初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

車を高く売るテクニック

ボディタイプで違う!買ってから5年落ちの下取り価格はどれぐらい?

投稿日:

新車から5年落ちした今いくら

新車の商談中に必ず問題になるのが愛車の下取り価格がどれぐらいになるのか問題

とくに、新車を購入してから5年落ちの車は、一体どれぐらいの金額で下取りされるのか気になるところです。

車の下取り価格は買ってからどれぐらいの年数が経過しているかだけではなく、走行距離はもちろんのこと査定時の中古車価格が参考になってきます。

年式や走行距離の割に中古車の価格が高い車種は、残価率(新車価格に占める下取り価格の割合)も高く、年数が経過しても価値が下がりにくい特徴があります。

そこで今回の記事テーマになりますが、新車から5年落ちの車をターゲットにして、それぞれの下取り額の残価率をボディタイプのカテゴリー別に分けてみることにしました。

そうすることで、下取り価格が高いボディタイプが見えてくるはずですからね。

また、それに伴ってディーラーにおける下取りの決定的な弱点も見ていきましょう!

ジャンル・カテゴリー別下取り価格の傾向

ミニバンクラスは残価率が高い

ミニバンは、ファミリー層向けで実用志向のカテゴリーに分類されるので、ボディサイズは大きくなり電動スライドドアなどの装備があるため新車価格は高め。

同じ車種でも、標準タイプのボディやエアロタイプのボディなどグレードが複数あって、その中でもとくにエアロボディは人気が高く、中古車を求めるユーザーがとても増えました。

とくにラージサイズのミニバンであるアルファード・ヴェルファイア両横綱の人気が高く、5年後の残価率は50%を軽く超えています

つまり、400万円で購入した新車が、5年後200万円で売却できる計算です。

ミドルクラスのミニバンのセレナは、エアロ仕様のハイウェイスターの残価率が47%となり、標準ボディは38%に比べて非常に高くなっています。

また、ホンダのステップワゴンのエアロバージョンは50%で、標準ボディを43%に下がります。

当然市場は国内だけで成立しているわけじゃなく、海外にも目を向ける必要があります。

海外で人気のミニバンと言えば、三菱のデリカD5。 ミニバンで唯一のディーゼルエンジンを搭載する人気車種。

グレードDパワーパッケージの残価率は55%と、5年経過しても半分以上を回収できる見込みになっています。

車名 メーカー グレード 下取り額 新車価格 残価率
アルファード(2代目) トヨタ 350G 233万円 440万円 53%
アルファード(2代目) トヨタ 240S 210万円 370万円 57%
ヴェルファイア トヨタ 3.5V 233万円 440万円 53%
ヴェルファイア トヨタ 240Z ゴールデンアイズ 224万円 433万円 55%
ヴォクシー(2代目) トヨタ 2.0ZS 118万円 237.1万円 50%
ヴォクシー(2代目) トヨタ X 83万円 199万円 42%
セレナ 日産 ハイウェイスターGハイブリッド 126万円 270万円 47%
セレナ 日産 20S 80万円 208万円 38%
ステップワゴン ホンダ G 107万円 246万円 43%
ステップワゴンスパーダ ホンダ Z 132万円 266万円 50%
デリカD:5 三菱 Dパワーパッケージ 178万円 326万円 55%
デリカD:5 三菱 Gプレミアム 185万円 360万円 51%

POINT

ミニバンは標準ボディよりも、エアロボディのほうが高く売れる!

今もっとも人気があるジャンルSUV!

現在もっとも人気があり、勢いがあるジャンルが「SUV」でしょう。

SUVは今が旬のカテゴリーなこともあり、新車価格に対して中古車需要も多く中古車の価格も常に高騰気味。

車によっては新車買うのと変わらないケースも出てきます。

その中でもとくに人気なのがトヨタのSUV。

それぞれ残価率を計算してみると、

・ハリアーが61%
・ランドクルーザープラドが60%
・ランドクルーザーが68%
・FJクルーザーが62%

と、驚異の6割超えをしています。

もちろんそれには理由があって、トヨタ車のSUVはとくに海外への中古車輸出も活発だから。

要は海外からも信頼されている何よりの証拠なんですよね。

もちろんトヨタ車のSUVだけではなく、

・ホンダのヴェゼルハイブリッドは55%
・スバルのフォレスターは52%
・スバルのXVは51%
・日産エクストレイルは49%

と、どのメーカーから発売しているSUVでも全般的に高く売れる傾向です。

車名 メーカー グレード 下取り額 新車価格 残価率
ハリアー トヨタ 2.0プレミアム 188万円 308万円 61%
ランドクルーザープラド トヨタ 4.0TZ 245万円 404万円 60%
ランドクルーザー トヨタ 4.6Gセレクション 359万円 528万円 68%
FJクルーザー トヨタ 4.0カラーパッケージ 193万円 309万円 62%
RX レクサス RX350 242万円 525万円 46%
エクストレイル 日産 20X 121万円 247万円 49%
ヴェゼル ホンダ G 102万円 198万円 52%
CX-5 マツダ 25S 112万円 241万円 46%
XV スバル 2.0i-L アイサイト 120万円 237万円 51%
フォレスター スバル 2.0i-L アイサイト 125万円 239万円 52%
パジェロ 三菱 エクシード 170万円 350万円 49%

