初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

車の選び方

「ハイブリッド」と「ガソリン」同じ車種ならお得なのはどっち!?

投稿日:

同型で「ハイブリッド」と「ガソリン」を併売している車種がありますが、どちらを購入すると結局お得になるのか。

燃費だけで判断すると、ガソリン車よりもハイブリッド車のほうがリーズナブルに感じますよね。

でも、ちょっと待ってください。

燃料を入れる回数が減るという理由だけで、ハイブリッドを購入する逆に損をする可能性があります。

そこで購入時にどちらを購入するべきなのかをデーターを元に解説します。

ハイブリッドカーの燃費だけでは、高価な車両本体価格を相殺できるほど経済的な優位性はないのですから。

「ハイブリッドとガソリン」同型車種でよりお得な車種は?

「アクア」「プリウス」などハイブリッド専用車ならお得になる

ハイブリッドカーには、

  1. 「アクア」「プリウス」などの専用型タイプのハイブリッドカー
  2. 「シエンタ」「ヴォクシー」「ハリアー」「アルファード」などガソリン車と同時販売する派生型タイプのハイブリッドカー

の2つのタイプが存在します(ホンダのフィットなども派生型ハイブリッドに当たります)

ハイブリッドは、圧倒的な燃費性能をメリットに販売台数を伸ばしてきたのですが、それはあくまでリッター30km/L以上走るプリウスやアクアなどの専用型タイプのみであり、ガソリン車と併売されているタイプには当てはまりません。

なぜなら、ガソリン車と併売しなければならない派生型タイプのハイブリッドは、同型車ゆえにパーツを共用化する必要があるため、専用型よりも燃費の面で劣り、お得感は期待できないのです。

そして、併売タイプのハイブリッド車の最大の問題点は、ガソリン車との価格差にあります。

ガソリン代と価格差はどれぐらいで埋まるのか?

併売タイプにおける最大の問題点。

先ほどの挙げたトヨタ系の同じ車種なら、ハイブリッドのほうが、ガソリン車よりも圧倒的に車両本体価格が高額になります。

ですから、同型車種で併売されている場合、どちらがお得なるのかを燃費だけは測れないのです。

しかも5万、10万円ならまだしも、車種によっては40万円から90万円もの違いがあります。

そうなると燃費だけではお得だと判断することができず、「開いた価格差を相殺できるのか」という問題にもなってくるのです。

ここでは、特に併売型ハイブリッドカーの多い、トヨタ車を参考に見ていきましょう。

先ほど挙げた、

  1. シエンタ
  2. ヴォクシー
  3. ハリアー
  4. アルファード

4車種をチョイスして「価格差」と「燃費」をシミュレーションしていきます。

トヨタ新型シエンタのケース

シエンタXグレードを例にすると、両車の価格差は約41万円。

燃費は、ハイブリッドが27.2km/Lでガソリン車が20.2km/L。燃費にそこまで大きな開きはありません。

 

この燃費差でシミュレーションしてみると、41万円の差額を相殺させるためには、なんと275000kmも走行する必要があります。

仕様 燃費 ガソリン代 1kmあたりの単価 相殺できる距離 総ガソリン代 ガソリン代差額
HV 27.2km/L 125円 4.6円 275,000km 1,265,000円 412,500円
ガソリン 20.2km/L 6.1円 1,677,500円

 

ヴォクシー80系のケース

次に、ミドルクラスのミニバンである、80系ヴォクシーは価格差が約49万円。

 

シエンタと同様に燃費の差が少ないわりに、49万円もの価格差があるので、この差を埋めるために197000km走行する必要があります。

仕様 燃費 ガソリン代 1kmあたりの単価 相殺できる距離 総ガソリン代 ガソリン代差額
HV 23.8km/L 125円 5.3円 197,000km 1,044,100円 492,500円
ガソリン 16.0km/L 7.8円 1,536,600円

 

60系ハリアーのケース

ここからは、さらにハイブリッドとガソリンとの価格差が大きくなっていきます。

SUVである60系ハリアーは、同じグレード間でもなんと82万円もの差額がありますが、燃費の差は7.8km/L程度しかありません。

 

元をとるために、410000km走行しなければならないのです。

実際にハリアーの場合には、圧倒的にガソリン車のほうが売れています。

仕様 燃費 ガソリン代 1kmあたりの単価 相殺できる距離 総ガソリン代 ガソリン代差額
HV 21.4km/L 125円 5.8円 410,000km 2,378,000円 820,000円
ガソリン 16.0km/L 7.8円 3,198,000円

