クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

はじめて車を売るなら「査定士」の存在を知っておきましょう。

      2016/04/15

28d4a454210da9e6eef18812307d2225_m

「車を売ろう」となったときにまず、やるべきことは「査定」ですよね。
では査定って基準のようなものがあるのでしょうか。

買い取い店やディーラーが、
会社独自で価格を判断して決めているのかと
思われがちですが、決してそんなことはありません。

査定には、正式な基準がやルールががあるのです。

今日はJAAI(日本自動車査定協会)で提唱している
査定のルール、また査定士の基礎知識についてお話します。

車の「価値を金銭」に換算する査定と一体はなにか?

ぼくの車いくらで下取ってくれるかなぁ?

この査定価格少し安いんじゃないかなぁ?
査定価格はどうやってきめるのかなぁ?
自動車ユーザーのこんな疑問や不安をなくすために、

一般財団法人日本自動車査定協会が経済産業省と、
国土交通省の指導のもとに設立され、
「中古自動車査定制度」を運用しています。

この制度は、消費者に安心を与えることを目的とし、
中古自動車の流通がスムーズに運ぶよう考えられています。

査定とは、買い取りする車を会社独自の判断ではなく、
明確なルールにおいて、適正に判断します。

私も査定士の資格があるので、
このようにホワイトブックと言われている
査定表を持っています。

これはなにも、珍しい本ではなく、
ディーラーや買取業者などが、
当たり前のように所持しているのです。

IMG_3857
実際に私も現場で査定をおこなっていたときには、
このホワイトブックを携帯していました。

この本を参考にしながら、査定する車の「加減点」をして
数字として表して、最終的な査定額をお客さんに伝えていたのです。

なので、ホワイトブックを見ながら査定さえすれば、

  • エンジン周りや下廻りの状態
  • 外装(ボデーの状態)
  • 内装(室内の状態)

など、ある程度は、明確な基準が掲載されているのです。

このような基準となるルールがあるおかげで、
査定価格に大きな開きがないと言われているのです。

査定士という資格もある。

では、本さえあれば、誰でも査定をとっていいのか?
という話になりますが、決してそんなことはありません。

実技と学科を実習して、
査定士技能検定試験に合格すると晴れて査定士としての
資格が手に入ります。

もちろん、査定協会にも登録が必要です。

査定協会が実施する学科と実技の研修を受けてから、査定士技能検定試験に合格すると、

一定の技能を持った者として査定士の資格が与えられます。

そして、査定士として活躍するには、査定協会に登録する事が必要です。

実際に、大手買取業者には数多くの査定士が存在して、
多い人で毎月500台近く!査定している変態もいます(笑)

ただそのような人は
相場や査定の方法ががある程度固定化されていて、
流れがオートマチック化しています。

だからこそ、
それだけ数多くの車の査定をとることが可能なんです。

査定士は、「誰でも」「どこでも」「いつでもなれる?」

査定士は誰でもなれるってわけではありません。
当サイトは「査定士を目指そう!」というような目的があるわけではないので、
簡単に説明しますが、

  • 20歳以上である
  • 運転免許証をもっている
  • 研修の過程を終了している
  • 自動車の販売や整備を半年以上経験している
  • 査定業務実施店に所属している

など基準を満たしていれば誰でもなれます。
合格率は85%と、
落ちちゃったらちょっと恥ずかしいレベルですからね。

どちらかというと、研修を受講したら受かる資格です。
興味がある方は、とってみてはいかがでしょう。

査定基準はあるが、査定額は実にばらつきがある

話は逸れてしまいましたが、
査定士とはいっても人間です。

ベテランから新人さんまで経験年数も
ばらつきがありますし、人の見る目で
査定額が変わることもよくある話です。

また、ボディの傷ひとつとっても、
基準はあれど、解釈の違いで変わっていきます。

だからこそ、どこかで査定をお願いしようとしているかたは、
決して一つの場所で査定をするのではなく、
複数の買い取り業者に査定をしてもらうことが一番だと思います。

買い取り業者で狙っている車や、
引き取れば、必ず売れる車などもそれぞれ違いますから。
1回目に聞いた査定額をそのまま鵜呑みにしないでくださいね。
車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を売る基礎知識