POINT

SUVは海外からも人気が高いので、リセールバリューが高く、価値が下がりづらい傾向にある!

車が豊富にありすぎて高く売れない?ハッチバック・コンパクトカー

新車の販売台数を牽引しているハッチバック・コンパクトカークラスなんですが、当然中古車の流通量も多いです。

しかし、コンパクトカーは新車価格も安いことから中古車よりも新車を求めるユーザーが多く、残価率はSUVやミニバンと比べて低くなる傾向にあります。

たとえば、

・パッソは28%
・ヴィッツは32%
・デミオは29%
・スイフトは29%
・マーチは22%

と、非常に低くなっています。

マーチに至っては、135万円で購入した新車が、5年後には『30万円』と残価率が22%しかありません(涙)

コンパクトカークラスは、新車で購入しても下取り査定に苦戦するカテゴリーと言えるでしょう。
※じゃあ、どうすればいいのかは改めてあとで説明します。

・・・・・・

一方で、コンパクトカークラスでも残価率が高い種類があります。

それがハイブリッドカーでホンダのフィットハイブリッドは47%です。

またスイフトのスポーツモデルは標準タイプよりも下取り額が期待できます。

いずれにせよ、コンパクトカーの下取り価格は他ジャンルよりも低い傾向があります。
車名 メーカー グレード 下取り額 新車価格 残価率
ヴィッツ トヨタ 1.3U 46万円 143万円 32%
パッソ トヨタ 1.0 35万円 124万円 28%
アクア トヨタ L 40万円 160万円 25%
ノート 日産 X 38万円 146万円 26%
キューブ 日産 15X 43万円 163万円 26%
マーチ 日産 G 30万円 135万円 22%
フィット ホンダ RS 83万円 171万円 49%
フィットハイブリッド ホンダ Sパッケージ 86万円 183万円 47%
デミオ マツダ 13スカイアクティブ 37万円 128万円 29%
ミラージュ 三菱 G 29万円 123万円 23%
スイフト スズキ 1.6スポーツ 72万円 165万円 43%
スイフト スズキ 1.2XS 44万円 153万円 29%
ソリオ スズキ S-DJE 64万円 168万円 41%

平均的なセダン・ワゴン

セダン・ワゴンクラスの残価率は平均的な水準で推移しています。

しかしその中でも、個性的で尖った高性能なスポーツモデルほど残価率は上昇します。

たとえば、インプレッサWRXの残価率は59%と高めです。

これは、新車価格が高いわりに中古車を求めるユーザが多くいる何よりの証拠であり、中古車市場に出回っていないモデルだからなんですね。

その他にも、トヨタ車の残価率は平均的に高めで、クラウンハイブリッドは47%と価値が下がりません。

ワゴンカテゴリーでは、マツダのアテンザやスバルのレガシィなどが46%と高めの傾向があります。

車名 メーカー グレード 下取り額 新車価格 残価率
クラウン トヨタ ロイヤルサルーン 169万円 389万円 43%
クラウン トヨタ ハイブリッド 244万円 517万円 47%
マークX トヨタ 250プレミアム 114万円 278万円 41%
アテンザワゴン マツダ 20S 110万円 240万円 46%
インプレッサWRX スバル 2000T 210万円 356万円 59%
レガシィツーリングワゴン スバル 2.0GT 161万円 347万円 46%
レガシィアウトバック スバル 2.5 137万円 300万円 46%

希少車は下取り額も高め!クーペ・オープン

クーペもSUVと同じく、新車価格が全般的に高く中古車の流通量も少ないため残価率は上昇する傾向にあります。

たとえば、日産のGT-Rなんかは65%にも達します。

その他マツダのロードスターが53〜54%、フェアレディZが51%を高め。

やはり、ある一定層に人気がある車種は、価値が下がらない傾向にあるんですね。

車名 メーカー グレード 下取り額 新車価格 残価率
GT-R 日産 プレミアムエディション 622万円 963万円 65%
フェアレディZ 日産 VersionS 203万円 395万円 51%
ロードスター 三菱 RS 149万円 274万円 54%
BRZ スバル R 111万円 242万円 46%

