初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.前期と後期の違いは?マイナーチェンジの30系アルファード変更点と新機能を解説!

プリウス

新型PHVが4代目プリウスとは全く違う5つの特徴

更新日:

スクリーンショット 2017-02-09 4.57.32

本当は2016年の秋に発売予定だった新型プリウスPHV。

ついに2017年2月15日に発売される。

新型50系プリウスでは、カタログスペックでリッター40km/Lという驚異的な燃費を記録をしましたが、新型プリウスPHVの実力はどれぐらいあるのでしょうか。

現時点ではっきりとわかっている新型プリウスPHVの5つの特徴について解説していきます。

今回のPHV、まさに”進化”がわかる1台に仕上がっています。

新型プリウスPHVの5つの特徴

デザインはMIRAIと新型プリウスの中間

まずひとつ目の特徴は、プリウスとMIRAIの中間のようなデザインでしょうか。

スクリーンショット 2017-02-07 6.43.49PRIUS PHV

スクリーンショット 2017-02-07 6.44.14MIRAI
スクリーンショット 2017-02-07 6.48.46PRIUS

前モデルである、30系プリウスの場合「どっちがハイブリッドのプリウスで、どっちがPHVなの?」と差別化ができていませんでしたが、今回のPHVは明らかにプリウスとは一線を画するスタイリングになっています。

例えば、

  • 4灯式LEDヘッドライト
  • プリウスよりも105ミリ長い全長
  • カーボン製のリヤハッチバック
  • MIRAIを思い起こさせるフロントマスク

など、ひと目でPHVだと認識することができます。

この存在感が前モデルにはない、PHVの特徴、進化のひとつになっています。

ソーラーパネル充電で走行することが可能!

スクリーンショット 2017-02-07 6.43.39

先代モデルでもソーラーパネルは存在しました。

ですが先代のプリウスPHVでは、主目的として「室内の換気」のみしか使えませんでしが、今回のソーラー充電の大きな特徴は、EV走行用のエネルギーとして使えるようになりました。

充電量も後述するナビディスプレイで確認できるようになっていて、なんと、
ソーラー充電で最大6.1km/L走行できるようになっています。

今まで、おまけのような存在だったソーラーパネルも、新型PHVになりいよいよ実用的になりました。

従来の約2倍のリチウムイオンバッテリー

technology_powerunit_hybrid_35_lb

新型プリウスでも採用されているリチウムイオンバッテリーなんですが、当然PHVにも採用されています。

駆動用リチウムイオンバッテリーは従来型よりも2倍の電力量ながら大きさ、体積は1.6倍に抑えています。

前モデルのプリウスPHVの2倍に相当する8.8KWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しているので、使える電力も2倍になります。

これによりEV走行領域が圧倒的に増えて、「EV走行をもっと増やしたい!」とうユーザーのニーズに対してひとつの答えを出したことでしょう。

まさにタブレットのような未来的カーナビゲーション

スクリーンショット_2017-02-07_6_52_37

「iPad」や「Xperia Tablet」をカーナビ代わりに使いたいと一度は思ったことはないでしょうか。

私もいつも思っていました。

まさにタブレットのような11.6インチの大型モニターが高級感を演出しています。

ここまで大きくした意味としては、「ナビゲーション」と「オーディオ」、「ナビゲーション」と「エアコン」など複数の機能を2画面表示が可能になっていて、マルチにコントロールできるようになっています。

もちろん充電量なども、ディスプレイで確認ができるようになっています。

急速充電が可能になっている。

スクリーンショット 2017-02-07 6.37.40

今回のPHVから普通充電インレットの他に、急速充電インレットのふたつの充電ポートになりました。

スクリーンショット 2017-02-09 4.43.02

これにより急速充電が可能になり、より使い勝手がよくなりました。

もちろん専門の専用回路の工事も不要になり、一般的なコンセントがあればどんな場所でも充電できるようになります。

また、急速充電機能を使えば、充電時間が80%回復するまで約20分とユーザービリティが向上。

スクリーンショット 2017-02-09 4.38.36

まとめ

まだプロトタイプの段階なので、最終的な評価を下すことができませんが、新型プリウスPHVはユーザーの期待を超えた出来になる可能性が高いでしょう。

プリウスではなく、プリウスPHVを選択する理由は「とにかくEV走行領域を増やしたい!」という願望があるはずです。

前モデルでは、EVで走っているときは楽しかったがすぐ終わってしまうのが残念という意見が多かったはずです。

ですが、今回のPHVには、

  • ソーラー充電
  • リチウムイオンバッテリーの容量アップ
  • バッテリーチャージモード

など、随所に工夫を凝らしています。

また、MIRAIとプリウスをイメージさせるフロントマスク。
さらに凝りに凝った造形のカーボン製リヤハッチバックなど、これからのプリウスシリーズをリードする存在になることでしょう。

新しい情報が入り次第、私もどんどん新しい記事を書いていく予定です。

135km/hまでEV走行できる新型プリウスPHV。
すっごく発売が楽しみですよね笑。

新車買うなら一括査定
私は新しい車の購入費用のため、自分の乗っていた「プリウス」をディーラーに下取りしたところ予想を下回る査定額でした。

だから、下取りは一旦やめて一括査定を申し込み複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がつきました。

かんたん車査定ガイドは他社とは違い、おおよその「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場」がわかります。

現在、新車の値引きが渋くなってきています。

そのため、今では買い取り額は新車の値引きの調整弁として欠かせない存在です。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-プリウス

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.