クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

MCR30/40系のエスティマが「カチッ」っとエンジンがかからない原因と修理方法

   

IMG_4735

平成12年のMCR30/40系のエスティマなんですが、
朝エンジンを始動しようとキーを回してみても「カチッ、カッチッ」となり、
全くエンジンがかからなくなってしまった。

友人からこんな相談を受けたので、早速点検をしてみました。
同じように悩んでいる方がいれば、是非参考にしていただきたいと思います。

MCR40エスティマ、エンジンかからないときの原因と修理費用

エスティマエンジン始動しない現象確認

まずは、動画で現象を確認してもらったほうが早いでしょう。

症状としては、

  1. キーを回すと「カチ、カッチ」とセルが回らない。
  2. セルが回るときもある。
  3. 1度エンジンが始動すると問題はなく途中で止まったりもしない。

メーターの電気が暗くなったりもしないことから、
バッテリーが主原因では、ないようです。

ただこのように、キーを回す瞬間に「カチッ、カッチッ」っと、
鳴っていれば、ほぼ原因は特定されているんですね。

エスティマのエンジンがかからない原因を特定

エンジンをかけたときに、カチッ音がしてエンジンがからないときの原因は、

ほぼ間違いなく「セルモーターの不良」でしょう。

カチッと飛び出す音が全く回らなければ、
バッテリーやダイナモ(オルタネーター)など他の原因も考えられますが、
飛び出している音がしているので、原因はセルモーターで決まりでしょう。

さらに、エンジンが指導した直後に「ウィーン」と
普段とは、なにか違う音がしたらもう決まりです。

今回の修理費用の見積もり

トヨタの純正品で「セルモーター」の交換費用を調べてもらったところ
「90,000円」と驚きの見積もりが出ました。
しかも工賃が約6,000円に対して部品代が84,000円。
なんとほぼ部品代です涙。。

ですがディーラーさんから「セルモーターは純正品じゃなくてもいいですよ」と提案が。
それがリビルトパーツのセルモーターなんです。

リビルトパーツとは、中古品のセルモーターを回収してオーバーホールし、
再度使用できる状態にしたパーツのこと。
オーバーホール済みですので、中古品のような故障のリスクも少なく
1年間の保証もあります。

ちなみにAmazonや楽天でも販売されています。

※購入は自己責任でお願いします。

ディーラーで提供しているリビルトのセルモーターは、
19,000円でしたので、合計25,000円がセルモーターの修理見積もりとなりました。
90,000円と比べると雲泥の差ですので、価格の面でいっても、
リビルトパーツを使ったほうが安上がりになります。

その他の部位をしっかりとメンテナンスする。

こちらがリビルトのセルモーターです。もちろん交換したあとは完全復帰しました。

IMG_4744

ですが、ディーラーさんからもうひとつ注意点が。
バッテリーがかなり弱くなってきているとのこと。

バッテリー本体に書いてある交換歴を確認しても、
以前いつバッテリーを交換したかは記載されていません。不明。
バッテリーレベルを実際に測定してみると、ほぼ空っぽ状態でした。

だからセルモーターを交換してもらい納車したあとにバッテリーも交換しました。
3000CCエスティマのバッテリーは85D23Lという大きめのサイズです。

スクリーンショット 2016-07-21 4.17.32

ディーラーでもバッテリーの見積もりをとってもらいましたが、
23,000円ぐらいしました。

ですが、いつも車用、オートバイ用といつも利用している
吉角バッテリーショップでは12,800円と格安で購入できます。
ディーラーよりも約10,000円ほど安く購入できたのでおすすめです。

まとめ

最終的な修理費用は、
リビルトのセルモーターはディーラーにて交換作業したので25,000円。
バッテリーは自分で交換したので13,000円。
合計で38,000円の修理費用となりました。

ただ今回は無事修理ができましたが、
12年車のエスティマですので、これからあちこち故障していくと予想されます。

走れなくなる限界まで乗ることも作戦のひとつですが、
それと同時に入れ替えの検討も必要かもしれません。

MCR30&40系のエスティマから入れ替えするなら、
「エスティマ50系」「アルファード20系」「ヴェルファイア」など、
大型ミニバンが候補にあがると思います。
一世代新しいミニバンは、CVT搭載で燃費も良くスタイルも現代風です。

故障のリスクや不安を背負いながら、車に乗っているとストレスを感じますしね。
あなたにとって新しい愛車を見つける時期が来ているのかもしれませんからね。

中古車の在庫を確認するならやっぱり、実績のある販売店が1番です。
ガリバーの累計販売台数は30万台。
累計買取台数は300万台。時間にすると、
4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。

また車種により、最大で10年の保証期間があるので、
これから長く乗られる愛車を探している方にもおすすめです。

また、在庫車以外にも毎日500台近くは入庫して、
7割近くの未公開車両の在庫を優先的に見つけてくれるので、
はじめて購入される方でも安心ですよね。

►►中古車販売実績NO.1のガリバーを利用して、
あなたの条件に合う最高の1台を見つけましょう。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - トヨタ