初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

ランドクルーザー

ランクルシグナスのフロントガラスが割れたので交換!気になる費用など解説しよう。

投稿日:

ランドクルーザーシグナスのフロントガラスにヒビが入ってしまったので、保険を使用して新品に交換しました。

割れたきっかけは、前方を走行していたトラックからの飛び石です。

小さなキズ程度であれば、簡易修理できますが、ヒビが入ってしまうと交換するしかありません。

そこで今回の記事では、

  • フロントガラスの損害状況と交換費用
  • 保険を使うときに注意すること
  • 修理以外の方法はあるのか?

など、様々な視点をもって解説していきましょう!

とくに、ランクルシグナスのフロントガラスは他の車種よりも高額なんですよね。

ランクルシグナスのフロントガラスが割れたので交換する

ランクルシグナスのフロントガラス損害状況

薄くて見にくいかもしれませんが、フロントガラスに30センチ程度のヒビ。

しかもヒビが入っている場所も悪く、運転にも妨げになるし、さらにここまで損傷範囲が広いと車検にも通りません。

「安全面」でも「法律面」においてもする交換するしかありません。

ランクルシグナスのフロントガラス交換に必要な費用

では一体、修理費用はどれぐらい必要になるのか気になるところですよね。

そこで、ガラス屋さんにいって見積もりを作成してもらいました。

結果はなんと24万5,000円。

これは実際に作ってもらった見積書になります。

こんな高額になる理由は、やはりフロントガラスの約14万8,000円で、シグナスにはスーパーナイトビューやらレインセンサーやらが装着されているかららしい。

また、ガラス本体以外にも、付帯作業も多く、技術料も3万円を超えるため非常に高額な修理費用が必要になります。

車両保険に加入していれば保険を使って修理しよう。

飛び石のような飛来物や落下物で車が損傷すると、車両保険が使用できます。

なので、もし車両保険に加入しているのなら保険を使って修理が可能です。

まずやるべきことは、見積もりを作成してもらって保険会社に連絡。

そこで事故のきっかけや損害状況、さらには修理はどこでするのかなど聞き取りされるので正直に答えよう。

できれば、フロントガラスが割れたタイミングで一報するのが望ましいけど、見積もりをとってからでも全く問題ありません。

ただ、保険を使うにも注意するポイントがいくつかあって、

  1. 本当に車両保険に加入しているのか?(対人・対物のみじゃない?)
  2. 免責は設定しているのか?
  3. 代車特約は付帯しているのか?

には注意しておきましょう。

本当に車両保険に加入しているのか?(対人・対物のみじゃない?)

もっとも気をつけなければならないポイントは、本当に車両保険に加入しているか?

自分は車両保険に加入しているつもりでも、実は対人対物保険のみしか加入していないというパターンは少なくありません。

ソニー損保の画像をお借りしていますが、フルカバータイプと言われる「一般型車両保険

補償を限定している「エコノミー型車両保険」どちらかが条件となります。

どちらかに加入していなければ修理費用は自己負担となり、ガラス交換費用をすべて自己負担する必要があるので自分の加入している保険会社に確認をとるか、もしくは保険証券をみて確認しておこう。

免責は設定しているのか?

契約している保険によっては保険料を安くするために「免責を設定」している場合があります。

画像:チューリッヒ自動車保険

免責とは「責任を負わない」こと。

車両保険の保険料を安くする目的のために保険使用時「免責5万円」や「免責10万円」など設定している場合があります。

たとえば、今回ガラス交換に当てはめてみると、25万円(実際には24万5,000円だがわかりやすくするため)の修理費用が発生し免責金額が5万円だった場合、5万円は自己負担となり、残りの20万円が保険会社から保険金として支払われます。

また免責金額が10万円だった場合、10万円は自己負担となり、残りの15万円が保険会社から保険金として支払われます。

要するに免責とは、自分の責任分を決める意味があり、保険を使用するタイミングで保険会社に事前に確認しておきましょう。

代車特約に入っているのか?

免責の有無の他にも、車両保険使用時に代車(レンタカー)が出せる「代車特約」に入っているかどうかも確認しておこう。

もし加入していなければ、修理するとき「足」がありません。

修理工場で借りられればいいのですが、代車の保有が少なければ、借りるまで待つ必要があります。

フロントガラス交換には1〜2日程度で終わるので、時間的な余裕がある方なら問題はないが、もし毎日仕事で車を使っているのであれば修理工場に代車の相談の打ち合わせもしておくべきでしょう。

いずれにせよ、保険会社に連絡した場合には、一緒に「車両保険の有無」「免責」「代車特約」の3点は確認しておこう。

フロントガラスを新品に交換してもらった。

部品が届いたので、業者さんにフロントガラスの交換を実施してもらいました(ついでに写真も撮らしてもらった)

交換にかかった時間は1時間程度。

そのかわり、ガラスを取り付けするときに「ガラス糊」を入れるため、乾燥させる時間が必要になります。

いずれにせよ、取り付けすると一晩放置しておくのが良いとのこと。

無理に動かして、フロントガラスがずれてしまうなんてことになれば目も当てられないですから。

修理だけじゃない!ランドクルーザーは売ることもできる。

車両保険に入っていなければ、修理費用はすべて自己負担になります。

そこで、もうひとつの選択肢としてランクルを修理せずに、買い取りしてもらうという奥の手もあります。

とくに、ランクル系の全般(シグナスやプラド)は国産SUVの元祖的な存在。

中古車市場では国内のみならず、海外でも人気が高く、低年式・高走行距離でも驚くほど高い査定額を提示されることがあります。

さらに、最近では「SUVを中心に買い取る業者」や「スポーツカー買取専門店」などがあり、当然「ランクル系を中心に買い取りする業者」も数多く存在します。

このように、ある車種タイプを重点的に扱う買取店・販売店も多く存在していますので、修理をする前に一旦査定だけでも出して見るもの今後の参考にもいいのかもしれません。

とくに一括査定なら、最大10社から同時査定が可能なので、もっとも高い値付をしてくれば場所を任意で選ぶことができるのですから。

まとめ

ランクルシグナスのフロントガラスの交換、無事完了です。

修理費用は約24万5,000円程度で、もし飛び石など飛来物や落下物で損傷した場合、自動車保険(車両保険)が使えます。

もし保険を使用するのなら、「車両保険の有無」「免責」「代車特約」の確認は必須。

また、車両保険に加入していなければ、修理せずに査定して売却する方法もあります。

とくに最大10社の専門業者が同時査定をする一括査定なら、無料で概算金額まで出せるのでおすすめ。

修理するかどうかの判断については、シグナスがどれぐらいの価格で売却できるのか聞いてみてからでも遅くないのかもしれませんね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-ランドクルーザー

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.