初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

ジムニー

新車のジムニー・ランドアドベンチャーを買うときにかかる実際の購入費用はどれぐらい?

投稿日:

ジムニーの特別仕様車「ランドアドベンチャー」のAT車を新車で購入しました。

車両本体価格は169万円もするのですが、諸費用や付属品と合わせて一体どれぐらいの費用が必要なのか。

ある程度具体的な価格を出して、その価格を自分に当てはめて考えながら、新車にするのかそれとも中古車にしたほうが良いのかを検討しよう。

これからジムニーを買うつもりの方には参考になるかもしれません。

新車のジムニーを買うときにかかる実際の購入費用はどれぐらい?

ジムニーのランドアドベンチャーとは?

写真は特別仕様車のランドアドベンチャー。 ブラックメッキのフロントグリルやバンパーアンダーガーニッシュなど通常グレードにない装備されます。

ランドアドベンチャーの車両本体価格はAT車で1,691,280円となります。

ランドアドベンチャー

 

一方で、通常グレードの「XG」「XC」の価格は、同じATでXGが1,407,240円、XCが1,625,400円となっています。

つまり、ランドアドベンチャーのほうがXGよりも約28万円、XCよりも6万5000円高くなります。

「え?上級グレードのXCとそんな変わんないじゃん」というツッコミがありますが、ランドアドベンチャーのベースグレードはあくまで「XG」になるので間違わないようにしましょうね。

グレード別販売割合を見てもランドアドベンチャーも含めると圧倒的に「XG」のほうが売れていることがわかります。

また、その他、「XG」「XC」には装着されずランドアドベンチャー限定の装備の違いは、

  • LEDリング付きフォグランプ
  • カラードサイドアンダーミラー
  • 運転席、助手席シートヒーター
  • 電動格納式ヒーテッドドアミラー
  • 専用インパネセンターガーニッシュ[ピアノブラック]
  • 専用インパネオーナメント[シャンパンゴールド]
  • 本革巻ステアリングホイール[シルバーステッチ]
  • 専用ステアリングホイールガーニッシュ[シャンパンゴールド]
  • 本革巻シフトノブ[シルバーステッチ]
  • 専用16インチアルミホイール[高輝度ダークシルバー塗装]

などがあります。

ジムニーランドアドベンチャーの実際にかかった購入金額は?

ランドアドベンチャーの車両価格

販売価格
(税込)
車両本体価格 1,691,280
値引き 100,000
合計① 1,591,280円

今回購入したスズキの販売店では、10万円の値引きをしてもらいました。

本当はここに下取り査定額がマイナスされますが、今回は下取りをやめたので含まれていません(理由は後ほど説明します)

色々な知り合いやネットにて値引きの調査をしても、値引き額は12、13万円ぐらいが限度ということなので、それなりには達成できたと言えますよね。

ランドアドベンチャーの取り付けをした付属品

購入時に装着する付属品については、基本的なアイテムを中心に選びました。

ランドアドベンチャー専用の純正のフロアマット(11,502円)

 

また、ラッゲージマットも安いので注文しました(4,752円)

 

その他カーナビゲーションは必須だったので装着しました。モデルはケンウッドのカーナビ「MDV-L504」をチョイスした。

その他の付属品をまとめると、

品名 金額
付属品
(税込)
ラッゲージマット 4,752
フロアマット 11,502
ドアバイザー 11,396
カーナビ 90,000
マッドガードセット 12,852
値引き -22,102
特別仕様車
スチームシルバー
メタリック
21,600
合計② 130,000

付属品の他に、ボディカラーのスチームシルバーメタリックはオプション価格が別途2万1600円必要です。

せっかくランドアドベンチャー限定カラーということや、傷が目立ちにいくという理由からこの色を選択しました。

付属品の値引きが2万2,000円ほどできたのでトータルで130,000円になりました。

このあたり付属品の値引きの重要性に関してはこちらを一度読んでみて下さい。
 
関連 : オプション品・付属品の値引きで新車をもっと安く買う!
 

