クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

購入・維持費を抑えるなら軽自動車よりも4ナンバー軽貨物車で決まり!

   

名称未設定.001

どれだけ安く車を購入できても、維持費が高ければあまり意味がありません。

格安で買って、なおかつ維持するにも困らない。
この条件を満たしている車は「軽自動車の中古車」しかないのですが、
その中でも、「軽貨物車」いわゆる「軽バン」で決まりかもしれませんね。

►►厳選軽自動車をガリバーで探してみる。

価格は同じ年式に比べて安くなる

4ナンバーの軽貨物車の特徴は車両本体がとにかく安いこと。
これに尽きると思います。
同じ年式、同じ走行距離、同じ名前の車でも
5ナンバーの軽よりも4ナンバー軽バンの価格が明らかに違います。

なぜなら、4ナンバー軽貨物車は、
走行するための機能を絞ってあり、余計な装備を絞っているからです。

例えばスズキのアルト。
左は1,000km走行の26年式の5ナンバーのアルト約90万円にて購入が可能ですが、
右の26年式のアルトバンは、未使用車であるのにも関わらず15万円安い、
約75万円で購入ができます。

51187237LF004
51260722LF001

もちろん、機能を絞っているからといっても、

  • エアコン、パワーステアリング
  • オーディオ
  • オートマチック

など、走行する文に基本的な装備はすべて装着されています。

4ナンバーだからと言って1年車検ではない。

0473cade02b59296173de49b4fe3b106_m
「4ナンバーなら1年車検じゃないの?」と思うかもしれませんが、
4ナンバーの軽貨物車の場合には、通常通り2年車検になります。

車検は5ナンバー軽自動車と、内容はすべて一緒。
商用車だから、車検費用が多くかかるということには、
なりません。

例えば小型貨物車の場合には、
「乗用タイヤ」を履くことができずに「貨物車専用のタイヤ」を
装着する必要があります。

また、荷室と運転席を仕切る「仕切り棒」なども必要なんですが、
軽貨物車の車検には必要がないのです。

軽貨物車と言っても、普通の軽自動車のような取り扱いが
できることが大きなメリットのひとつなのです。

軽バンのほうが維持費が安くなる

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_m
軽貨物車のほうが。同じ軽自動車よりも
年間の維持費が安くなります。

例えば、毎年5月に支払いをする自動車税も
5ナンバー軽自動車よりも4ナンバー軽貨物車のほうが安くなります。

例えば、軽自動車は7,200円に対して、貨物車は4,000円。
年間で約3,200円近く安くなるのです。

また自動車保険も若干ですが、
4ナンバーの軽自動車のほうが安くなります。
維持費を、ギリギリまで抑えたいならおすすめです。

ただし、1点だけ注意が必要です。
4ナンバーの軽貨物車はあくまで商用車というカテゴリーになります。
運転者家族限定などが付帯できない可能性もあり、
また、付帯できたとしても保険料が高くなる場合があります。

もしも、軽貨物車を乗るのであれば、
自分ひとりで乗る」ぐらいでないとメリットが逆にデメリットに
なる可能性があるかもしれませんからね。

自動車保険一括査定見積もりで保険会社の価格を比較して、
もっとも安い損保会社で加入してもいいでしょう。

年間の自動車保険の保険料を抑えることも、
維持費を抑えるには必要ですから。

軽貨物車にもデメリットはある

維持費と購入費用だけを考えると、
いいコトずくめの軽貨物車なんですが、
メリットだけではなく、デメリットも当然あります。

ただ、9割以上は見た目の話になってしまいます。

軽貨物車のデメリットを挙げてみると、

  • ドアキャッチが黒色の樹脂製で地味である。
  • サイドミラーが黒色の樹脂製で電動格納しない
  • パワーウインドウがなく、手で回すタイプである
  • 貨物車はアルミではなく、スチールホイールがほとんど。
  • ワイヤレスドアロックがない。

など、ビジネスモデルと想定して作られているため、
見た目が地味で、機能面に関しても必要な部分しか揃っていません。

確かに、見た目は地味なのかもしれませんが、
走行する上で、致命的なマイナスポイントはありません。

購入費や年間の維持費を本気で抑えるつもりなら、
このぐらいのマイナスポイントを気にしてはいけないでしょう。

まとめ

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_m

  • 価格は同じ年式に比べて軽貨物車は安くなる
  • 4ナンバーだからと言って1年車検ではない。
  • 軽貨物車のほうが維持費が安くなる

通勤用の足として自動車が必要であったり、
購入費や維持費に不安を感じているなら、
極限まで機能を絞ってある軽貨物車を選ぶべきです。

安い車を買うことだけしか考えていない方もいますが、
より大切なのは、購入後どれだけ無理なく維持できるかどうかですからね。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33
やはり中古車の在庫を確認するなら大手のメーカーが1番です。
ガリバーの累計販売台数は30万台。
累計買取台数は300万台。時間にすると、
4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。

また車種により、最大で10年の保証期間があるので、
長く乗られる愛車を探している方にもおすすめです。
在庫の7割近くが未公開車両。 あなたの条件に合う最高の1台を見つける。

►►厳選軽自動車をガリバーで探してみる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 中古車を購入するための基礎