初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.新車におすすめ!ガラスコーティングは「ピカピカレインプレミアム」で決まり!

高く売れる車の特徴

多少故障があったとしても軽トラなら高く売れる3つの理由

更新日:

軽トラや軽キャブなど商用車なら、多少状態が悪くても高く売れるって知っていましたか?

軽バンは、ファッション的な要素は全くありませんが、商用車としての使い勝手が高い故に仕事用の車として多くの仕事・商売人に絶大な人気を誇っています。

そして、仕事や商売をするときにメリットがたくさんあるからこそ、市場でも価値が上がります。

その結果、軽商用車なら普通車に比べて外装や内装の状態が悪くても、また小さな故障を抱えたとしてもマイナス査定になりにくく高く売れる傾向があります。

今回の記事では、黄色ナンバーである軽商用車がなぜ高く売れるのかについて解説していきます。

もし、あなたの軽バンが故障や車検が切れていて、廃車にしようしているぐらいなら早まった行動をしてはいけませんからね。

軽トラや軽キャブなど「軽バン」が高く売れる3つの理由

ナンバーを取り外しても大丈夫!サイズが小さい割に仕事で大活躍

軽トラックや軽キャブなど、軽商用は仕事や商売をするうえでパートナーとなる存在です。

下の資料を見てもらったとおり、軽バンの主な使用用途は、

  • 配達や仕入れ
  • 工場内への足代わり
  • 田畑への往復や農作物の運搬

など、仕事や商売をする上で、様々な役に立っているのです。

しかも、工場への移動や、田畑への往復などは職場の敷地内のみで使うので「ナンバープレートを取り外した状態」で運転しても何ら問題はありません。

ナンバープレートさえ取り外してしまえば、自動車保険をかけたり車検を取る必要もありません。

仕事で使う分のガソリンや、最低でも自賠責保険だけかけておけば良いでしょう。

つまり、軽バンは大切な仕事用の車をコストをかけずに乗ることができるので、価値が非常に高くなっているのです。

軽商用車はランニングコストが安い!

また軽商用車が人気の理由のひとつに他の商用車よりもランニングコストが安くなる傾向があります。

例えば、最強の商用車である「ハイエースバン」や、走る割に荷物も多く積み込める「サクシード」「プロボックスバン」などと車検費用を比較してみると軽商用車である「ハイゼットバン」がもっとも法定費用のコストが安くなります。

ハイエースバンが年間で34,770円、サクシードバンが25,070円に対して、ハイゼットは1年間の法定費用がたったの16,385円しかかからない計算となります。

その結果、ランニングコストが安いこともあり、最近では商用車の保有台数の比率も大きく変わってきているのです。

実際に保有台数の比率を見てみると、乗用・小型商用車の41%の割合に対して軽商用車の59%と大きく上回っていることがわかります。

それだけ仕事用に使う車に対するコストを、より少なくしたいからこそこのような結果になっているのです。

それだけ、4ナンバーの軽バンは、市場に必要とされているがために買取査定額も高騰してきている傾向があるんです。

市場に出回っていないから

軽商用車にニーズがあるということは、販売する側も「売れる車」だということがわかりきっているので、中古車市場に状態の良い中古車はあまり出回りません。

あったとしても「新車が買えるんじゃね?」というぐらい高額になってしまうのです。

もちろん、仕事で使うのに状態が良いに越したことはないのですが、実際には多少程度が悪くも「乗られれば良い」と割り切った考えで中古車を探しているユーザーも多いのです。

状態が良い軽商用車のほうが高く売れるのは間違いありませんが、決して諦める必要はありません。

  • 外傷があり、多少ボディの状態があまり良くない。
  • 車検が切れてしまって不動車の状態になっている。
  • 故障して、エンジンが始動できない。

など、現時点で100%の状態じゃなかったとしても、売れる車なのは間違いないでしょう。

まとめ

軽商用車は、多少状態が悪くても車検が切れていてもその使い勝手が故にいつまでも人気があります。

使い倒すことを前提としているので、エンジンやミッションに致命的なダメージでもない限りいつまでも働く人にとっての相棒となりえるのです。

誰だって仕事用の車にお金をかけたくありません。

そんな、

  • 自動車税が安い。
  • 自動車保険料も安い。
  • 燃費が良くガソリン代も安い。
  • トータルのランニングコストも安い。

軽商用車は、仕事や商売で良きパートナーとなるからこそ、状態が多少悪かったとしても高く売れる貴重な1台になるんですね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-高く売れる車の特徴

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.