ボデイ形状で下取り価格にばらつきあり!軽自動車

軽自動車は、さまざまな性格の車種が存在する多様性を含んでいます。

それ故、現在のトレンドとボディ形状によって残価率が大きく違ってきます。

たとえば、軽自動車唯一のSUVであるスズキのジムニーの残価率は52%。

スライドドアを備えたスペーシアは49%、ロングセラーモデルのワゴンRは52%と残価率が高い。

また現在軽自動車のトレンドを走るスーパーハイトワゴンと言われている高身長のタントは51〜52%。

また、N−BOXシリーズも50%台と、購入したあとの価値もある程度保証されます。

軽自動車は何より販売台数が多いので、中古車の流通量もあります。

それでいてコンパクトカーと比べて中古車を求めるユーザーが多く、それに伴い残価率も上昇していく傾向があります。

車名 メーカー グレード 下取り額 新車価格 残価率
N-ONE ホンダ プレミアムL 61万円 132万円 46%
N-WGN ホンダ Gターボ 67万円 130万円 51%
N-BOX ホンダ Gターボ 79万円 150万円 52%
アルト スズキ X 38万円 98万円 39%
アルトラパン スズキ TLターボ 66万円 135万円 49%
スペーシア スズキ Tターボ 66万円 135万円 49%
ワゴンR スズキ FX 51万円 119万円 43%
ワゴンRスティングレー スズキ Tターボ 67万円 142万円 47%
ジムニー スズキ XC 79万円 150万円 52%
ミライース ダイハツ Xスマートアシスト 40万円 100万円 40%
タント ダイハツ Xターボ 67万円 131万円 51%
タントカスタム ダイハツ RSターボ 79万円 150万円 52%
タントエグゼ ダイハツ X 52万円 119万円 44%
ムーヴ ダイハツ Xターボ 46万円 121万円 38%
ムーヴカスタム ダイハツ RSターボ 58万円 136万円 43%

POINT

軽自動車はスーパーハイトワゴンの下取り額が高め!

下取り査定額を高める唯一の方法

では、ここからがもっと大事な話。

今紹介したのは、あくまでディーラーにおける独自の残価率に基づいた下取り価格にしか過ぎず、思った以上安く感じた方もいるでしょう。

しかしここからが重要で、車を売る場所は何もディーラーだけではありません。

最も中古車市場の価値に精通している、『買取店』の存在があります。

買取店に車を売るメリットは、

・ディーラーよりも高い査定額を提示しないと売ってもらえないので高額の査定が出やすい。
・買い取りする業者により、それぞれニーズが違うので複数の買取店で価格を比較することができる。
・その場所で新車を買わなくても売却できる。

などがあります。

また下取り査定をしてもらうにしても、正しい手順としてはまず、買取専門店にて査定を受けて、客観的な価値を把握します

さきほど説明したように、買取店は中古車市場も価値を精通していて正確性の高い査定額を算出できるからです。

たとえば、最大50社以上の複数の業者から、一回の査定で価格を提示する一括査定の比較サイトかんたん車査定ガイドを利用すれば、業者同士で価格競争が可能です。

しかも、かんたん車査定ガイドに参加している業者は、「ガリバー」「ビッグモーター」「カーチス」「アップル」などの信頼できる大手ばかり。

 

もちろん、一括査定を利用すればディーラーが提示した査定額と比較もかんたんです。

どんなにディーラーの残価率が高かったとしても、本当の意味で市場価値を反映しているのかまでは他社と比較しなければ始まりません。

下取り査定額と買取査定額がぜんぜん違うのであれば、買取店で売ることもできますし、もち近ければ査定額の競争させれば、多少拡大の余地もありますから。

いずれにせよ、ディーラーだけの査定では本当の意味での価値を判断することは不可能なので、正しい価値を判断してもらうためにも、買取業者にて1度は査定を受けてみましょう。

まとめ

新車から5年落ちの車種をカテゴリーごとの残価率を紹介しました。

傾向としては、「SUV」「ミニバン」は下取り額が高めで、「コンパクトカー」は低め。

そしてその他は標準的で、唯一軽自動車だけは需要によって価格差は存在します。

ただし、先ほども解説したとおり、下取り車の査定額を高める本当の方法は、ディーラーと買取店で査定額を競争させること。

とくに買い取りを行う業者それぞれで買い取りしたい車のニーズは違います。

なるべく多くの業者から査定を受けるのが良いでしょう。

そして、買取業者を比較した上で、その後下取り査定をしてもらい好条件の相手に売却すればその金額が、あなたの車における本当の意味での最大ポテンシャルと言えるでしょう。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-車を高く売るテクニック

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.