クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

年式は古いが、走行距離が少ない車は買い取りしてくれるのか?

      2016/04/14

volkswagen-690883_1280
「年式は古いけど、走行距離が少ない車の売却は可能なのか?」

そんな思いを抱いて、ディーラーや近所の車販売店にて、
買い取りをお願いをしたところ、「0円査定のオンパレードだった

走行距離が少ないメリットがあっても、年式が古いというデメリットのせいで
売却することはできないのだろうか。

それなら、単純に買い取りを依頼する、
場所が間違っている可能性があります。

では、どのような場所を選べばいいのか、説明していきましょう。

年式は古いが、走行距離が少ない車の査定基準

IMG_3856

基本的に買い取りは、10年10万kmが限界点となっています。

なぜなら、10年間で10万km走行した車を査定して買い取りするには、
業者側も買い取り後のリスクが高く、再販できる可能性が低くなるからです。

買い取ったあとに、販売すてすぐに故障してしまった
など、リスクが高くなるので、業者も慎重になってしまうのです。

定期点検や、オイル交換など、
メンテナンス作業をしっかりと実施していても
「古い車」というだけで、敬遠されやすくなるのです。

需要と供給のバランスが悪い

基本的に車は年式が古く、走行距離が短い車よりも、
年式が新しく、走行距離が多い車のほうが人気があります。

なぜなら、新しい車のほうが人気があり、世の中の需要もあるからです。

例えば、過走行車の新型プリウスと、
全く走行していない初代プリウスどちらが高く買い取ってもらえるでしょうか?
どう考えても、過走行車の新型プリウスですよね。

ちょっと強引な例えになってしまったけど、
古い車というのはそれだけ「買い取り」に不利に働いてしまうのです。
では、なぜ不利になってしまうのでしょうか。

部品がなくなってしまうリスク

古い車は、アフターフォローのリスクはありますが、
もう1点、年式が古いと「部品の供給がなくなる」危険性があります。

再販して、1年後違う場所で車検を申し込んだところ、
部品交換が必要になったが、交換部品を注文することができません。

こんな事態になってしまうと、お客さんと販売店のトラブルに繋がりかねません。
また、事故を起こしてしまって
自動車保険にて修理が必要になってしまったが、
供給部品がないために、車が元の状態に戻らなかった。

このように、古いというだけで、
メーカーからの部品供給がなくなってしまう可能性もあるのです。

古い車を買い取ってもらうためにはどうすれば良い?

515d39d86fc439347d4701ee1e333ff5 m
では、古い車を買い取ってもらうにはどうすれば良いのか?

答えはシンプルで再販されないような場所。
例えば、廃車買い取り専門業者などに依頼すると買い取りが可能になります。

ネットで申し込みができる、廃車買い取りが無料でしかも海外に流通先があるカーネクストを利用すれば、
再販するリスクやアフターフォローのリスクが、
他の買い取り専門店よりも少なくなります。

なぜなら海外には車検がなく、また、日本車がこよなく愛されているからです。

あなたの車の価値が、国内にないと言われるのであれば、
価値を見出してもらえる場所で売却することが大事なのです。

視点を変えることで、価値は変えられます。
つまり、査定してもらう場所を変える事で、価格を提示されやすくなります。
視野が狭くなっているときほど、広い視点で物事を見るようしましょうね。

一括査定を利用してみる

なにも、廃車買い取り専門店だけが、
海外にルートをもっているわけではありません。

50社以上の買い取り業者が参加している、
一括査定を利用すれば、海外に強い業者はまだ見つかります。

また、海外に売却するルートがなかったとしても、
一括査定を利用すれば、査定額の比較対象が増えるので、
例え、古くても買い取りしてもらえる可能性が高くなります。

忘れましたか?あなたの車は、
高年式車ではありますが、
距離数が少ないというアドバンテージがあります。

どんなに古くても、査定額は市場価値で決定します。

どんなに新しい車でも、市場価値が低ければ、
高価買い取りなど狙うことはできません。
でも一方で、古い車でもその業者にとって需要があれば、
値段を出してもらうことは十分に可能です。

あまり買い取り価格に過度な期待をしすぎると、
がっかりする可能性はありますが、

年式だけを追わないで、相場や需要などを意識してみると、
実は「あなたの車を喉から手が出るほと欲しがっている」
業者はあるのかもしれませんからね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を売る基礎知識