初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

エスティマ

エスティマハイブリッドの電動パワースライドドアが開かないケースでの故障原因は?

投稿日:

現行型エスティマのスライドドアは、手動ではなく電動になっており非常に便利な機能です。

ただそんな便利なスライドドアの電動機能が、突然まったく動かなくなってしまいました。

特別大きな外傷のようなものはなく、きっかけのようなものがなかったはずです。

自分で点検していても打開策はなさそうなので、見切りをつけてすぐにディーラーに持ち込み点検してもらうことにしました。

この記事では、現行型エスティマハイブリッドの電動パワースライドドアおける不具合の故障とそれに必要な修理費用について解説します。

エスティマハイブリッドの電動パワースライドドアの故障と修理費用

電動パワースライドドアの不具合内容

まずは現象確認から。

エスティマハイブリッドは、左右両側に電動モーターがついているのですが、今回の症状は右。

運転席のスライドドアが全く開かなくなってしまった。

もちろん、室内に搭載されたスイッチからも、リモコンキーについているスイッチ操作でも、さらにスライドドアのハンドルを引っ張りながら開ける手動でも全く効かなくなってしまっているのです。

開こうとする「ピー」という音は鳴るのですが、まったくもって何も反応がない。

しまいにはイージークローザー(手動でドアを閉める際、半ドア状態から自動的にドアを引き込み、確実にドアが閉じるのを補助する機能) すら全く動作しなくなったので、今のままだと正直まったく使い物にならない状態です。

この症状、テキストや写真ではイメージしづらいと思いましたので、動画を用意しました。

問題ない左側と、全く動作しない右側の違いを比べてみてくれればわかると思います。

電動スライドドアの故障箇所はコントローラー

ディーラーに点検してみたところ、右側スライドドアに装着されているスライドドアコントローラーが不良だということがわかりました。

電気的にまったく動いていないとのこと。

「スライドドアコントローラーって消耗品なんですか?」と、ディーラーのメカニックさんに聞いてみたのですが、別に消耗品というわけではないようです。

ただ外傷なども見当たらないことから、完全に部品が故障しているみたいなんですね。なにかと便利な電動機能ですが、やっぱり故障があるとまったく動作しなくなるので怖いですよね(汗)

スライドドアコントローラーの交換費用は「約2万円」

最終的に部品交換するしか解決しないので、そのままディーラーにて修理に必要な見積もりを出してもらいました。

作業内容としては、スライドドアコントローラーの交換作業のみ。

気になる修理費用は、部品代と工賃を合わせて約21,000円になりました。

ケチなのかもしれませんが念のため「こういうコントローラって中古品の在庫ってないの?」と、確認してみたのですが、現車から取り外す必要があるのであまり見つからないとのこと。

たとえば、廃車になる同型車のエスティマハイブリッドがあれば、そこから部品取りができるので中古品も出てくるらしいのですが、ディーラーでは見つからないとの回答でした。

ただ、「スライドドアコントローラー」という単語を聞いたとき、もっと莫大な修理見積もりになると正直思いましたが、想像よりも安かったので、そのまま受け修理すすめてもらうことにしました。

コントローラーの交換は1日あればかんたんにできる。

作業工賃が約1万円ということなので、交換作業自体は1日入院させれば戻ってくることができるでしょう。

実際には、半日で戻ってきました。

これがスライドドア本体をそっくりそのまま交換するなら2日も3日も必要になるけど、部品交換程度なら全く問題ありません。

もちろん少しでも修理費用を安くしたいのなら部品だけ買って自分で交換することもできますが、自分の腕に自信がないならそこは黙ってディーラーさんに任せておくべきではないでしょうか。

エスティマハイブリッド、電動パワースライドドア故障まとめ

いずれにせよ交換しなければ一生故障したままなので、注文を入れてもらい修理工場にて交換しました。

ただし、今回の故障原因はたまたまコントローラーでしたが、電動パワースライドドアには「モーター」「センサー」「配線」などで構成されているので「絶対にスライドドアコントローラーが悪い」ということはありません。

偶然だった可能性も、なきにしもあらずです。

いずれにせよ、電動機能が使えなくなると非常に不便なので、まずは最寄りのディーラーや修理工場に点検してもらってくださいね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-エスティマ

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.