初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

車を売るタイミング

10年以上経過している車の車検を通すべきかやめるべきかの基準とは。

投稿日:

新車で買ってから10年目を迎えた愛車の車検を通すべきか否か。

なぜこんなことを言うのかというと、さすがに10年の歳月が流れると、愛車の故障も増えて車検費用も高くなりそうな気がします。

車検費用に下敷きになるぐらいなら、いっそのこと廃車にするかそれとも新しい車の購入を検討したほうがいいかもしれないと思ったわけです。

また、修理費用だけではなく、車が古くなるにしたがって税金も高くなりそうな気がして維持費するのもかんたんじゃなくなってきますしね。

そこで、今回の記事では「10年経過した車の車検を通す」ことが正解なのかどうか。

また、もし通さないならどうやって車を売却するべきなのかについて、私なりに解説していきます。

もし、車検が1ヶ月後に控えていて、「通すべきかどうか」で悩んでいる方などいるなら参考にしてみてくださいね。

10年以上経過している車の車検を通すべきかやめるべきなのか。

車の不調を感じていないなら、まずは車検見積もりをするべき。

現状特に入れ替えする予定もなく、車の不調を感じていないなら、まず車検を通すことを考えてみましょう。

ただ、注意することは先に車検の事前見積りをしっかりと行うこと。
関連:車検費用を少しでも安くするなら、事前見積もりは絶対に必要。
今の車は、平成初期の車と比べて10年経過したところでかんたんに故障しないし、走行距離数が10万kmを超えたとしても車検代など急に高額になるわけでもありません。

もちろん、10年も経過すれば「バッテリー」「ファンベルト」や「ブレーキパッド」「エアエレメント」などの消耗品はもちろん、「ATフルード」や「冷却LLC」など油脂の交換も必要になってくるので、1回目や2回目の車検に比べると車検費用は高くなる傾向にありますが、車を買う思いをするよりは全然安く済みます。

そのためにも、まずはいつも車検に依頼しているディーラーにでもお願いして車検見積もりをとってもらいましょう

また、車検代の予算があまり確保できないのなら、見積もりが高くなりがちなディーラーより楽天車検など、比較的安く車検受けられる車検サービスを利用することで、整備費用を抑えることもできます。

もしあなたが「車検さえ通ればハッピー」という考えが少しでもあるのならディーラー以外で車検を通すべきでしょう。

では、その他10年目のタイミングで、車検を受ける際のボトルネックになる部分はあるのでしょうか。

重量税が高くなるのは13年、18年後

実は、10年目だからと言っても税金面で不利に働くことはありません。

税金が高くなるのは、初年度登録から13年経過した場合です。

そのひとつが車検のときにかかる法定費用のひとつ「重量税」です。

13年経過してからまず値上がりしてから、さらに18年経過したあとにもう一段値上がりしてしまうのです。

車両重量
(車検証参照)
2年(車検)3ナンバー、5ナンバー
エコカー減税 エコカー減税以外
エコカー エコカー以外
免税A 免税B (減税75%・50%も含む) 13年未満 13年経過 18年経過
500kg以下 0 2,500
5,000
8,200 11,400 12,600
1,000kg以下 0 5,000
10,000
16,400 22,800 25,200
1,500kg以下 0 7,500
15,000
24,600 34,200 37,800
2,000kg以下 0 10,000
20,000
32,800 45,600 50,400
2,500kg以下 0 12,500
25,000
41,000 57,000 63,000
3,000kg以下 0 15,000
30,000
49,200 68,400 75,600

平成16年車のATH10系アルファードハイブリッドを例にしてみましょう。

アルファードHVは、車両重量が2500kg以下になるので、本来の車検の法定費用にかかる重量税は41,000円になります。

ただし、平成29年現在では初年度登録から13年経過しているので57,000円と13,000円も高くなっておりその5年後には63,000円とさらに大きな負担になるのです。

このように、コンパクトカーなら気にならない増税も、排気量が大きくなればなかなかの負担になります。

車検が2年に1度という事実を考えると、18年経過した場合1年間で31,500円も税金として支払う必要があるのです。

それに加えて、値上がりするのは重量税だけではなく自動車税も13年経過することが高くなります。

自動車税も13年経過すると高くなる。

重量税が高くなるだけで、お腹いっぱいなのに毎年春に通知がやってくる、自動車税も重量税と同じく値上げします。

そもそも負担額が大きな自動車税は、13年経過したらなんと「約15%の値上げ」になります。

車種 13年未満の車 13年経過
乗用車

(総排気量)

