」を見つけることができ、さらには住んでいる地元で見つかる可能性もあります。

ただ一方で、ヤフオクと同様に当事者間のやりとりに委ねられているのでトラブルが発生した場合は買い手に不利になる可能性があります。

ジモティーはヤフオクよりも個人売買の色が強いので支払いにローンが使えず、柔軟性がありません。

地元で見つかる安心感とより個人売買が強い特色を天秤にかけ、選んでみるといいのかもしれません。

個人売買の弱みを解決するサービス「クルモ」

ヤフオクやジモティーのような個人に完全委ねる取引とは違って、業者が個人の間に入り売買を支援するサービスがあります。

それが「クルモ」という新しい形の個人間取引向けのサービスです。

クルモのメリットは、輸送、陸送や名義変更など、面倒な手続きを代行してもらうサービスです。

もちろん買うだけではなく、出品の代行も行っており、ヤフオクに代行して車の掲載も可能。

つまり、買いたい人と売りたい人をマッチングする結婚相談所のような役割を担っており、完全な個人売買するよりかは一定の安心感を得ることができます。

もちろん、輸送や名義変更の手続きを代行してもらうことはもちろんのこと、それ以外にも車両料金の受け渡しの手続き代行もしてもらいます。

・・・・・

そのかわりと言ってはなんですが、出品側にしても購入側にしても車両成約時には別途5万9,400円の代行手数料がかかりますが、安心感という武器を手に入れることができれば、代行手数料も我慢できるはず。

遠い場所から車を手配したり、会ったこともない人の名義を変更することって案外ストレスになりがちです。

そのストレスから解放されて業者に任せてみると、ただの中古車販売店で購入するより安く、完全個人売買のところで購入するよりも安心して個人売買をすることができます。

もちろん、GMOカーズという運営会社を挟むので、車両の支払いローンに対しても柔軟です。

たとえば、住信SBIネット銀行やアプラスのオートローンを組むことも可能で、一括払いのみの対応ですがクレジットカードも利用することができます。

クルモはリスクと予算のバランスをと上手にとりながら、できるだけお得に手間を省いて、車を売買することが可能になっています。

ちなみに、今回紹介した個人売買を取り扱う3つの代表的なサービスを表にしてみました。

ヤフオク ジモティー クルモ
運営 Yahoo!Japan ジモティー GMOカーズ
店舗 なし なし 加盟店3000店
出品制限 × × 未納税、盗難車など常識から逸脱していないなら可
査定 × × ×
手数料 出品者 3024円 無料 成約時|59400円
出品、落札、出品取り消しごとに発生 車両料金の受け渡しの手続き代行費用
ヤフオクに出品も可能、その際は3024円
成約時|59400円
購入者 無料 購入者も手続き代行料が発生
ローン アプラスのオークションローン × 住信SBIネット銀行
アプラスのオートローン
カード ヤフーかんたん決済 × 一括支払いのみ
納車 ×
当事者間で実施
×
当事者間で実施

輸送・名義変更代行あり
メンテナンス × × 一部条件にて、車両点検と中古車保証プランも
会員登録 必要 必要 必要
返品 当事者間に委ねられる 当事者間でに委ねられる ×
現車確認 当事者間に委ねられる 当事者間に委ねられる ×

まとめ

2014年から国の消費税が5%から8%に引き上げられたことをきっかけに、消費税が発生しない個人間取引を対象としたビジネスモデルが注目されるようになりました。

そのうちのひとつが、中古車の個人売買です。

でもやっぱり「個人売買ってわかんないし、やっぱりなんかちょっと不安!」という方が多いのが実情で、それならよりリスクを少なく中古車を購入できる業者を挟むと安心なのかもしれません。

それなら、「簡単に安全に取引できるクルマのフリマサービス」をモットーに運営しているクルモ無料会員サービスだけでも登録だけでもしておけば、今後に役立つこときっと間違いないでしょうね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-ネット中古車販売

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.