初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

新古車(未使用車)をお得に購入する。

登録済み未使用車(未使用中古車)のメリットとデメリット

投稿日:

登録済み未使用車(未使用中古車)のメリットとデメリット
未使用なのに登録されただけで中古車という扱いになるのが「未使用車

以前は、「なぜ登録済みの車が中古車市場に流れているのか?」とある意味”胡散臭い車”や”訳あり車”というイメージがありましたが、今では、「新車」「中古車」に続き第三のカテゴリーとして確固たる地位を築いています。

・・・

もちろん、これから車を購入しようと考えているユーザーからしてみれば、新車にするか中古車にするか悩んでいるところに未使用車という3つ目の選択肢が与えられたことも意味します。

そこでこの記事では、未使用車の購入を検討している方に向けて、私自身が感じている「メリット」と「デメリット」を挙げていくつかにわけて解説していきましょう!

未使用車(未使用中古車)のメリット・デメリット

まず、未使用車の定義だけはハッキリさせておきましょう。

未使用車はかつて”新古車”と言われていた時期もあります。
しかし、この言い方・表現では消費者に誤解を与えかねないとして呼称が禁止されました(なので、新古車として販売している中古車屋は怪しいとも言える)
要するに、未使用車とはディーラーの未登録未使用在庫車にナンバープレートだけを付けた、あくまで中古車という扱いになります。
ですから、ここからは表記を統一して”未使用中古車”として解説してきますね。

未使用中古車のメリット

面倒な値引き交渉なしで購入できる

未使用中古車は、新車の商談時によくある面倒な価格交渉をすることなく、お買い得な価格で購入ができます。

しかも”新車同然”にもかかわらず、諸費用も新車に比べて安く済むオマケ付き。

当然、交渉の頻度が少なくなると、何度も販売店に足を運ぶ必要がなくなり、時間の節約にもつながります。

とにかく「もっとちょっと安くしてよ」って言えない、言葉のコミュニケーションが苦手な方にとって、未使用中古車は時間的・心理的な駆け引きが確実に減るでしょう。

未使用中古車は在庫があるので契約から納車までが早い

未使用車はすでに登録された(ナンバープレートがついた)中古車なので、当然在庫として存在しています。

新車は基本、契約が決まってから発注をかけるので車種によっては3〜6ヶ月ぐらい納期がかかるケースもあります。

納車を急いでいなければ、ただ待っていればいいのですが、事故や故障などで急いで車が必要なら納期の遅れは致命的です。

もちろんディーラーによっては、新車が手元にやってくるまで、代車を借りられることもできます。

しかしディーラーの用意する代車は、程度が悪く、さらには車両保険に加入していない(対人対物のみ)状態なので、もし自損事故を起こしてしまったら自己負担をする必要があります。

・・・・

一方で未使用中古車は、車庫証明さえ取得できれば最短で約一週間程度で納車までこぎつけられます。

すぐに車が必要で、新車同様のクォリティーを求めるのなら未使用中古車は十分に検討の余地があるでしょう。

未使用中古車専門店も存在する。

出典:カーセンサー

従来、販売店には「新車」「中古車」と「未使用中古車」が同時に販売されています。

しかし最近では「未使用中古車専門店」と、未使用中古車に特化した販売店もあります。

もし自分の欲しい車種が決まっていおり、近くに専門店があれば、わざわざ色々な場所へ足へ運ぶ必要がありません。

当然お店を探す手間が省けて、時間効率が高いです。

・・・・

ただし未使用車専門店のほぼ9割は、軽自動車しか取り扱っていません(コストや回転率の問題で、普通車の在庫を持つことが難しい)からでもあります。

そこで逆に「車は欲しいけど、特別急いではいないので問題はない」「今も乗っている車はあるけど、お得で良い車があれば買い替えたい」そんな急を要していなければ、ガリバーで、自分の本当に欲しい未使用中古車を探してみてみるのもいいかもしれません。

ガリバーの場合、在庫車の他にも未公開車両などもあるので今市場に出回っていないお宝車種があったりしますよ。

未使用中古車のデメリット

新車と価格が変わらない・高くなってしまうケースがある

未使用中古車だからといって、必ずしもお得になるわけではありません。

よくよく新車との価格を比較してみると、新車とほとんど変わらないか、むしろ新車のほうが割安になるケースもあります。

ざっくりとした計算になりますが、たとえば、150万円の新車と、新車よりも20万円安い130万円の未使用中古車があったとしましょう。

・150万円(新車)−12万円(値引き)−10万円(エコカー減税)=128万円
・130万円(未使用中古車)−0円(値引きゼロが基本)=130万円

最終的には、こんな見積もり額になってしまう可能性も十分に考えられます(自動車販売において、中古車だからと新車よりも安くする決まりなど一切ない!)

