クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

色々な方法があるけど、結局車売るならどこがおすすめ?

      2016/02/15

色々な方法があるけど、結局車売るならどこがおすすめ?
車を売却して現金化したい。
このように「車を手放す」方法について相談を受けることがたびたびあります。
単純に車を売ると言ってもその目的は人それぞれ。

  • もう乗ることもないのでクルマが邪魔。
  • 車をどこよりも高く売りたい
  • 即現金が欲しい

など理由さまざまです。
さて、それでは私が色々な体験を経て、
最も安心かつ安全でしかも面倒ではなく「車の売リ方」を紹介します。

色々な方法あるけど結局「どこで車を売る」のが正解なんだっ! 
と悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

自分の住んでいる地域の買取店にて売却をする

もっとも「ポピュラー」な方法ですが、自分が現在暮らしている、
地域で査定してもらうという方法があります。

買い取りを強化しているので高価買取を期待できるかもしれません。
ですが、実際に今あなたが乗っている愛車の価値を
最大限まで引き出すことは中々難しいのです。

まず、価格を比較するライバルが地域の買取店になりがちですし、
どんなに「大手買取店」とは言え、
基本的には買い取った車はその地域でそのまま販売をします。

よほど、支店のほうから要望があって車を移動させても、
違う県に運ぶと結局は「移動コスト」となるのです。
こう考えると、買取業者にとっても買い取りしたあとに、
そのまま店舗販売するほうが効率的です。

よく大手買取店の場合には「全国ネット」で宣伝していますが、
ほとんどのユーザーは市場価値なんてわかっていません。

ユーザーは違うお店との価格を比較しようにも、
比較対象が見つからないのです。

数社を自分の足で周りながら、色々な買取業者にて査定してもらい、
その見積書をもって価格比較をさせることはできますが、
「最高に時間がかかりますし、面倒だと思いません?」

たしかにひとつひとつの買取店で査定してもらうことは、
簡単なのですが、一か所で査定をしてもらうと買い叩かれてしまうし、
複数の場所で査定をしてもらうと、
移動コストがかかり時間も消費してしまします。

はっきり言えば「効率が最高に悪い」方法なのですね。

車のオートオークション会場で売却してみる

uss
難易度が比較的高い方法ではありますが、
比較的に高く売却できる「オートオークションに自分で出品してみる」という
方法があります。

もちろん買い取りには相場比例して売却することができるので、
ある程度満足をした価格で落札してもらうことができるでしょう。

ですが、実は「成約率は40%と言われている」ことと、
なんだかんだ言いながらも、「初心者にはハードルが高すぎる」という印象が、
やはり拭えません。

確実に売れる方法ではあるのですが、
出品手数料で8,000円から15,000円。

車の相場をあまり知らない初心者がチャレンジするよりは、
やはりある程度、経験のある方がやってみる方法でしょうね。

友人・知人に個人売買する

タイミングが合えば、友人や知人に売却するという方法があります。

もちろん相場などはなく、言い値で決まってしまうケースがほとんどです。
ただ、私自身の経験では「友人や知人に車を売却する」という選択が
あまり良い方法だとは到底思えないのです。

亀裂が入る?友達に車を売ってはいけない5つの理由
友人に車を売ることになったのですが、なんといっても避けたいのは「トラブル」 ではないでしょうか。 ゲームソフトのような安物とは違って、 高額な取引ですし、各種変更手続
参考:亀裂が入る?友達に車を売ってはいけない5つの理由
理由は上の記事にも書いているのですが、

友人なのでどうしても情が湧いてしまい「高く売却できない」
という理由も、もちろんあるのですが、
タダで同然で譲る」場合でも同じなのです。

自分にはわからない、クルマの小さな音ひとつとってみても、
その友人にとってはすごく気になる異音と感じてしまうかも知れません。

自分が「調子がいい」って満足して乗っていても、
友人には「なんだこの車」と感じてしまうかもしれません。

車は、主観的な立場でのる乗り物ですから、
乗る人によって全然印象が違ってくるのです。
自分にとって名車でも、他人にとってはそうとも限らないのですからね。

友人に「あーあ買って失敗したわー後悔だわー」なんて思われたくないですよね。
はっきり言って、友人や知人に車を売る行為は、
神経をすり減らすだけで、いいことありませんから。

しかも、売ってあげたのに3ヶ月もしないうちに転売されたら、
揉める原因にもなりますよね。

ディーラーで買い取りしてもらう

Toyota_Saitama_Japan_Car_dealership_Tokorozawa
ディーラーは下取りする場所であって、買い取りする場所ではありません。

いや、正確に言うと、できないことはないのですがやはり「売る専門」だと
随所で感じてしまうのです。

確かに看板には、大きく「高価買取」と謳っていますが、
実際に査定だけをしにいくとびっくりされます。

そのぐらいディーラーは「購入あり」が前提で「買い取り」が
あとに続くのです。 まあかんたんに言うと不慣れなんですね。

なので、もしあなたが今すぐに欲しい車種が決まっていて、
今売ろうと考えているのであれば、
下取りをお願いするという方法は十分ありでしょう。

値引き同時に下取り価格をジワジワと上げてもらえれば、
より安く、新車や中古車を購入できるでしょう。
でも、やはり「買い取り」だけでは高価買取はあまり期待できないでしょう。

ネットにて無料の車一括査定に相談する

スクリーンショット 2016-02-15 21.05.53
最後に紹介するのはネットを利用して、
無料で申し込みができる「一括査定サービス」でしょう。

高価買取店に、似ているようで全然違うその中身。

買取店は基本的にこちらから査定に出向かなければなりませんが、
一括査定サービスは違います。

最大8社の買い取り専門店のスタッフが出張査定してくれるので、
日時さえ決めてしまえば、時間がない方でも自分のペースで依頼することができるのです。

さらには自宅で査定してもらえるので
即決しなければならない」など、
よくありがちな買い取り業者ペースになることもありません。

複数社を競わせることで、
自分の希望額で買い取りしてもらう可能性が高くなるのです。

もちろん、絶対に高く売れるという保証はどこにもありません。
ですが、より可能性があることは確かでしょう。

もちろん無料で依頼できますし、相場価格を知ることもできるので、
自分でも実は気がついていない車の価値を引き出してもらうことも可能になりますからね。

心配を恐れているぐらいなら、まず行動しよう。
話はそれからですからね!

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を高く売るテクニック