初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.前期と後期の違いは?マイナーチェンジの30系アルファード変更点と新機能を解説!

事故車や不動車を廃車にする

自走できない車を売却するもっとも便利でかんたんな方法

更新日:

運転中に事故を起こしてしまい、走行不能になり自走ができない状態になってしまったのでディーラーにて車を預かってもらっている。

 

しかも、最悪なことに車両保険に加入していないため、保険を使って修理することができず、自費で修理するしか方法がないのだが、損傷がひどく、高額見積もりになるのでとてもじゃないけど修理費用を払えません。

 

ディーラーからも「修理」「新しい車を購入」「廃車」という選択を待ってもらっている状態ですが、新しい車を購入できる余裕がないため、廃車しようと考えています。

 

できるだけかんたんに事故車を売却したい!」もちろんその方法はあります。

ここでは「損をせずに廃車にするベストな方法」について解説します。

今回のような自走できない車の処分方法に困っているユーザーは他にもいるのではないでしょうか?

自走が無理な事故車を処分する方法

ディーラー処分するなら手数料が必要になる。

まずは、預かっているディーラーで処分するケースを考えてみましょう。

メリットは、車が保管されている状態なのでレッカー移動などもなく、廃車までスムーズに進行することです。

ただ、ディーラーで廃車手続きを委託すると廃車手数料がかかります。

しかも、今回のようなケースでは、通常の廃車手数料よりも多く取られる可能性があるのです。

なぜなら、わざわざ車の保管場所にされ「販売」や「修理」につながらなかったら、ディーラー側にとっても売上につながらず「ボランティア」で終わる可能性があるからです。

こうなったときのディーラーの対応を案外冷たいもので、廃車手数料を通常よりも多くとって「元を取ろう」とするのです。

「引取料」「解体費用」「廃車手続き代行費用」「レッカー費用」など言い方はバラバラでキッチリと手数料を取られます。

具体的な手数料は、販売店によりピンきりですが、廃車処分料として30,000円〜50,000円は間違いなく請求されるので、その辺りの正確な金額は直接販売店に確認しておきましょう。

もちろん、車を保管してもらっている販売店で新しい車を購入するなら、廃車手数料をサービスしてもらうこともできます。

いずれにしても、廃車をディーラーでお願いするかどうかの基準は、その販売店で車を購入するかどうかで決まると判断してもらって間違いではないでしょう。

廃車買い取りサービス「カーネクスト」を利用する。

もし、保管させてもらっているディーラーで、車の購入をしないのなら別の方法で廃車にすることをおすすめします。

そこでおすすめなのが、廃車買取サービスのカーネクストを利用する方法です。

カーネクストをおすすめする理由が以下の5点。

  1. 廃車手数料を必要としない(無料)
  2. 日本全国どこへでも引き取りしれくれる。
  3. 「0円買取保証」があるので損をしない。
  4. 査定額がつく可能性もある。
  5. 自動車税の還付手続きもしてくれる。

このように、廃車するための手数料やさらに税金の還付を受けるために、専門業者を選んで適切な方法で廃車にするべきなんですね。

カーネクストに廃車を依頼するべき理由

カーネクストは、レッカー費用や廃車費用など、すべての手数料が無料になるサービスです。

例えば、今廃車する予定のある車を無料に引き取り、廃車に必要な書類の代行や作成などすべて負担してくれます。
※本人じゃないと取得できない印鑑証明などは取る必要があります。

 

また、どんなに手数料が無料だとしても「事故の状態が酷すぎるので、買取NGになるのではないか?」という不安があると思いますが、カーネクストでは「0円買取保証」を約束しているので、申し込みしたあとに断られることもありません。

事故車といっても、海外に多数の販路があったり、パーツ単位で様々な業者と提携してあるので資源をもう一度再利用することができるのです。

しかも、必ずしも「0円査定」で終わるわけじゃありません。

車種によりますが、しっかりと査定額がつくこともあります。

例えば事故車のイプサムが20,000円、ハイエースについては320,000円と予想以上の高値で売却されています。

スクリーンショット 2016-07-26 9.53.27

もちろん事故車だけではありません。

公式ページを参照してもらえればわかりますが、事故車以外でも、

  • 不動車
  • 水没車
  • 多走行車
  • 古い車
  • ディーゼル車

など、どんな車でも買取してもらえるのです。

いずれにしても、ディーラーで修理や新しい車の購入をせずに廃車にして、手数料を支払うぐらいなら廃車買取サービスを使ったほうが余計なお金を支払わずに済みます。

もちろんその他にも、廃車にするということは「税金の還付」があることは忘れてはいけません。

カーネクストでは税金の還付手続きもおまかせできる。

 

カーネクストでは、買取はもちろん自動車税の還付手続きも任せることができます。

例えば、毎年4月か5月にやってくる自動車税の支払いすると、4月から次の年の3月までの1年間の税金を支払うことになります。

ただ、7月に事故を起こして廃車にした場合、残りの8ヶ月間分の自動車税はあなたの元に還付されるのです。

例えば、2.4Lのアルファードなどは1年間で45,000円自動車税がかかるので、もし7月に廃車にした場合、残りの8ヶ月間に相当する30,000円の還付を受け取ることができるのです。

 

一方で、ディーラーや中古車販売業者などに廃車を委託すると無申告な限り、自動車税の還付が受けられない可能性があります。

カーネクストのページから引用すると以下のようになります。

車を廃車する際、ディーラーや中古車店を利用するのが一般的ですが、ディーラーで車の下取りや、中古車店に買い取ってもらう場合は、自動車税の還付を受けることができません…ディーラーも中古車店も廃車の買取は得意ではないため、自動車税の還付手続きをしてもらえないうえ、「引取料」「解体費用」「廃車手続き代行費用」「レッカー費用」など、様々な名目で数万円の出費になるのが一般的です。

 

カーネクストでは廃車にした月によりますが、通常の買取額の他に、自動車税の戻り分も受け取れます。


買取金額が高ければ高いほど、自動車税の残りがあるほどあなたの手元にお金として戻ってくるのです。

まとめ

もちろん、カーネクストなど専門店を使わなくても自分で書類を用意して廃車にすることはできますし、税金の還付手続きもできます。

でも手続きは、すべて自分でおこなう必要がありますし、さらに解体業者を探す手間もあります。

そんな面倒な手続きを踏むぐらいなら、「廃車手続き→事故車引き上げ→自動車税の還付」など全て一括でしてもらえる廃車に精通した業者に任せてしまった方がいいでしょう。

ただし、ディーラーや中古車販売店は、車を販売することについては「プロ」ですが、廃車にする「プロ」ではありません。

「したことがある」ことと「できる」ことはイコールではありません。

もしあなたが、自走できない事故車の廃車の処分に困っているなら、廃車に特化した専門業者カーネクストに任せてみよう。

廃車にしたいユーザーと買取したい業者。これが本当の意味での「Win-Winの関係」ってやつですよね。

►►廃車買取カーネクストで買取してもらう。

-事故車や不動車を廃車にする

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.