 

30系アルファードのケース

最後に、Lサイズのミニバン30系アルファードは96万円と約100万円の価格差になります。

 

この約100万円近くの価格差を埋めるためには、240000kmも走行しなければなりません。

仕様 燃費 ガソリン代 1kmあたりの単価 相殺できる距離 総ガソリン代 ガソリン代差額
HV 18.4km/L 125円 6.8円 240,000km 1,632,000円 960,000円
ガソリン 11.6km/L 10.8円 2,592,000円

つまり、燃費の差が7kmから10km程度でこの価格差があるなら、通常使用のケースだとほぼ相殺するは不可能なんです。

それでも、通勤距離が毎日15km程度あり、毎日走行するようなヘビーユーザーなら話は別ですが、車を使うのは休日のみ、年に数回程度家族でドライブに走るぐらいのライトユーザーなら経済的な面でいくとガソリン車一択です。

具体的には、燃費差が2倍から2.5倍程度にならない限りハイブリッドを選ぶメリットは少ないと言えますよね。

そもそもハイブリッド車の本当のメリットはなんだ!?

トヨタ自動車

経済的な側面だけならガソリンを選ぶべきですが、そもそもハイブリッドカーのメリットは、低燃費による経済的なメリットだけではなく、
俺ハイブリッドカーに乗っているよ」という憧れや所有欲などが挙げられます。

また、エコカーに乗っているという社会貢献のような気持ちがある方にとってもハイブリッドを選択する意義もあるでしょう。

「価格差はあるけど、それでもハイブリッドって未来的でカッコ良いよね!」という理由で購入するというなら全然ありだと思います。

経済的に損をすることをわかっていて購入するのですから。

でも、なるべく安く購入したい、お得に購入したいというドライバーならガソリン仕様のほうがメリットがあるのです。

ハイブリッドにするぐらいならグレードアップにこだわろう!

もし、ハイブリッドとガソリン車で悩んでいるなら、ガソリン車を選択してグレードをもうひとつ上にアップするべきでしょう。

グレードの違いで、驚くほど装備が変わってしまうレアケースもあります。

例えば80系のヴォクシー。

ガソリン「X」グレードで約248万円、「ZSグレード」では約273万円と約25万円の価格差しかありません。

ハイブリッドとの価格差が約50万円でしたので約半分で済みます。

しかも、ZSグレードは、専用のエアロキットや「TOYOTA SafetysenseC」など安全装備も充実しています。

このように、ハイブリッド仕様にして下や中間グレードを選択するぐらいなら、ガソリン仕様にして、グレードを上げたほうがメリットが多くあります。

まとめ

以上「ハイブリッドとガソリン」同じ車種なら買うのはどらがよりお得なのかについては、

  • ハイブリッドカーを選ぶなら専用型の「プリウス」や「アクア」を選ぶべき!
  • 年間の走行距離が150000km以上ならハイブリッドでも良し!それ以外はガソリン車一択!
  • 燃費の差が「2倍」から「2.5倍」近くなければ、ハイブリッドを選ぶ意味はあまりない。
  • 併売型ハイブリッドカーのメリットは、ガソリン代など価格ではなくその「価値」
  • 燃費で悩むぐらいならグレードをひとつ高くするほうがメリットがある。

という理由から、ガソリン車のほうがお得で間違いありません。

ただ、あまりに損得を考えすぎてもダメで、自分の生活スタイルに合ったグレード選びをすること。

グレードが低いせいで、内装もチープだったらせっかくの新しい車を買っても後悔するかもしれません。

いずれにしても、どの「車種」「仕様」「グレード」を選ぶときにも、予算だけはしっかりと確保していたほうが良いんですけどね。

ちなみに、車購入への予算を増やすために、下取り以外にも一括査定で買い取りすることも視野に入れてみよう。

私も過去にインターネットで「車一括査定」は複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142,000円のディーラーよりも2倍以上の価格差が提示されたのです。

実際の買い取り事例を見ても、査定額に大きく差が開くことも珍しいことではありません。

下取り査定額しか知らないのは、大型テレビを近所の電気屋さんで購入するようなもので、せっかくの安く買えるチャンスをフイにしている可能性があります。

しかも「かんたん査定ガイド」では、申し込み直後に「概算金額」を先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができます。

今や買い取り額は、新車の値引きの調整弁として欠かせない存在になってきています。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-車の選び方

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.