クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

赤ちゃんができたら大きな車が必要?子供の目線で考えよう!

      2016/02/16

kids-756300_1280

30代になってくると、結婚して子供ができるご家庭は多いと思いますが、
ライフスタイルの変更にともなって考えなければいけないことの多くは「車」のこと。

今まで乗っていた狭い車で問題ないのだろうか?
それとも一度、大きな車に乗り換えしたほうがいいのだろうか。

大きな車といっても、なにも「新車を購入しましょう」っていっているわけじゃありません。

この世代の特徴は子供を連れて、ドライブなどにいくことが多いと思うので、
子供が大きくなるまでに「子供の目線で車の事を考えてみてはどうでしょうか?」
っていう話になってます。

すべての中心は子供になる

これを言ってしまえば、身も蓋もないのですが、
私も子供ができたあとにミニバンを購入しました。

昔から、ワゴン車・ミニバン車は好きでしたが、
自分の中で「車を選ぶ基準」が子供になってからは迷うことがありませんでした。
自分の経験則での話になってしまいますが、
子供目線で車のことを考えたときに重要だったポイント、
またやはりミニバンを選んで良かったポイントをお話したいと思います。

電動(パワー)スライドドアは必須

Toyota_Porte_04

やはりスライドドアは必須でしょう。
できれば、電動のパワースライドドアが片側だけでもあったほうが、
非常に便利になります(両側ならばなおのこと良し)

なぜ電動のパワースライドドアが必須かというと、
赤ちゃんや小さな車を抱っこしている状態で、
更にハンドルを力いっぱい引っ張ってドアを開ける行為がとても大変だから。

電動のパワースライドドアなら大抵の車にはリモコンが付属されているので、
奥様の負担が全然違います。
男性ならともかく、女性はもともと力がありません。
子供目線も確かに考えなければいけませんが、
女性の目線にたっても同じではないでしょうか。

チャイルドシートの装着感

91diP0lr65L._SL1500_

チャイルドシートの装着感でも、案外車によっては違っていきます。

今の車は助手席側にエアバックが装着している車がほとんどです。
これって本当に注意して欲しいのですが、エアバックがあるところにチャイルドシートを置くのは禁止しています。

エアバックがあるところに、赤ちゃんを載せてしまうと、
もし事故などで展開して大怪我に繋がる恐れがあるからです。

トヨタ車に関して言えば、エアバックは時速30kmで展開します。
案外大したスピードがでていなくても展開してしまう恐れがあるのです。
なので、チャイルドシートは後ろに置く。
そのために子供目線にたってチャイルドシートの装着感をしっかりと確認しておきましょう。

天井が高い

ミニバン・ワゴン車どちらを選ぶにせよ、
天井が高ければ、高いほど色々な面で楽になります。

私も小学生の子供がいるのですが、
サッカーをやっていて、
送り迎えの機会が多かったり、車で着替えたりすることが非常に多くなります。

いくら乗れる人数が多くても、天井が低ければ、
なかなか着替えなども簡単にはできません。
小さなことかもしれませんが、案外使用してみると大きなストレスなったりもします。
アウトドアを頻繁にやっていない限り、
自分が車内で着替えることなんてあまりないので、
そこは一歩引いて「子供目線」で車のことを考える必要があるでしょうね。

大きなトランクスペースが必要

002_o

これは、大きな車を購入すると必然的に達成していると思いますが、
荷物が多くなる=トランクスペースが大きな車
が必要になります。

やはり子供のベビーカー、買い物の荷物、また子供がいることで手荷物も増えてくるので、
トランクスペースが大きいことに越したことありません。
また子供が小さいとキャンプなどに、行く機会も増えていくことでしょう。
そうなると、テントやタープなど一気に荷物が増えるおそれがあるので、
ある程度の、トランクスペースは確保しておいたほうがいいだろう。

トータルバランスNO.1はこちら!

2010_Toyota_Voxy_Z(S) (1)

やはり、そうやって考えるとトータルバランスNO.1はトヨタヴォクシーで決まりでしょう。
両側スライドドア、天井が高く、トランクスペースも広い。
また新型ヴォクシーも出ているので、中古車も幅が広く、出品されています。

また、家族でキャンプにでかけるのも申し分がなく、
夏のアウトドア、冬のウインタースポーツなども文句なくこなしてくれます。

最近はエスクァイアも出たので、ノアと含めて3兄弟扱いがされていますが、
ヴォクシーの人気は不動です。
新車まで考えていないかたには、このクラスを購入しておけば間違いはないでしょう。

やはり、中古車ならば大手のお店が安心ですよね。
2001年~2013年 主要買取専門店7社、中古車買取実績13年連続No.1の実績を誇ります。
中古車のガリバーがおすすめです。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►愛車の「 最高額 」を一括査定で調べてみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車の選び方