初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

車の故障トラブル

2.4L「エスティマ アエラス」のエンジンから音がする原因とは?

投稿日:

img_5442

2.4Lエンジン搭載の50系エスティマに乗っている知人から、修理のオファーがやってきました。

修理内容は、エンジンのアイドリング中の異音に悩んでいるらしいのです。

具体的には、「ウォーン」と高めの異音が発生しており、エンジンが暖気されていくにしたがって小さくなっていくとのこと。

最初は我慢していたらしいのですが、段々音も大きくなってきて、やっぱりエンジンなので気持ちが悪いので診断を依頼されました。

2.4Lエスティマのエンジンのアイドリング中に音がする原因

異音の原因はベルトテンショナー

結論から言うと異音の原因は、ファンベルトの張りを自動調整するベルトテンショナーというパーツでした。

エンジンルームを開けてみると、どうもファンベルト付近からの音が発生していたのです。

ベルトテンショナーはファンベルトが駆動されており、常時テンションがかかっている状態です。

物は試しで、ファンベルトを取り外してエンジンを始動したところ、異音が「ピタッ」っと収まったので、ベルトに駆動されているベルトテンショナー本体の不良と判断することができました。

こちらが脱着したベルトテンショナーになります。
ショックアブソーバーのようなダンパーが取り付けされており、ここでベルトにかかる動きを吸収しています。

IMG_6892

 

そしてこのショックを吸収させるためのダンパーが、本来左右にスムーズに動くはずが、固着して全く動きません。

これが今回の異音の正体とみて、ほぼ間違いはないでしょう。

IMG_6893

ベルトテンショナーの見積もり金額

見積りをとってもらいましたが、やはり修理代金はそれなりに高額でした。

部品と工賃合わせましてしめて41,904円。

自動車の修理代ってなんでこんなに高くつくんですかね汗。

ベルトテンショナーを交換する以外にも、ファンベルトの亀裂もあったのでベルトの交換も一緒にお願いしました。

残念ながら、ベルトテンショナー非分解式ですので、交換するしか方法はありません。

また、中古パーツをなど探しても同じように故障している可能性があるのであまりおすすめすることはできません。

実際に私も「556」のような潤滑スプレーを使ってみましたが、今いち効果はなかったので諦めて交換することにしました。

まとめ

新品の部品を注文して交換した後アイドリング中の「ウォーン」という高い異音はきれいに消えてなくなりました。

原因としては、ベルトテンショナー本体からの異音で間違いなかったようです。

もしテンショナーを取り替えても異音が消えないようなら、

  • オルタネーター(ダイナモ)
  • エンジン本体(シリンダーヘッド又はブロック)
  • タイミングチェーン

などが怪しいと思います。

そうなると、さらに高額な修理になってくるはずなので、修理するのか入れ替えするのかなども同時に考えていく必要があるかもしれませんね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-車の故障トラブル

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.