ランドアドベンチャー購入に必要な税金など諸費用

税金 取得税 28,100
重量税 9,900
自賠責保険料
(37ヶ月)
37,780
各種費用 検査代行料 18,036
車庫証明代行料 14,500
預り法定費用 検査登録料 3,820
車庫証明 550
合計③ 112,686

税金はどこで購入してもそんなに変化はありません。

「取得税」「重量税」「自賠責保険料」はもちろん、検査代行料や車庫証明費用などはディーラーによってバラバラです。

トータルで約11万円になりました。

このあたりの費用は、中古車のほうが圧倒的に安くなります。

総合計

本体合計① 1,591,280円
付属品合計② 130,000円
税金合計③ 112,686円
値引き調整分 -3,966円
合計 1,830,000円

最終的なトータル金額は端数を切ってもらって1,830,000円となりました。

車両本体が169万円だったので、14万円ほど高くなりました。

下取り査定は安く、買い取り査定が高かった。

今回ディーラーで同じ「スズキのワゴンR」を下取りするつもりでしたが、査定額が5万円と判定されました。

5万円という値段を聞いたとき「ちょっと安いな」と正直不満を感じて、思い切って他の買い取り店に同時進行で査定をしてもらったのです。

そこで利用したのが、ネットから査定ができる一括査定のサービスです。

ワゴンRは軽自動車の中でも、いい意味で一般大衆車です。

実際に売却先として使った「かんたん査定ガイド」でも買い取りランキングとして1位になっています。

ワゴンRは買い取りのニーズがあったのでディーラーよりも高く売ることができました。

実際にディーラーでは5万円と言われたのに対して、一括査定のある業者から18万9,000円との査定評価額を受けたのです。

もちろんディーラーでの買い取りはキャンセルして、そのまま一括査定にて売却。

そのおかげで、頭金の足しにもなったのでローンの負担がちょっとだけ軽くなりました。

もしこれからジムニーの新車を購入を検討中なら、そのままスズキの販売店で下取りしてもいいのですが、まず買い取り店で査定をしてみてからトータル的に判断しても良いかもしれませんよ。

いずにしても、一括査定を利用しても無料ですし、下取り額だけなら本当に高値なのかどうか判断がつきません。

今では、「新車の購入先」と「今乗っている車の売却先」を分けて考えたほうが結果的に新車をお得に購入できるのは間違いじゃないのですから。

まとめ

それでは最後にまとめます。

今回は、特別仕様車であるランドアドベンチャーの購入シミュレーションを実施してみました。

結果的には、1,830,000円という価格に落ち着きました。

ある程度価格には満足していますが、ランドアドベンチャーをさらにお得に購入するなら、

  • 値引きは最低でも10万円、できれば15万円ぐらいを狙えればベスト。
  • 付属品の値引き額は20%を狙う
  • 下取りは安くなる傾向があるので、一括査定にて買い取りを狙ったほうがいい。

カーナビなどは自分の価値観に合わせて、もっと安いモデルにするか、スマホで代用してみるかなどそれぞれで判断しましょう。

新車の値引き限度額がある程度決まっている分、これからは買い取り価格の底上げが重要な指標になっていきます。

なので、これからジムニーの購入を検討中の方は、新車の見積もりすることと同時進行で買い取り金額を算出しておくと、購入資金にもなるので負担がすくなく新車を手に入れることができるはずですから。

車一括査定がおすすめ
私も以前、新しい車の購入費用のため、自分の乗っていた「フィット」をディーラーに下取りしたところ予想を下回る査定額でした。

だから、下取りは一旦やめて一括査定を申し込み複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142,000円の価格差がつきました。

かんたん車査定ガイドは他社とは違い、おおよその「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場」がわかります。

高価査定を勝ち取るには、やはり徹底した査定額の比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-ジムニー

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.