初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

車を売る基礎知識

車を買ったところで売るのは正しい?それとも間違い?

更新日:

車を売るつもりなんだけど、買ったところで査定したほうが高くなるの?

新しい車を買うときには下取りしてもらい、もう愛車が不要になり手放すつもりなら買い取りしてもらう必要がありますよね。

特に新車の下取りについては「査定額がどれぐらいになるのか」が購入への大きな鍵へとなります。

なぜなら、昔のように新車の値引き額が多くないので、下取りの増額できるかが安く購入できる秘訣だからです。

そこで、現在乗っている車を下取りや買い取りをするなら、買ったところで査定してもらうべきなのか。
それとも、また違う場所、違う方法で査定をしてもらうべきなのか。

シチュエーションにもよりますが、車を引き取ってもらうために、もっとも最適な方法や場所を解説していきます。

いずれにしても、あなたが次どのような場所で車を購入するのかで売却先は変わっていくのです。

車を買ったところで売るのは正しい?それとも間違い?

次の車も同じところで購入なら正しい。

もし、あなたが新しい車を購入する販売店先が前回と同じ場所なら、そのまま下取り査定に出すのは当然で正しい選択です。

なぜなら、前回と同じ販売店で購入するということは、担当営業スタッフが決まっているので付き合いもある程度長く、下取り額の増額が期待できるからです。

もうあなたは一見さん(あるお店に何らの面識なく初めて訪れた人)ではありません。立派なリピーターなんです。

例えば、あなたの今まで乗っていた愛車の価値が「25万円」がだったとしましょう。

もし新しい車の価格が300万円、値引き額の限界が10万円だったケースでは差し引いた場合には、

新車300万円−(値引き額10万円+下取り査定額25万円)=265万

下取りと値引き額35万円が差引かれ、265万円での購入となります。

 

ただ、あなたの予算の都合で、どうしても40万円の値引き額が必要になったとしても、どんなにワガママを言ったところで値引き額の限界値は変わりません。

ところが、値引きが無理だと考える営業スタッフは、下取り額を5万円上乗せすることで値引き額を実質30万円とすることが可能になるのです。

つまり、ざっくりと計算すると、

新車300万円−(値引き額10万円+下取り査定額25万円)=265万

だったはずが、下取り査定額を5万円アップさせることで、

新車300万円−(値引き額15万円+下取り査定額25万円)=260万

と、目標金額である実質40万円の値引き額に到達することができるのです。

それだけ、購入する先で査定をすることは一定の効果が期待できます。

違う場所ならそこで下取りしてみよう。

もちろん、前回とは違う場所で購入するとしても、基本的には新しい購入先で下取りしてもらう必要があります。

もちろん査定額が上がる理屈は、先ほどの全く同じで新車の値引き額を増やすことができないから。

ただ、前回とは違いあくまであなたは一見さんで、はじめての場所で購入するので、新しい営業スタッフによっては下取り額を一切アップしてくれないところも存在するので注意が必要です。

まだ素性も何もわからない一見さん相手に、下取り額をかんたんにアップするほどディーラーは甘くはありません。

それなら他社でライバル車などを見つけて比較して値引き額を高くしてもらうほうがよっぽどかんたんです。

もちろん、値引き額にも限界があるのでそのあたりのラインについては駆け引きが必要になってくるでしょう。

詳しくは、車本体の値引きを限界額まで引き出すための効果的な3つの方法でも書いているので是非参考にしてもらいたいです。

また、その車を購入した先で、買い取りだけをお願いするのはやめておきましょう。

なぜなら、購入もしないくせに買い取り額が高くなるほど、販売店はお人好しではないからです。

販売店はあくまで、車の販売がメインであり買い取りは「おまけ」にすぎません。

もし買い取りだけをしてもらうなら、次に紹介する一括査定をしてもらうべきでなんです。

どこで購入するにしても、また手放すだけでもまず一括査定を試すべき!

ただ、前回の同じ場所で購入するにしても、また違うディーラー販売店で購入するにしても、さらに手放すだけだとしても、ひとつの場所で査定をするだけでは、あなたの車の本当の価値を正確には計ることができません。

下取り査定と同様に、買い取り査定に出してみることも必要なんです。

例えば、最大で10社という多くの業者で買取査定を比較することができる、かんたん車査定ガイドで一括査定を行うと本来の価値、つまり正確な査定額を知ることができます。

例えば、2009年式走行距離50000〜60000kmのウィッシュは、A社が80万円、B社が105万円、C社が90万円と、買取価格25万円の差がつきました。

 

一方で、2010年式30000〜40000km走行した30系プリウスの査定額を、ディーラーと一括査定で比較したところ、
下取り額が70万円に対して、一括査定が127万円と、なんと
57万円もの差がつく結果となったのです。

つまり、下取り査定だけであなたの車の価値を判断するのは、すごくもったいないことをしている可能性があり、下取り査定と同様に一括査定も試すことで、もっとも高いプライスをつけてくれる場所を見つけることができるのです。

言い換えれば、もっとも高く売る機会を損失しているのです。

もちろん、下取り車がなくても同じで、もし新しい車を購入する予定がなく手放すつもりでも、単一で買い取り査定をおこなうディーラーよりも、複数で価格競争できる一括査定のほうがライバルが多く、高価買取の期待が持てます。

しかも、一括査定に加入している業者は、ガリバーやカーセブン、カーチスなど、JADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業ばかりです。

なので、買い取りしたあと査定額が変わったり、下がったり断られたりする余計な心配もいりません。

さらに、どれぐらいの価格になるのか実際に査定額が算出する前に、相場もわかるので予算とあまりにかけ離れていないか事前に予想を立てることも可能になっているのです。

査定額が25万円と予想していたのに5万円だったらびっくりして売る気もなくしますが、予想金額と大きくかけ離れていなければ売却も視野に入っていくことでしょう。

しかも予想以上に高く売れるに越したことありません。

いずれにしても、もっとも大切なことは「高く売る」それだけです。

それなら、購入先で下取りすることと同様、いやそれ以上に一括査定であなたの車の相場と欲しがっている業者をみつけるほうが早いのです。

まとめ

以上で、今までの話をまとめに入りますが、

  1. 購入先で値引き額増大のためにも、下取り査定を行うべし!
  2. 購入店舗以外、例えばディーラーでの買い取りにあまり意味はないし査定額も低くなりがち。
  3. 下取り額をさらに増大させるためにも、一括査定は絶対に試すべき!

結局、根本的にはすべて価格を比較することで、より価値が高くなるんです。

プリウスやアクアの値引き額が多い理由には、「トヨタ」「トヨペット」「カローラ」「ネッツ」店などで併売しているからで、ヴェルファイアの値引き額が増えるのは、同じトヨタのアルファードやセレナとライバル車があるからです。

比較対象のない評価(査定)など、当てになるわけありません。

それなら、買い取りだって競争に持ち込むことで、あなたの満足がいく結果になる可能性が非常に高くなる秘訣なんですね。

車一括査定がおすすめ
私も以前、新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-車を売る基礎知識

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.