「未使用中古車=絶対安くてお得」と盲目的に信じてしまうと、まんまと販売店の罠にかけられている場合もあるので、よくよく考えて判断しなければ逆に損をすることだってあるのです。

メーカーオプションを選択できない。

未使用中古車は、グレード・ボディーカラーぐらいまでは自分の欲しがっている車種に辿り着けます。

でも、完全に自分の意図したモデルと出会うのは本当にごく稀。

新車の場合、自分好みにメーカーオプションを決めることができますが、未使用中古車の場合には決められません。

たとえば、

・自動安全ブレーキ
・天井からの位置を映像化するパノラミックビューモニター
・LEDヘッドランプ
・サンルーフ

など、事前に検討していた、安全装備や快適装備がついてない可能性があります(もちろん相当運が良ければ一致する可能性もありますが・・)

未使用中古車をお得に購入するためには、このあたりの妥協が必要になり、まさにトレードオフの関係。

「あちらを立てれば、こちらが立たず」って状態なんですね。

車検がフル(3年間)についていない

新車を登録してから、はじめての初回車検までは3年と決まっています(1・4ナンバー貨物は2年)。

当然、未使用中古車は登録済みなので、ナンバープレート取得から半年寝かしていた場合2年半しか車検が残っていません。

もちろん、1年在庫していれば残り車検まで2年しかありません。

先ほどの話とちょっと重複しますが、新車と未使用中古車の価格にほぼ違いがないなら、車検期間を考慮した場合、新車を購入したほうがお得になるケースがあります。

また、ナンバー取得から1年以上経過していると、在庫している地域・場所によっては長期間放置による錆や腐食も懸念されるので、余計に車検費用がかかる可能性もあります。

販売店によっては、意味不明な諸費用が課せられるときがある。

とくに、マイナーな販売店で多いのですが、不透明な諸費用が余計にとられる場合があります。

通常、未使用中古車を購入したら、メーカー系ディーラーが車両のチェックを行って問題がないことを確認してから保証継続手続きを行います。

関連記事
ディーラー以外で中古車を購入してメーカー保証を継続する方法

ディーラー以外の中古車販売店で新古車を購入した場合、メーカーの保証を受けることができないの? たしかに同じ中古車でも、メーカー直通であるディーラーで購入したほうが保証の面で有利に感じしまうのも無理はあ ...

続きを見る

しかし、この保証継続に必要な代行費用が異常に高額になるケースがあります。

「ボッタクリかよ!」ってレベルで取ってくる販売店もあります。

また、本来サービスしてもいいような納車費用なども、結構高額な金額が徴収されるケースもあります。

なんでこんなことが起こるのかというと、未使用中古車という特性上、1台にかかる利益率が悪く、車本体から得られる利益が限られているからです。

要は販売店は、車で利益がとらないなら、手数料で利益を得ようとしているわけです。

そういうお店は往々にして、1番高い車両保険やJAFも抱き合わせでセールスしていきます。

良心的な販売店もある中で、手数料で儲けを得ようとする悪質販売店も存在するので、もしそれでもその場所で未使用中古車を購入するなら注文書の内容をしっかりと目を通す必要がありますよね。

改良されていても装備が古いまま

登録してから半年後ぐらい寝かせてあるので、その間に行われた改良には当然対応していません。

たとえば、3ヶ月前にマイナーチェンジを実施して「自動ブレーキ」を標準装備した場合などは、ついていて当然と思っている装備がついていないこともあります。

また、改良したことで、燃費が大幅に違う可能性だってあるんです。

その装備や燃費の誤差が仮に小さくても、その結果、将来のリセールバリューにも影響を及ぼして、高く売れにくくなる場合もあります。

自分の狙っている車種が、「いつ」「どこで」「どんなタイミングで」改良されたのか知っておく必要があるでしょう。

「知らなかった」では、あとで後悔することになるのかもしれませんよ。

まとめ

どうでしょう?

なんか記事を見ると、メリットよりもデメリットのほうが多くなってきました(汗)

ただ私自身がそう思っているのは事実で、もし「すぐに車が欲しい」と緊急性がなく、未使用車を購入する予算があるなら新車を購入したほうがいいと思っています。

その一方で、価格の安さをより求めているなら、未使用中古車よりも程度がよく走行距離の少ない優良中古車を探してみるべきで、それなら予算の範囲内で、もう1ランク上の車種を余裕をもって購入できるはず。

つまり私の中では、未使用中古車ってどっちつかず感が否めないんですよね。

いずれにせよ、欲しい車がどれぐらいの価格で購入できるのか、ネットでも調べられる中古車のガリバーなど大手販売店を利用して、調べてみましょう。

ガリバーなら程度の良い中古車、未公開車両もあるので、案外かんたんに見つかるかもしれませんよ。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33

ガリバーは中古車の不安要素でもある全車修復歴(事故歴)をチェック済みです。

また、条件次第(有償)で最大「10年の長期保証」があるので、他の中古車販売店よりも圧倒的にアフターサービスが充実しています。

しかも、中古車としては異例ともいえる100日間の返品制度もあるので安心して購入することができます。

これから、あなたと長い時間を共にする「最高の相棒」を探している方にもおすすめ。

►►ガリバーで在庫車・未公開車両を探してみる。

 


 

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


 
かんたん一括査定ガイド

-新古車(未使用車)をお得に購入する。

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.