初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

車の故障トラブル

70系ヴォクシーのオイル漏れの原因と修理料金

投稿日:

いつもヴォクシーを置いてある駐車場に、何やら黒いオイルのような液体が溜まっているようだ。

70系ヴォクシー4WDに乗っている知人からそんな連絡が入りました。

車を移動させてみると、アスファルト面に黒い液体が確かに付着しており、そこからフロアを覗いてみると下回りが濡れている模様。

そこでこの記事では、ヴォクシーのオイルが漏れる原因とその修理費用について解説します。

ちなみに、今回のポイントは4WD車であるということでした。

70系ヴォクシーのオイル漏れ修理

シャフト周辺から黒い液体が滴下している。

下回りを覗くと、確かに黒いシャフトからオイルが垂れています。

この黒いシャフトは何かって言うと、プロペラシャフトと呼ぼれる4WD車には標準装着されるパーツで、前輪と後輪をつなぐ役割を担っています。

そしてプロペラシャフトはATのミッションと繋がっており、その接続部にパッキンのようなオイルシールが入っています。

オイル漏れの原因はミッションのオイルシール

車上からフロアを覗いただけで、原因の特定までに至らなかったので整備工場にてリフトアップしてもらい詳しく確認しました。

すると、予想通りの結果に。オイルが溜まっていました。

その周辺も濡れてるので、 プロペラシャフトに刺さるミッションからのオイルシールの漏れで決まりです。

このオイルが原因で、アスファルトが黒く濡れていたのです。

最終的にこの漏れを止めるには、シャフトが刺さっている部位のオイルシールを交換すれば解決します。

オイル漏れによる修理見積もりは約2万円

整備工場で、オイルシール交換するための見積もりを取ってもらったところ、約2万円になりました。

内訳をみると、今回交換するのはオイルシールだけなのでやはり部品代は300円と補充分のオイル約1,500円と大した金額ではありません。

それよりもプロペラシャフトを取り外してもう一度組み直す技術料が約1万7,000円と修理費用の大部分を占めています。

いずれにしてもそのまま放置しておけばオイル漏れの進行が早くなるだけなので、もし気がついたら早めに交換しておきましょう。

まとめ

修理時間は約1時間。多くても約2時間程度を見ておけば大丈夫かなと。

オイル漏れの中でも比較的軽度であり、この程度の修理金額で治るなら修理するべき。

たとえば、エンジンやミッション本体からのオイル漏れだった場合5〜10万円必要なケースだってあります。

いずれにしても、駐車しているフロアあたりがオイルで汚れていたら、なるべく早く整備工場で点検してもらいましょう。

手遅れになる前に、先手必勝ですからね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-車の故障トラブル

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.