初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.前期と後期の違いは?マイナーチェンジの30系アルファード変更点と新機能を解説!

車を売るタイミング

故障ばかりの中古車をすぐに売り「元を取る」ことができるのか?

更新日:

中古車を購入して納車されるまでは良かったのですが、買ってから故障による不具合が連発して工場に繰り返し戻っていく。

 

もちろん、1年間の保証がついているので無償修理になっているのですが、保証があれば良いって話ではありません。 これだけ短期間で故障が多いと、愛着も沸かなくなってくるものです。

また、保証が切れてしまう1年後のことを考えるとぞっとしてしまいます。

 

でも残念ながら中古車は、販売店と売買契約を結んでいるのでかんたんにキャンセルできません。

それなら「なるべく高く下取ってもらい新しい中古車を購入したい」という気持ちになるのは当然です。

 

そこで今回の記事では、「買ったばかりの車をその販売店で下取りするとどれだけ高く査定してもらえるのか」を解説します。

当たり外れが激しい中古車なので、運が悪かったと言われればそれまでなんですが、ある程度高く買い取ってもらわないと納得もできないですからね。

中古車買ったけど不具合連発!下取りして元をとることはできる?

買ったばかりの車を「ペイする」ことはほとんどできない。

結論から言うと、故障ばかりの中古車を売却し、元を取る(ペイする)ことは非常に難しいと考えていいでしょう。

なぜなら、中古車という商品はどの販売業者もある程度利益を上乗せして販売しているからです。

例えば、40万円〜60万円ぐらいの価格で仕入れした車があった場合、外装の修理や安全に走行するための整備を10万円から20万円ぐらい予算をかけて、最終的に120万円ぐらいで販売します。

ですから、売り手側と買い手側がイコールになることはほとんどないのです。

もちろん、その販売店によって利益率は違っていきますが、購入後のアフター保証なども考慮すると、ある程度「利益を上乗せ」しておかなければ赤字になるのは販売店になります。

 

車はマンションではありません。

 

つまり、買ったときの値段で売れることはほとんどありえないのです(もちろんランクルなど例外もありますが。。)

でも、今回のようなレアケースや買い取り先を選ぶことで買ったばかりの値段と近づけることはできます。

下取りしたあと「買う」「買わない」どちらなのかで対応が違う。

今回のような「せっかく高い金払って買ったけど、故障が多いので下取りして欲しい」というようなレアケースでは、「売却後にどうするのか」というユーザーの意思によって査定額が大きく変わる可能性があります。

 

そのユーザーが「これからも同じ販売店で購入する」のか「もう付き合いもきっぱりやめて購入しないのか」で大きく違うからです。

 

以下の2パターンについて説明しましょう。

下取りしてもらい販売店との付き合いを継続するケース

今乗っている車が気に食わないだけなので、何も販売店が嫌になったわけではありません。

高く下取りさえしてもらえれば、また同じ場所、同じ営業スタッフで購入しようと考えている場合です。

 

このようにまたこのユーザーから中古車1台を購入する意思があるなら、通常よりも下取り額がアップする可能性が高いでしょう。

 

なぜなら、その販売店にとって直近で2台の中古車が売れることになるからです。

 

例えば、150万円の中古車を買って下取り額が80万円だったとしても、営業スタッフが所属しているそのお店の店長や、中古車を管理している中古部の部長など、ある程度立場の上の人間にかけあうことで特例として下取り額が10万円アップの90万円、20万円アップの100万円になる場合もあります。

買取してもらい販売店との付き合いをやめるケース

ただもう一方で、度重なる故障で車だけではなく、販売店も嫌になってしまうケースがあります。

そうなると、代わりに違う中古車を購入するわけじゃないので、「下取り」ではなく「買い取り」という方式に変わります。

 

販売店側の立場からしても、今回のユーザーはもう付き合いをやめてしまうので無理をして査定価格を上げる必要はありません。

 

例えば、下取り額が80万円だったとしても、一貫して80万円という査定額は押しますし、もしくは故障がきっかけで買取という理由でマイナスされ70万円になってしまうケースだってあるんです。

 

実際私も経験していますが、ユーザーとのトラブルになるほとんどのケースはこのパターンです。

 

買ったばかりの中古車なのになんで半値以下の買取なんだ!」「どれだけ利益を乗っけて売っているんだ!

 

確かに気持ちはわかりますが、中古車だけではなく、中古マンションのような高値で買える商品や中古品のアパレルなど安値で購入できる商品まで中古品を扱うとほぼこのような図式になります。

 

販売店側からしても、平謝りはしますが内心では「キャンセルするのはそちらの勝手な行為であり、こっちは1年間の保証はつけて売っている」という認識しかないんですよね。

一括査定で査定を出して比較してみるべき!

このように、単に故障が多いからという理由で査定してみても、大抵は査定額に満足することはできないでしょう。

 

なぜなら、元々は「中古車」という商品は利益率が非常に高い商品なので「購入価格=売却価格」にはならないからです。

 

例えば、50万円で下取りして加修費を10万円かけて100万円で販売するのが中古車です。 さらに中古車には定価という概念が存在しないので販売店の判断でいくらでも高く設定することができるのです。

 

それなら、「購入した先で売却する」という気持ちを一度すべて捨ててしまい、まっさらな状態で「どこで査定すると1番満足できるのか」を考えてみることも必要かもしれません。

 

それなら、「下取り」ではなく「買い取り」を選ぶべきですし、買い取りなら「単独査定」ではなく「一括査定」のサービスを利用してみるべきです。

 

先ほど「80万円」という基準値が、販売店の配慮で「90万円」にアップするかもしれないと話をしましたが、一括査定を使えばそもそも80万円という基準値がアップする可能性があります。

 

なぜなら、私が紹介している一括査定かんたん車査定ガイドでは、最大10社と同時査定をすることができるので、ある意味オークションのような要素も含まれているからです。

 

実際の買取実績を見ても、プリウスで57万円の差とセレナは51万円の差と大きく開きがあることがわかります。

 

 

もちろんディーラーとの比較だけではなく、一括査定に提携してある査定業者同士で価格が比較できるのでより高い金額での売却が可能にもなります。

ランクルで60万円や日産エルグランドで41万円もの価格差となりました。


まとめ

購入したばかりの中古車を、故障が多いからという理由だけでキャンセルすることはできません。

キャンセルすることができないのであれば、目的はシンプルに「今乗っている車をより高く売る」当然の答えですよね。

目的が高く売ることなら、目標は「どこで売るのか」に変わります。

 

痩せることが大きな目的なら、「有酸素運動をする」「糖質を抜いた食事をする」「筋トレをする」という目標ができるように、高く売ることが大きな目的なら「一括査定サービス」を利用して、あなたの車を欲しがっている複数の業者に競わせて査定をしてもらおう。

 

数多くの買取業者で比較しなければ、どんなに販売店があなたの車を高く査定してくれたとしても「高い」か「安い」かの判断をすることはできないのですから。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-車を売るタイミング

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.