1.0L以下 29,500円 33,900円
1.0L〜1.5L 34,500円 39,600円
1.5L〜2.0L 39,500円 45,400円
2L〜2.5L 45,000円 51,700円
2.5L〜3.0L 51,000円 58,600円
3.0〜3.5L 58,000円 66,700円
3.5L〜4.0L 66,500円 76,400円
4.0L〜4.5L 76500円 87,900円
4.5L〜6.0L 88,000円 101,200円
6.0L超 111,000円 127,600円

セレナやヴォクシークラスの2.0Lでも39,500円から45,400円と約6,000円のアップ、さらにはアルファードクラスの場合51,000円から58,600円と約7,500円も高くなるのです。

つまり、13年に経過した自動車は国にとって非エコ車でしかなく、増税させることで入れ替えを促進しようという考えなんですね。

簡単に言うと「ヘイヘイ!いつまでも入れ替えしないと税金あげちゃうよ」と国に目をつけられちゃっている状態なんです。

10年目は入れ替えをタイミングでもある。

それでも10年目の節目で「そろそろ入れ替えをしようかな」と考えているなら必ずしも悪いタイミングではありません。

事前の車検見積もりをとることが前提となりますが、軽自動車で12万円コンパクトカーで15万円普通車で18万円程度の見積もりが出てしまったのならそろそろ入れ替えタイミングかもしれません。

なぜなら、これ以上車検費用にお金をかけても、さらに故障を重ねる可能性があるからです。

軽自動車で12万円程度の見積もりになっているのなら、今後その他の部位でも故障する可能性が高くなるのでいくら高額な修理費用を支払ったとしても安心することはできません。

車検を通したところで、車自体にガタが来ており、次回の車検まで車がもたなくなる可能性があります。

それなら、問題なく走行できる多少なりとも価値がある、今このタイミングで売却することも視野に入れるべきでしょう。

もちろん、売却するには様々な方法があります。

例えば、

など、売却する方法は複数あります。
※トラブル回避のため、個人売買は推奨しません。

もちろん、馴染みがあり付き合いのあるディーラーなどがあるならその担当営業スタッフに相談してもいいですし、いきなり高価買取を狙うなら単独査定のガリバーを利用する方法があります。

またガリバーだけではなく、アップルやカーチス、ビッグモーター、ラビットなど多くの業者が参加している一括査定を利用すればより高い料金で買い取りをしてもらう可能性があるでしょう。

どの方法を利用するのかは、あなた次第でありますがもしリアルな方法で売却するならディーラーに任せてしまうべきですし、もしネットの力を最大限に利用してもっとも高い売却方法を狙うなら、一括査定を使ったほうがグローバル化している現在では、もっとも効果が出る方法でしょう。

いずれにしても、車検の見積もり次第で「車検をとるか」「入れ替えをするか」の検討をしてからでも遅くはないでしょうね。

まとめ

10年目の車検を通すべきなのかの答えは、

  • 10年目でも車検を通しても問題はないが事前見積りはとっておくべき。
  • 重量税が高くなるのは13年、18年経過したあとから。
  • 自動車税は13年のタイミングで15%高くなる。
  • 10年間乗ると入れ替えタイミングでもある。
  • 現在車を売却する方法はたくさんある。

特別欲しい車がなければ、無理をせず車検を通したほうがいいでしょう。

いつも車検を実施しているディーラーでもいいですし、
もし料金に不安を感じているなら楽天車検のような安い価格で車検を通してもらうところもあります。

ただし、車検見積もりが高いのならそのまま断りを入れてから頭を切り替え、査定を出す方向にシフトするべきなのです。

車検前の査定ということで多少のマイナス評価になると思いますが、車検に合格したあと査定に出したってプラス査定に転じるわけではありません。

使った車検費用は、決して戻ることがないので、もし悩んでいるなら車検前に予算感を知る意味でも一括査定を試してみるものありでしょう。

案外、愛車の相場を知っただけでも、次の車の購入費用に当てらそうであればすぐに売却したほうが良い結果に繋がることもあるのですから。

車一括査定がおすすめ
私も以前、新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-車を売るタイミング

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.