クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

ディーゼル車のランクル100系でエンジンから異常音が発生する原因と対処方法

      2016/05/26

IMG_3548

知人がランドクルーザー100のディーゼルに乗っているのですが、
走行中にエンジンから異常音がなりはじめてきた。

また、うるさくなってきたと同時期に、
若干の力不足を感じるようになってきました。

エンジンのトラブルですので、そのまま放置しておくには、
不安があります。
また、早めに修理しておかないと今後大きな痛手になる恐れも感じたので、
ディーラーにて点検に出してみました。

ディーゼル車のランクル100系で、走行中にエンジンからの異常音が発生する原因と対処方法
原因は「ターボチャージャーの不良」という結論になったのです。

ターボチャージャーから異音が発生していた。

ちなみにランクルでも幅が広いので、車両明細を先にお知らせしておきます。

車名 ランドクルーザー100
型式 HDJ100K-RNPGZ
年式 平成13年式12月(前期型)
走行距離数 23万2,000km

実際には20万km以上走行しているので、どこが壊れてもおかしくない状況です。

ただ、点検してみなければ結果もわかりません。

いつも診断してもらっているディーラーに点検に出したところ、
原因は「ターボチャージャー本体」からの異音が発生しているという結果に。

試運転を繰り返して、異常音も確認できたので、
原因の絞り込みはディーラーにとっても難しくなかったようです。

また、ターボチャージャーはオーバーホールで修理という方法がありません。
なので、完全に元の状態に戻るにはターボチャージャー本体を交換するしか方法がないのです。

では、気になる修理費用を説明していきましょう。

ターボチャージャー交換の気になる費用は

新品部品を使用した見積もり。
ターボチャージャー交換工賃 36,800円
ターボチャージャー本体部品代 210,600円
その他の子部品 5,500円
総額 252,900円

なんと25万円を超えてしまった。
なんとなく、わかってはいたのですが、
やはりターボチャージャー本体の価格が高いため、
部品代だけで約215,000円にもなってしまったのです。

さすがに25万円という修理費を捻出するにはとても難しく、
リサイクル品の中古パーツなどを当たってみたのですが、
ランクル100のパーツ自体、希少価値があるので見つけることができませんでした。

ただ、ターボチャージャーはリサイクル品を専門の業者でオーバーホールしている、
リビルトパーツが発売されているので、
新品よりは、低価格でしかも保証付きのリビルトターボチャージャーにて交換することにしました。

リビルト部品を使用した見積もり。
ターボチャージャー交換工賃 36,800円
ターボチャージャー本体部品代 126,000円
その他の子部品 5,500円
総額 168,300円

リビルトパーツを使用することで、部品代が約半額の130,000円まで抑えることができました。
なので、今回は純正の新品ターボをやめて、
リビルトターボチャージャーを使用して修理することにしたのです。

ランクル100のターボチャージャー交換

交換作業はすべてディーラーにお任せしたのですが、
写真撮影をさせてもらいました。

ターボチャージャーは排気側に位置しているので、
マフラーが接続される、運転席側に位置しています。

IMG_3605

取り外した、古いターボチャージャーになります。
写真ではいまいち伝わりにくいのですが、

本体の羽が多少曲がって、シャフトを回してみると偏心しているようにも見えます。
IMG_3606

新旧の古いターボチャージャー並べて見ました。

リビルト品は、オーバーホールしていることもあり、
新品同様のクォリティーに感じます。
また、交換後1年間の動作保証がついているので、
中古でのリサイクルパーツを使用するより安心です。

IMG_3610

最後に取り付け後の撮影です。
IMG_3620

まとめ:20万km走行すると故障リスクは高まる

IMG_3626
ターボチャージャー本体を交換した後は、
異常音もなくなり、中高速の伸びも良くなりました。

原因はターボで間違いなかったようですね。
今回の修理をまとめると、

  • 異常音がする原因はターボチャージャーだった。
  • ターボチャージャーは新品よりもリビルトパーツがお得(1年保証付き)
  • 交換後に異常音も止まり、走りも快適になった

という結果に。

ただ、今回の修理で感じたことは、
どんな車でも20万km以上走行していると故障リスクが高くなる。

なので、今回修理したターボ以外にも、
ブレーキや足回り系、またはミッションやエンジンなど複数のパーツが、
次から次へと故障していく可能性はあるでしょう。

今回修理したランドクルーザー100は、13年車12月登録の前期型です。

私の周りには、ランクル100ユーザーがとても多く、
乗り換えしても、ランクルの乗るという方がほとんどです。

100系の前期型から後期型へ、
または100系からランクル200系に移行しているパターンが増えています。

車の修理タイミングはとても難しく、悩みどころではありますが、
大きな金額がかかる修理のタイミングのときこそが、実は買い替えどきなのかもしれません。

幸いにもランクル100は、どんなに古くても、
リセールバリューがあり、市場価値が他の車と比べて、圧倒的に高いので、
買い取り価格が他の車種よりも優遇されます。

修理するということも大事なのですが、
このリセールバリューの利点を活かして、「新しい車を買い替えのために査定額を知る
という選択も、ひとつの方法ではないでしょうか。
車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車の故障トラブル