初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

ハイエース

仕事だけで使うならハイエースDX(デラックス)でも充分な理由

投稿日:

ハイエースバンを仕事用途としてだけで使っているユーザーは、デラックス(DX)グレードを選んでいます。

とくに、個人よりも法人、会社関係の車に多い傾向があります。

その一方で、遊びも兼ねたプライベート用として使っているなら、スーパーGLを選んでいます。

そこで最近高い頻度で、「仕事だけで使うなら、完全貨物車タイプのDX(デラックス)と、乗用車タイプに近いスーパーGLどちらにするべきなのか?」とよく質問されます。

※左デラックス、右スーパーGL

そんな私の回答としては、もしプライベート用で車を別に保有しているならわざわざスーパーGLを選ぶ必要はなく、DXでも充分だと思っています。

そこでこの記事では、仕事用としてハイエースバンDXが優れている、3つの理由に分けて解説していきますよ!

仕事として使うならハイエースバンはDX(デラックス)で充分な3つの理由

デラックス(DX)の方がスーパーGLよりも圧倒的に安い


※クリックすると大きくなります。

まずは大事なお金の話から。

仕事だけでハイエースを使うつもりなら、わざわざスーパーGLにする必要はなく、DXで充分。

なぜなら、車両本体価格がスーパーGLとDXでぜんぜん違うから。

グレードや排気量によって若干変わってきますが、両車の差は50〜60万円ぐらいの開きがあります。

もちろん予算が許すなら、スーパーGLを購入するに越したことはありません。

でも、スーパーGLは1番安いモデルでも300万円オーバーするので、

  • ボディと同色のカラードバンパー
  • 電動格納ミラー
  • 内張りやシートなど豪華な内装

など必要とせず、さらに家族でキャンプなどのアウトドア、またロングドライブとして使う予定がないなら230万円程度で狙える「DX」を選んでも使い勝手にまったく問題はありません。

価格が安いデラックス(DX)モデルでも自動ブレーキが装着される。

今回の5型モデルのハイエース。

目玉は何と言っても、自動ブレーキである「トヨタ SafetySense」の搭載です。

メーカーによりきりですが、自動ブレーキが搭載されるのは上級グレードであり、下位グレードは有償でメーカーオプションになったりしています。

でも現行ハイエースには、すべて標準装備されます。

つまりスーパーGLを選んでも、DXを選んでも、またグランドキャビンを選んだとしても衝突安全自動ブレーキは搭載されます。

仕事で使うようになると、車の運転頻度は比例して高くなるので「SafetySense」が標準装備されているDXを選ぶ立派な理由になります。

デラックス(DX)はスーパーGLより使い倒すことが可能!

仕事だけではなく、プライベートと両方の使い方をするならスーパーGLのほうがやはり安心です。

内外装がハイグレードで、見た目もスタイリッシュなので乗用車みたいな使い方ができます。

一方、スーパーGLはプライベートで使えるからこそ、仕事用として不向きになる場合があります。

それは、仕事用途として使い倒すことができなくなってしまうのです。

その点DXは、いい意味で内外装のデザインを割り切っているので気兼ねなく使い倒せます。

たとえば、大工さんや内装業の方なら道具いれるための棚を作ることも可能です。

さらには、ルーフキャリアを取り付け、ハシゴなど仕事道具を積むことが可能。

 

とくにリヤの荷室は、スーパーGLに比べて自由に傷など気にせず色々なカスタマイズすることが可能で、嫁に文句言われることもない!(結構ココ重要)

仕事で使う車なのに、細かい傷や汚れを気にしていてはとてもじゃないけど仕事用とは言えません。

「車=仕事道具」として割り切って使い込むという意味では、スーパーGLよりもDXのほうが優秀なのかもしれません。

まとめ

もちろん仕事だけではなく、プライベート用途も兼ねるなら50〜60万円価格が高くなってもスーパーGLを選ぶべきです。

関連記事
200系ハイエースを買うなら、おすすめグレードはスーパーGLで決まり。

200系ハイエースの新車を検討中なのですが、どのグレードを選ぶべきか悩んでいる。   いざ、「ハイエース」を購入しようと思っても、種類が多すぎてどれを選んで良いのかさっぱりわからないという人 ...

続きを見る

しかし、写真のようにプライベート用と仕事用として完全に分けるならDXにするべきです。

たとえば、遊びはヴェルファイアやアルファードなどのミニバンで、仕事はハイエースバンと公私の区別をしっかりとつけることができるからです

再三言っていますが、価格の違いがあっても、安全性に違いはなく、何と言っても仕事道具の出し入れが多いほどタフな作りがモノを言います。

その点、DXは色々なシチュエーションで設計されているので、仕事用途しては文句のつけようがないですし、自動ブレーキが標準装備されなによりも安い。

もちろん予算が足りないのなら、無理をして新車を狙うのではなく、1〜4型の中古車を狙うべき。

とくに、5型ハイエースが発売した今だからこそ、状態の良いハイエースバンは市場に出回りつつあります。

たとえば、中古車販売台数で抜群の実績を誇っている中古車のガリバーなら在庫車だけじゃなく、市場に出回っていない未公開車両もいち早く見つけてくれます。

仕事用として、ハイエースバンの購入を考えているなら、一度じっくり探してみてはどうでしょう?

きっと、最高の相棒(パートナー)に巡り会えるはずですから。

 

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►愛車の無料一括査定はこちらから

 
かんたん一括査定ガイド

-ハイエース

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.