クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

雪が降る北海道でハイエースを乗り換えするならスーパーGLの4WDだけ。

   

IMG_4596

新車ハイエースの乗り換えを検討中のユーザーの中で、
冬に雪が大量に降る、北海道や東北に住んでいる方の悩みに
グレード選びがあります。

なぜなら、滑りやすい路面や雪道に必須である4WDを選択した場合、
グレードの選択が狭まれてしまうからです。

バンタイプであるDX(デラックス)なのか、
それとも、スーパーGLを選ぶべきなのか?

また、4ナンバー車であるディーゼルエンジンか
1ナンバー車であるガソリンエンジンなのか?

仕事でハイエースを使い、高速道路なども利用することから、
それに見合ったを最適なグレードを選びをしましょう。

寒冷地でハイエースを乗り換えするならスーパーGLの4WDしかありえない。

4WDを選ぶならスーパーGLしか存在しない

IMG_4598

まずは冒頭でも言いましたが、
北海道や東北など、雪が多く降る地域では4WDは必須です。

2WDのFR車でも、乗られないことはないのですが、
やはり雪道との相性は最悪で、スタック、スリップなんでもあり。
自動車保険のロードサービスやJAFのお世話になる可能性は高くなるからです。

4WDは必須なので、次にグレードを選んでみましょう。

なぜDXではなく、スーパーGLを選ぶべきなのか?

DX(デラックス)でも、車両価格は安いので、
安さを追求すれば選択する余地もありますが、
貧素な内張りや、ヘッドレストも存在しないリヤシートなど、
あまりにも使い勝手が悪すぎます。

しかも、ただでさえ室内空間が広いハイエースなのに、
ウッド製ボードで押さえてある内張りで冬を過ごしてみると、
室内が凍えるぐらい寒くて仕方ありません。

それなら、内張りやシートなども乗用車により近い、
スーパーGLを選ぶべきなんですね。

また、スーパーGLには、

  1. 2列目をオールフラットにできるシート
  2. 電動格納メッキドアミラー
  3. フロントフォグランプ
  4. リヤシートリクライニング
  5. メッキアウターハンドル
  6. メッキバックドアガーニッシュ
  7. イージークローザー

など、DXとの違いが数多くあります。

しかも、モデリスタパーツなどカスタマイズすることで
スーパーGLはさらにスタイリッシュになります。

モデリスタ製であるメッキ加飾のフロントグリル、
さらには、デイライト付きのフロントスポイラー

IMG_4597

 

さらには、LEDウインカー付きのドアミラーカバーなど、
カスタマイズすることで他車との差別化が可能になります。

IMG_4608

 

しかも、35,640円でまるで乗用車のような、
スマートエントリーシステムも搭載できます。
残念ながらDXは、スマートエントリーシステム取り付けはできません。

IMG_4609

なぜ、ガソリンではなく、ディーゼルエンジンを選ぶべきなのか。

24e3b2940edb0a585f67d13267c7e804_s

 

実は、4WDのスーパーGLを購入するなら、
4ナンバー標準ボディのディーゼルか、1ナンバーのワイドボディガソリン
しかラインナップとして存在していないのです。

 

スーパーGL 4WD
4ナンバー 1ナンバー
3000CCディーゼル 2700CCガソリン
標準ボディ ワイドボディ
標準ルーフ ミドルルーフン
3,712,371円 3,430,178円

もちろん、プライベートだけで使用するなら、
1ナンバーであるワイドボディ、ミドルルーフガソリン車でも
問題はないでしょう。

 

ですが、仕事として毎日たくさんの荷物を積む。
また、距離も多く走ることが予想されるので、走行してエンジンのトルクが太い、
4ナンバーディーゼルエンジンを選ぶべきなんですね。

確かにガソリンエンジンの1ナンバーミドルルーフと比べて、
4ナンバーディーゼルのハイエースのほうが20万円ほど高額です。

ですが、価格の差は使い方で変化していきます。

例えば、軽油の方がガソリンよりも燃料代が安いですよね。
また、自賠責保険料金、自動車保険料などのランニングコストなども
4ナンバー車のほうが年間で2万円ほど安くなります。

だから、4ナンバーディーゼルを
長い期間を乗れば乗るほど、また距離数を走ればを走るほど、
1ナンバーのガソリンに比べてトータルコストが安くなっていくんです。

またハイエースの場合には、ガソリン車よりもディーゼル車のほうが、
リセールバリューが高くなります。

ディーゼルエンジンを搭載しているハイエースは、
日本国内からだけではなく、海外からの需要が高いのが特徴です。
大切に乗ることを意識さえすれば、将来的に高額査定になります。

つまり価格がネックであるスーパーGLの4WDディーゼル車も、
最終的な価値を考えた場合には、
必ずしも、マイナスになるわけじゃありませんからね。

まとめ

  • 北海道など降雪地域でハイエースを購入する
  • 仕事とプライベート両方で使う
  • できるだけランニングコストは抑えたい

など、このような理由でハイエースの新車を購入するなら、
選ぶべきグレードはただひとつ。

4ナンバー、4WD、ディーゼルエンジンのスーパーGLです。

また具体的な値引き方法として、
新型200系ハイエースの値引き額を最大に増やす効果的な方法でも
紹介していますが、下取り車を高値で売却することで、
ハイエースをよりリーズナブルに購入することも可能です。

さあ、あとは行動するだけです。
あなたが「ハイエースに乗りたい!」という想いは、
必ず現実になるのですから。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - ハイエース